やまけんの出張食い倒れ日記

北海道・十勝の上士幌は村上農場に来ています。

dancyu誌の熟成ジャガイモ特集を書かせてもらったときに出会った村上農場に来ています。

DSC_6339

やっぱ でけぇわ、、、北海道の大地は。

image

DSC_6333

この方が村上知之さん。ジャガイモを自分の倉庫で越冬させ、熟成させて出荷するという超・面倒なスタイルを確立させつつある農家さんだ。

そしてこの知之さんを支えるのが、智華(ちか)さん。

DSC_6294

実はジャガイモなんぞそんなに好きではなかった智華さんが、あるひ義父さんが雪下貯蔵した芋をふかしたのを食べたときに、びっくりしてしまったのだという。

「なんて美味しいの、、、これなら、と思って、研究することにしたんです」

以来、どのような貯蔵をすれば糖度やうま味が上がるのか、タイミングがどのように変わっていくのかを試行錯誤しながら探求し続けてきたのである。残念ながら次のシーズンは年明けくらいだが、ぜひ全国の芋好き、または芋嫌いに試して欲しいものである。

DSC_6336

この日は、豆の種まき。ピンク色の綺麗な豆、、、じゃなくて、この色は殺菌剤が塗布されているからである。これをトラクターについたアタッチメントにいれておくと、適量ずつ播かれ、そして覆土されていく。

image

image

image

DSC_6342 image

image

こちらの作物はなんだかお分かりだろうか。
本州ではあまりみかけない作物だ。

DSC_6546

DSC_6551

答えは砂糖大根。「てんさい」である。

さあって、夕ご飯用のアスパラを積みましょう、と智華さんが裏庭ににょこにょこと生えてきたアスパラをぶちぶちつみ取る。

DSC_6406

DSC_6314

DSC_6319

DSC_6327

ちなみにこのアスパラ写真は、某所からお借りした、ニコンのレンズ史上で最大級に賛辞されている名レンズ AF85mmF1.4で撮影した。 もちろんこのレンズ使うんだから解放絞りのF1.4で撮った。 んーーーーーー すげぇ いい!

DSC_6417

DSC_6429

なんと今が旬のマスノスケ!キングサーモンである。

DSC_6422

こちらでもワラビが穫れる。草木灰ではなく重曹でアクを抜くそうだ。

DSC_6426

DSC_6428

さて宴の始まり。

DSC_6449

帯広市内の寿司「たつみ」の刺身。メヌケがトロケル食感、高級なハタにも似て、死にそうに旨い、、、

DSC_6451

DSC_6452

DSC_6455

DSC_6460

DSC_6463

ざんぎ。美味しゅうございました、、、智華さん、料理上手し。

DSC_6467

DSC_6468

豚角煮?も旨し。

〆の寿司。

DSC_6470

満腹後は、酒で乾杯。智華さんは超・酒好きである。

DSC_6304

この日の酒のセレクトは、帯広では識らぬ者の居ない名バーを営んでいた女流バーテンダーにして、現在は元・銀座オーパのバーテンダーから独立したカツマタの店・フォーシーズンの共同経営者である藤谷さん。なんと智華さんは帯広時代から藤谷さんとツーカーの関係なのである。バルベニー12年というシングル盛ると、これが実にハイボールにしたときに具合がいい!

DSC_6493

image

たっぷりいい時間を過ごさせていただきました。村上農場さん、ごちそうさまでした!

そして明日、足寄の畜産農場に向かいます、、、