オフ会の模様が動画でアップされている

2008年6月30日 from

うーむここのところ起こっている偽装事件などにコメントしたり、「農業ビジネスくそくらえ」の続編書いたりしたいのだけども、仕事が終わらないのでできまへん、、、 そんな中、オフ会参加率(当選率)の高いMAXさんが、先日の短角牛オフ会の模様を動画にして、YouTubeにアップしてくれましたので掲載。 h...

→→→この続きを読む

プレミアム短角牛を食べるオフ会開催! 速報版

2008年6月24日 from

すばらしい一夜でした! 集まっていただいた皆さんに感謝。そして、駆けつけてくれた講師の皆さんにも感謝です。 12品のコース+αという壮絶な東京バルバリ貸し切りオフ会となったわけです。まだ詳細をお届けする余裕がないので、ダイジェスティブに。 メニューもこの日のための特別版。 ...

→→→この続きを読む

本日決行!岩手県産の粗飼料を食べさせたプレミアム短角牛を食べる会の牛はこいつだ!

2008年6月23日 from

〆切をはるかに過ぎた報告書が仕上がらない中、夜からは短角牛オフ会をしなければならない、、、Sさん本当に申し訳ありません。 満員御礼、キャンセルもほとんど出ず、ということでめでたい会になりそうです。 さて 今夜いただく短角牛の戸籍や履歴がわかったので掲示。 お名前: 慶雄 個体識...

→→→この続きを読む

農業ビジネスの記事に反応多いなぁ

2008年6月19日 from

今月中にどうしても終わらせなければならない重要な仕事があって、それに集中しているので少なくとも25日あたりまでは大幅な更新ができなさそうだ。 それにしても農業ビジネス関連の記事への反応がすごい。多方面からメールをいただくのだけど、すでに農業関連の仕事に参入されている方々から「ぼくは農業ビジネスしち...

→→→この続きを読む

短角牛オフ会は、予定通り開催します

2008年6月16日 from オフ会

東北で起きた震災について、ご関係者の方々は復旧のためにご尽力されていることと思います。私も該当する産地の友人に連絡をしていますが、みな無事のようでほっとしています。 さて 問い合わせを多数いただいているのですが、 23日に開催される短角牛を食べるオフ会について、短角牛生産をしている二戸地域は県の北部...

→→→この続きを読む

「農業ビジネス」はくそくらえだ。 その2

2008年6月12日 from 日常つれづれ

いま、高知です。〆切地獄に陥りつつあるのだけど、先日のエントリ「「農業ビジネス」はくそくらえだ。」について、いろんなところからメールの反響をいただいた。みんな、関心あるのね。朝の原稿書きタイムに、ちょこっとだけ進めておきたい。 「付加価値の高い商品(例えば有機農産物)を作って、効率的な流...

→→→この続きを読む

「農業ビジネス」はくそくらえだ。

2008年6月 9日 from

ずいぶん過激なタイトルにしてしまったけれども、本当に最近よく眼にする「農業ビジネス」という言葉が大嫌いだ。その多くが、農業や農産物流通業の渦中とは全く外部の世界から、双眼鏡か何かで此方を眺めながら勝手に「ビジネス」などとのたまっているからだ。 この世の中に、ビジネス書に書かれているような都合のよ...

→→→この続きを読む

気分転換に、近所の公園の植物と猫を撮る。

2008年6月 7日 from

原稿を書いていてどうにも行き詰まったり、一息着きたくなる時には、都合のいいことに事務所の近くに公園がある。昼時には一帯のサラリーマンが休みに来るところなのだけど、この一角に様々な花を植えている区画があって、いい被写体がいっぱいいるのだ。 同じオリンパスEシステムを使う先達にして、僕が...

→→→この続きを読む

圧巻の天然鰻をいただくことができて幸せ、、、「大江戸」のキレのいいタレで焼き上げた天然鰻とブランド鰻は双方美味しい!関東風の鰻もまた佳きものなり!

2008年6月 5日 from

先日の八重洲ブックセンターでの出版記念講演会が終了したあと、色んな方から名刺を頂戴したのだけれども、その中に鰻屋の老舗である「大江戸」の若き当主である涌井さんがいらっしゃったのには驚いた。 「ええ~ 大江戸さん、僕の事務所から近いからたまに食べさせていただいてますよ!」 「あらぁ~本当...

→→→この続きを読む

週刊アスキー連載「旅三昧」は、6月一杯で最終回を迎えます。最後は思いっきり名古屋B級編!

2008年6月 3日 from

これが最後の繁忙か、、、 6月末まで、何とか走り抜けるしかない。週刊アスキー連載は、今やっている旅三昧を二年にわたりやってきたわけだけど、一端終了。日本農業新聞紙上に毎日連載している「舌好調」も6月末で終了だ。なんとか一息つけるだろうか。 ともあれ、最後の旅三昧は名古屋メシの王...

→→→この続きを読む