ヨーロッパビーフツアーはイタリア北部へ。フィレンツェからトリノ、アルバへ移動し、ワインヤードに囲まれた地へ。そして日本人シェフが腕をふるうBraの店で郷土料理を!

2018年7月31日 from 出張

さてフィレンツェから新幹線のような特急で一路北へ。 ヨーロピアンは大きな荷物を持った旅行者が普通だからか、車両の端に大型トランクを置いておけるスペースがあって非常に快適だ。そもそも身体の大きな人達が多いことから、座席のつくりもゆったり。その分、一両あたりに乗ることのできる人数も少なく、積載効率...

→→→この続きを読む

あの「ピーター・ルーガー」の日本展開をすることになったワンダーテーブルの肉リテラシーをシュラスコの聖地「バルバッコア」で味わう!

2018年7月24日 from

イタリア~スペイン牛の旅の途中ですが、閑話休題。先週、それこそスペインにいる際に、思わずビックリしてもんどりうってしまったのがこのニュースだ。 2018年7月11日(水)、株式会社ワンダーテーブル(本社:東京都新宿区西新宿 / 代表取締役社長 秋元巳智雄、以下「当社」)は、ニューヨー...

→→→この続きを読む

白くて大きくて美しい、そして5~6産の経産牛をじっくり育てて肉にする。これぞ生粋の赤身肉品種! ダリオ・チェッキーニの店が仕入れるほんもののキアニーナ牛に逢ってきた。

2018年7月22日 from

今回のハイライトのひとつが、ダリオの店が仕入れるキアニーナ牛の飼養現場をみられるということだ。ヨーロッパの肉牛は、フランス、スペイン、ドイツの状況は視察しているが、イタリアではまだゆっくり牛の飼養風景をみられていないので、かなりかな~り期待していた。 しかし!ちょっと「大丈夫かな、、、」と思う...

→→→この続きを読む

パンツァーノのこのホテルは超お薦めできる、箱庭のように美しい景観!

2018年7月19日 from 出張

こちら、スペインはガリシア地方のサンチャゴにて、旅程をほぼ終えているところです。いやーむちゃくちゃ慌ただしい旅だったけど、密度がすごい。帰国してから整理しますね。 さてダリオ・チェッキーニさんの店に行くためにブックして貰ったこのホテル、大当たりでした。 ...

→→→この続きを読む

イタリア滞在、キャンティ・クラシコの地を訪れてます。有名なダリオ・チェッキーニの店でビステッカを堪能! (中編)

2018年7月17日 from 出張

ダリオ・チェッキーニさんの店でいただくビステッカを楽しみに、予約の時間に店へいくと、なんか中でライブでもやってるかのようにわーーーっと盛り上がっている! しまった見過ごした! ダリオさんの肉切りパフォーマンスでもやっていたのか! 「あの左端の肉、あの中で一番旨そう!」と興奮し...

→→→この続きを読む

イタリア滞在、キャンティ・クラシコの地を訪れてます。有名なダリオ・チェッキーニの店でビステッカを堪能!

2018年7月16日 from 出張

もうすぐ出発なので、雰囲気のみアップしますね。 フィレンツェ中心部からレンタカーで1時間半ほど、気づけばまわりはブドウとオリーブの畑ばかりというすごいロケーションに! ...

→→→この続きを読む

イタリアはフィレンツェにキアニーナ牛に逢いに行く! フィレンツェ市街地であのパット・メセニー「想い出のサン・ロレンツォ」はここのことだったか!と感動しつつランプレドットを食べました。

2018年7月15日 from 出張

肉を食べにイタリアに来ております。初日はフィレンツェ! といえばビステッカ・アッラ・フィオレンティーナしかありませんね。はい、本日これからそこへ向かいます。初日は夜20時にフィレンツェに到着。ホテルにチェックインしてから、みんなが食事をしているIO Osteria Personaleへ直行。 ...

→→→この続きを読む

北海道は足寄の北十勝ファームで育った短角牛「強者(つわもの)」くんのお肉が、コープデリ連合会のオーガニックカタログ「Vie Nature(ヴィ・ナチュール)」で販売される!

2018年7月14日 from 出張

僕は、自分で自由にできる短角牛の母牛を二頭、所有している。一頭は岩手の二戸、そしてもう一頭は北海道の足寄にある北十勝ファームにいて、毎年子牛を産んでくれている。 その北十勝ファームで、生まれた瞬間からガッチリと体格がよく強そうなみためだったということから「強者」くんと名付けた牛が先日、お肉にな...

→→→この続きを読む

西日本豪雨で山間で孤立しどうなるかと思ったけど、よっしゃ諦めるなんて考えてなかったね!高知県で肉を食べる土佐ジローを育てるはたやま夢楽のクラウドファンディングを今こそ応援する!

2018年7月11日 from

西日本豪雨のほんとうに直前、僕はある地鶏肉を取り寄せていた。それは、このブログでもこれまでとりあげてきた、高知県の畑山という山間地で土佐ジローの肉を生産するはたやま夢楽(むら)の小松一家のものだ。いろんないきさつで土佐ジローの精肉加工を行う施設を使えなくなる見通しになり、一時は撤退も考えたものの...

→→→この続きを読む

広島の竹原周辺も大変なことになってしまっているようで、心配です。ということで、チチヤス乳業社長となった大井太郎さんと呑んだ広島の夜。

2018年7月11日 from 出張

先日の西日本豪雨によって、広島は東の方が大変な状況になっているようだ。僕がお世話になった広島の竹鶴酒造がある竹原市周辺も、交通などがストップしているなど被害が大きいそうである。ちなみに竹鶴酒造は無事!酒造の次女が同級生なので確認済みです。石川達也杜氏は、きっと電話なんぞしてられる状況では無いと思...

→→→この続きを読む

西日本豪雨で大変なことになった愛媛県大洲市は、素晴らしい地域食の宝庫。さんざんお世話になったこの地域のために、寄付のご案内。「ふるさとチョイス災害支援」と市の義援金口座があります!

2018年7月11日 from 農村の現実

熊本から帰京して翌日、西日本豪雨によって、直売施設「愛たい菜」の立ち上げのお手伝いをした愛媛県大洲市が大変なことになってしまった。 大洲市の象徴とも言える存在、肱川(ひじかわ)は、夏には名物の鵜飼い舟が出る、風情のある川だ。その肱川が氾濫したのだ。実を言うと、豪雨の際に早い段階で大洲市のこ...

→→→この続きを読む

丸菱展示会@熊本グランメッセにて、瓢亭・高橋義弘君が豪州産オーガニックビーフを日本料理アプローチで料理した!写真では伝わらないであろう、緻密な計算の上に作られた「冷たい野菜と温かい牛肉の炊き合わせ」の美味しさたるや! 後編

2018年7月 6日 from イベント,出張

当日の参加者にはレシピが配布されたが、わかる範囲で紹介していこう。 まずオーガニックビーフのサーロインだが、丸菱が誇るドライエイジング熟成庫で2週間ほど水分を飛ばす「ショートエイジング」を施している。熟成庫がない場合、真空パックのままで置いておくとドリップはかなりでる場合もあるので、できればさ...

→→→この続きを読む

丸菱展示会@熊本グランメッセにて、瓢亭・高橋義弘君が豪州産オーガニックビーフを日本料理アプローチで料理した!写真では伝わらないであろう、緻密な計算の上に作られた「冷たい野菜と温かい牛肉の炊き合わせ」の美味しさたるや! 前編

2018年7月 6日 from イベント,出張

毎年恒例となった、熊本に本拠を置く丸菱のプロ料理人向け展示会。ここで牛肉のデモンストレーションを担当するようになってもう7年になるのか!早いものです。何人もの素晴らしいシェフとご一緒させていただいて、今回はおそらく誰も予想していなかった人選! そう、日本料理の瓢亭・高橋義弘君の登場である。...

→→→この続きを読む

金~月のショート北大滞在と海鮮酒家またつ。刺身中心に攻めるとこ~んな感じ!

2018年7月 3日 from 出張

写真は全てPanasonic GF9 金曜日から昨日まで北海道札幌滞在していました。 北海道大学での博士課程がいよいよヤマ場なので、これから毎月末に必ず滞在の予定です。勉強しますがそのあたりで札幌で飯食える方はぜひ、北大周辺で会いましょう。 さて今回は実家の母と妹が「謙治が卒業するまで...

→→→この続きを読む