大手町界隈のステーキ事情を動かすことになるだろうか!?「俺のGrill&Bakery」レセプション

2018年8月31日 from 首都圏

「俺の」グループが大手町に大型店を出すと言うことで話題を呼んでいる「俺のGrill&Bakery」が昨日から開店。少しだけお手伝いをしたこともあって、一昨日のレセプションに呼んでいただきました。 大手町サンケイビルの地下二階に行くと、こんな垂れ幕がずらずらと。 ...

→→→この続きを読む

引き続き、これなんだかわかりますか?

2018年8月31日 from 食材

これわかったらエライですよ、、、 僕は学生時代、自分で栽培はしなかったけれども、農業の師匠が栽培し、収穫と選別にえらい苦労をしているのをみていたので、本当にありがたい作物だと思ってます。 答えは、写真を順次観ていただければ分かると思います。 OLYMPUS E-M1markⅡ1...

→→→この続きを読む

これなんだかわかりますか?

2018年8月31日 from 食材

OLYMPUS E-M1markⅡ 12-40mmf2.8Pro この作物がなにか、見ただけでわかった人はよっぽどの通。か、もしくは栃木県で育った人だな。といえばもしかしたらわかるかもしれない。 といえば「あ!」と思いあたった人がいるかもしれない。そう、答えは、、、 ...

→→→この続きを読む

【写真追加!】熊本は天草で育つホロホロ鳥を関東の料理人に使って欲しい! 9月13日品川シーサイドにて熊本のホロホロ鳥とくまもとあか牛の経産ドライエイジドビーフの試食セミナー(無料)やります。午前の部は埋まってしまって午後の部のみ数席空いてます!

2018年8月27日 from イベント

料理人限定なのですが、セミナーの告知です。 ホロホロ鳥といえば、フランスでは鶏の貴婦人と呼ばれている存在で、とにかくきめが細かく味わいも繊細、美味しい肉を生み出す食鳥(鶏ではないので)である。ただ、日本国内では使う人が限られ、市場が小さいことから、あまり営利生産されていない。ある程度の羽数...

→→→この続きを読む

クアラルンプールの高級デパート「ロビンソンズ」での和牛とWagyuの扱いについて!

2018年8月26日 from 出張

写真は、クアラルンプール中心部のツインタワー横にあるビルにオープンした高級デパート「ロビンソンズ」のグルメストリートの肉屋のディスプレイだ。肉屋といってもここで量り売りするだけではなく、選んだ肉を隣のフードコートで好きなように料理をしてもらい、食べることができるという寸法。 値段の付け方がなか...

→→→この続きを読む

幻惑のマレーシアカレー事情!

2018年8月25日 from 出張

マレーシアに来ています。こちらでは朝からカレーが当たり前!? ...

→→→この続きを読む

マレーシアに来ています。マレーシア版焼鳥であるサテーはやっぱり美味しいねぇ!

2018年8月24日 from 出張

というわけで仕事で(そう、お仕事です!)マレーシアに来ております。でも大変だった、、、マレーシア航空で朝10時半に成田発だったはずなのに、前日に4時間遅延になりました、と。そうなるとクアラルンプール着が遅くなるので、せっかく美味しいマレーシア料理を食べに行こうと思っていたのに、行けない! 今回...

→→→この続きを読む

秋葉原 蕎麦「匠」の季節メニュー冷やしナス鶏そぼろ蕎麦(?)が美しくて美味しい!

2018年8月22日 from 首都圏

自由の森学園高校の後輩でもある、村田匠君が秋葉原駅から徒歩5分のところに開いた「匠」。界隈にはラーメンの行列店もあるが、美味しい蕎麦を食べたいという近辺の蕎麦通にはやくも愛されているようで、何より! ...

→→→この続きを読む

良本三冊。ナイル善己「南インド料理とミールス」、そばうどん編集部「そばうどん知恵袋」、そして最新刊が出た「八百森のエリー」

2018年8月20日 from 食べ物の本

じつを言うと、名店の呼び声高いナイルレストランのムルギーランチに、僕はそれほど惹かれない。いや、4回ほど食べてます。けど、最後に食べたのはもう10年くらい前かもわからない。そんなに、好きじゃないんです。もっとパンチとクッキリハッキリ明確な味わいが欲しいんだよなぁ、ということで、通わなくなりました...

→→→この続きを読む

興味深い「熟成促進」装置の実験をしています。

2018年8月20日 from ドライエイジドビーフ

このブログむかしから読んでるひとならこの状況お分かりと思いますが、むっちゃくちゃに忙しくてブログ更新が滞ってます。ヤバイです。 ただ、面白い仕事がきますね~。 とある、これまでのドライエイジングとまったく違う手法で、熟成を「促進」する仕組みの機械というのができてまして、そのテストと市場性の調...

→→→この続きを読む

食生活ジャーナリストの会でのドライエイジドビーフ勉強会と、同一個体のロースを1本はドライエイジング、もう1本はウェットエイジングで食べ比べをした結果は驚き! inカルネヤサノマンズ!!!

2018年8月14日 from イベント,ドライエイジドビーフ

ということで、ここでも告知した食生活ジャーナリストの会の勉強会、無事に終了しました。台風14号の直撃が懸念されたけれども、結局それほど影響はなく、遠く沖縄からも飛行機で参加してくれた方までいらっしゃいました。 やまけんの出張食い倒れ日記:【募集終了しました!】 食生活ジャーナリストの会でドラ...

→→→この続きを読む

十勝若牛に最適なドライエイジングはどんなものか?サカエヤ新保さんが取り組み到達した、エイジングしすぎないことで若牛らしさをもったDABの美味しさ!

2018年8月13日 from ドライエイジドビーフ,首都圏

7月某日、駒澤大学の近くにあるイル・ジョットにて、十勝若牛を食べる会。十勝若牛を手がけるのは十勝清水農協だが、元・参事の岡田さんが滋賀県のサカエヤ・新保さんと出会ったことで、新保さんに熟成してもらえないかと定期的に送ってきた。当初、新保さんは「この牛は難しいんですよ」と悩みつつ、どんな熟成加減に...

→→→この続きを読む

国際的にこんがらがってしまった捕鯨問題に対する、世界と、そして日本人に対しても素晴らしいカウンターである映画「おクジラさま」のアメリカでの公開に向けたクラウドファンディングを応援したい。何もしなければ日本と世界のギャップは埋まらない。

2018年8月10日 from 食べ物の本

日本の捕鯨に対する世界の眼は依然として厳しい。アカデミー賞を受賞した「ザ・コーヴ」(2009年)によって、伝統的にクジラを捕獲する和歌山県太地町が批判を集めたが、その余波は大きく、今でも太地町には多くの活動家が訪れ、抗議活動を行っている。「わたしはクジラ食べていないからいいや」と思うのは早計だ。...

→→→この続きを読む

世界は広い、そして牛の美味しさもさまざま、ということを識ったピエモンテーゼ牛との邂逅。oberto社が選り抜いたブランド”Fassona”の牛の味とは!? その2 これがド迫力のピエモンテーゼ種だ!

2018年8月10日 from 出張

ということで、いよいよピエモンテーゼ種を育てている農家さんのところへ移動だ。といっても、このロディー村内に農家も居るとのことで、ごく短時間の移動。ブドウ畑の丘をいくつか越えたところ、ブドウ畑に囲まれたところに、牛舎があった。 ...

→→→この続きを読む

完全なる初心者がここまで撮れた!新宿のオリンパスショールームのミニギャラリーで、8月31~9月5日から日大生物資源科学部の学生達が自分達で作った「倫理的なお弁当」の写真展をします!教え子達の写真を観に来て下さい!

2018年8月 6日 from イベント,カメラ

写真展やります! といっても僕の写真じゃありません。僕が教えた日大の学生達が「倫理的なお弁当」をつくり、それを撮影した写真展です。ぜひみなさんおいでください。 8月31日(金)~9月5日(水) 「学生が考えた・作った・撮った! これぞエシカルなお弁当」写真展|オリンパスプラザ東京 クリエイ...

→→→この続きを読む

世界は広い、そして牛の美味しさもさまざま、ということを識ったピエモンテーゼ牛との邂逅。oberto社が選り抜いたブランド”Fassona”の牛の味とは!? その1 誇り高きOberto社の模様!ゼブ種の血統、ダブルマッスル、未経産36ヶ月肥育!

2018年8月 6日 from 出張

さて、このピエモンテの地で出会う牛といえば、ピエモンテーゼ種、つまりピエモンテ牛しかいない。イタリアの牛の在来種といえばキアニーナとピエモンテ種こそが二大巨頭といわれる。昨日はキアニーナ、今日はピエモンテーゼと連日のように違う品種の牛を食べられるというのはとても嬉しいことだ。 さて、素晴ら...

→→→この続きを読む

明日のNHKラジオ第一「マイあさラジオ」の僕のコーナー「全国食べものうまいもの」のテーマは静岡県清水市の折戸茄子!徳川家康公も愛したというこの茄子、○○○○にしたら絶品の美味しさなのですよ。

2018年8月 3日 from 食材

そういえば、このブログでは滅多に宣伝しないけど、毎週ラジオに出ています。毎週土曜日、早朝の5:36分からなので、ブログ読者は聴いていないと思いますが(笑)、全国で10万人以上の聴取者がいると言われるマンモス番組だったりするのです。 明日の食材は静岡県の折戸茄子。静岡県在住のカメラマンである小南...

→→→この続きを読む

飲食店はやっぱり気高さが大事だよなあぁ。バングラデシュカレーを食べつつ、ホテルの朝食との差をしみじみと考えてしまった。

2018年8月 2日 from 出張

今日の昼はバングラデシュカレー。北大のクラーク会館裏手、札幌駅側の出口から目の前に建つクリスチャンセンターの一階にあるカフェで提供されている。 北大滞在の際はかならず一度は訪れるようになっていて、今日もバングラカレー。スリランカのダッカにあるYMCAの人達から教わったという11種のスパイスを使...

→→→この続きを読む

イタリア北部の街「ブラ」で日本人シェフのヒデさんが頑張る店、Osteria La Bocca Buonaでタヤリンの美味しさに開眼する!

2018年8月 2日 from 出張

ということで、オステリア・ラ・ボッカ・ブオーナに到着。パリでこの秋からステーキレストランを開店する予定の柳瀬シェフが「ここは日本人のヒデさんという方が料理人で、以前、いちどお会いしたことがある」ということで予約してくれた店だ。日本人料理人のヨーロッパでの活躍はいろいろ日本でも報じられているけれど...

→→→この続きを読む