やまけんの出張食い倒れ日記

生酛が造られるさまをこの眼で観る。石川達也が杜氏として着任した月の井酒造店にて!

コロナを最大限に注意しながら、出張に来ております(久しぶり!)。 それも、学生時代からだからもうかれこれ30年の付き合いとなる、この人のもとへ。 そう、石川達也は昨年、長く務めた竹鶴酒造を卒業。しばらくその去就が騒がれていたのだが、「茨城の月の井酒造店からお声がけをいただいて、、、」ということになったのはここでも述べた。 その最初の造りのシーズンが始まり、搾ってもいるので、ぜひということで専門料理の取材として大洗町まで来させていただいた! 蒸した米をわざと老化させる「埋飯(いけめし)」の工程を終えた米。 石川達也といえば生酛(きもと)である。前日夜の生酛用の仕込み...