やまけんの出張食い倒れ日記

短角牛を所有するという、ふつうではできない稀な幸せな体験の一つのゴールを迎えた夜。二戸の雪は柔らかく僕を迎えてくれた。

2008年8月から所有していた短角牛の母牛を、とうとう手放すことにした。15年に及ぶ短角牛オーナーライフが一旦、終了します。岩手県の関係者のみなさまに深く感謝。 2007年の2月、岩手県庁の佐藤ヨシヒコさんが呼んでくれて、二戸市で農業関係者向けの講演にいく。どうせ行くなら、とその前後で近隣のツアーをヨシヒコさんに組んでいただく。この流れで山形村にも行ったわけだが、短角牛の素晴らしさを識ったところで、二戸市の繁殖農家の牛舎にて、牧野組合が行っていた短角牛オーナー制度というものがあることに触れる。 ■岩手県北を巡る旅 浄法寺・短角牛の素晴らしき世界を観た!https://www.yamaken...