やまけんの出張食い倒れ日記

専門料理7月号 対談「やまけんが聞く!」は、文化人類学者にして猟師!の山口未花子さん。カナダの先住民の古老に弟子入りして生き物と関わる生活を志した足跡をききつつ、北海道の絶品エゾジカ肉を焼いていただく僥倖!

はい、雑誌「専門料理」7月号発売です。表紙をみておわかりのとおり、いつもの食材や料理どばーん!というのではなく、抽象画のようにも見える炎のきらめき。いいですねえ、こんなかんじも。数々のシェフの代表作とそのプレゼンテーションの理が説かれています。 おっと、いま検索したら、とうとう専門料理もKindle版がでているんですな。 まあ、紙があるうちは紙で読んだ方がいい気もするのですが、いちどデジタルのKindle版で、最高峰の料理写真がどう表現されるのかみてみたいものだな、、、 というのはおいといて、私の連載「やまけんが聞く!!」では、北海道大学で文化人類学の教鞭を執る山口未花子さん...