やまけんの出張食い倒れ日記

雨の牧野もまたよいものだ。僕の短角牛いなほの息子が生まれ、大嵐と名付けることにした!

東京では晴れ間が見える朝6時半頃、これからスターシェフになるだろうシェフ二人に料理雑誌の面々を連れて、岩手へ。ここのところ岩手ツアーをすると雨に遭う確率が高めなのだが、まあこれはこれでよし。 短角牛の取材である!二戸駅から一路・大清水牧野へ。日本の肉牛としては珍しい、放牧経験をほぼ必ずもつ牛である短角牛は、5月から11月までを牧野の上で育つ。30頭ほどの群にオス牛を一頭入れておくと、秋までの間にほぼ全てのメスに種がつくという自然交配。先日行ったフランスでは普通のことだけど、日本では人工授精中心になったので、これまた日本の肉牛では珍しいこと。 牛の面倒をみてくれている山長ミートの...