やまけんの出張食い倒れ日記

糖度19度の極々早生みかんの衝撃を受けた!

息子との毎日のふれあい(?)を描くブログ「父親的生活」の津田君から極々早生みかんというか、ハウスみかんが届いた。彼は和歌山の有名スーパー向けの青果物の仕事をしている、超大手の専務である。と同時に、和歌山の有力なみかん生産者をまとめ「みかんの会」という生産者組織の長でもある。僕と同じ年代なのになかなかにスゴイヤツなのである。彼のブログでは結構、スーパーがどういう青果物流通をしているのかということをたまーに明かしているので、観てみると面白い。

んで、みかんである。5キロ箱に入ってきたそれは、小玉で色づきがまだら(上部が淡い黄色で側面がオレンジ色)、まだパフォーマンスを発揮していないかと思われるみかんだった。

「ふうん。ま、早生みかんが出てくるまでのつなぎって感じだな」

と思いながら皮を剥く。と、ここでお?っと思った。

「じょうのう」と呼ばれる、みかんの皮の部分がやたらと薄いのである。これはちょっと期待できるかなと思ってパクリとやった。

その瞬間、衝撃が走った!

あ、甘いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

なんだこりゃ!
ハウスみかんで凄まじく甘いのは過去にも食べたことがあるけど、そのどれよりも甘い!

津田ちゃんからきたメールを観ると、なるほど納得である。

みかん美味かった?? 夏なのでクールで送るから、どうしても水分を吸って糖度が落ちると思うけど、それでも甘いとは思うよ。この生産者のハウスみかんは、酸度が残っている事が特徴なので、冬のみかんの様な味がすると思います。  会社で測った時はなんと、糖度が19度あったんだよ。果汁が手に着くと、ベトベトするでしょう、これは15度以上じゃないと、そうなりません。 信じられないけれど、本当です。

糖度19度!

それはスゴイ、、、ちなみに10月から始まる早生みかんで、糖度が14度以上あれば十分に甘いとされる。だから、19度というのは例外的に甘いのである。

和歌山みかんは関東圏ではあまり知られていない。関東には愛媛みかんがメインで出荷されるからである。しかし、昨年度は愛媛みかんは品質的にも大苦戦した。今年のみかん分布図はどうなるのだろうか、今から楽しみになってきた。

なお、和歌山近辺のひとは、某大手スーパー「○ークワ」店頭で買える、、、かもしれない。買えないかも知れない。探してみて下さいね。