やまけんの出張食い倒れ日記

dancyu5月号のパン特集にて あの盛岡の素晴らしき惣菜パン「福田パン」 そして 「粉ひきのゴーシュ」 の記事を書いた!

もうお買い求めいただいた方もいるだろうが、今月出ているdancyu、色んな意味で非常によい内容の号になっている。
dancyu (ダンチュウ) 2008年 05月号 [雑誌]
B0016BON1O


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事が成立する過程が、個人的には嬉しく楽しいものだった。本ブログの岩手縦断編で、盛岡出発時のブランチにいただいた、あの驚愕の福田パンを覚えているだろうか?

■過去ログ 2007年02月28日
岩手県を巡る旅 盛岡標準!福田パンのコッペパンサンドはぜひぜひ東京にも欲しいぜ! https://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/2007/02/post_975.html

この記事を読んだ編集部のSさんが驚愕して、いずれ記事にしようと考えていてくださったらしいのだ。そうだよなぁ、福田パン初めて見た人は絶対にビックリすると思う。

「あれを書くならやっぱりヤマケンさんに!」

と言っていただいたようで、本当に嬉しい。盛岡近辺の人たちにしてみれば、僕のごときヨソ者が福田パンのことを書くのは楽しくないかも知れないが、一ファンということでお許し願いたい。

さて今回の取材で驚いたのは、僕が行った店舗の向かい側に、綺麗になって新装開店されていたということだ。P3078546 店内にはいるとさっそく行列である。あの、熟練のお母さんたちが複雑なオーダーに応じて俊足で各種具材をコッペパンに挟んでいる風景が展開されている。 P3078571 P3078551相変わらず充実したラインナップ! 無敵の定番「アンバター」だけではなく、やっぱりオトコとしては惣菜系パンが魅力的だ。P3078549 詳しくは記事を読んで欲しいが、この日は福田パンの3代目・福田専務にお話を伺った。物静かで謙虚、やわらかな人だった。
P3078565 
福田さんがオススメだった具材のコンビネーションはなんと、「チキンミートにスパゲティ」というものだ。チキンミートとは、鶏そぼろに辛しマヨネーズというものすごい食欲をそそるフィリングだ。それにナポリタンが同時に挟まっているなんて、すげえ!

P3078574 
結論としてこいつは実に最高!願わくば、ここにオリジナル野菜を加えたらベリーベストとなるだろう!次回は絶対に頼んでやるぞ!オリジナル野菜と照り焼きチキン、そして卵というこちらも魅惑のトリオは、想像通りの美味しさであった。P3078577 このほか数種のサンドイッチを試食。パンでこんなに腹ががぼがぼになったのは初めてだ!
P3078573 P3078586 P3078589 P3078581 記事には、この惣菜パンオーダー時の約束事なども書いている。ぜひお読みいただきたい。

そして実は、この日訪れたもう一店である「粉ひきのゴーシュ」が、実に感動的な店だったのである、、、

P3078459 
新花巻駅からタクシーで8分ほど。街道沿いに建つそば屋を改築した小さなベーカリーが「粉ひきのゴーシュ」だ。P3078464 P3078478 ここも、ぜひ記事で詳細を読んで欲しいのだけど、、、

もの凄い店なのだ!

とくにこの店のスペシャリテといえる人気メニューがこれ。

「吾助どん」

という、油揚げをメイン具材として挟んだ一品だ。P3078499 正直、舐めてかかっていた。「油揚げなんて、バサバサしてる具を挟むなんて、たいしたことないに違いない」と、、、

大間違いであった!

はっきり言っていまでも全く忘れられない。あの衝撃の美味しさをまた味わいたい。花巻の人は幸せだ、あれを食べられるなんて、、、

そんな情報の詰まったdancyu5月号、ぜひ買ってくださいませね。