やまけんの出張食い倒れ日記

六本木「バンコク」の店長・ノート君と友達になった。

 以前のエントリにも書いたとおり、東京でタイ料理を食べたくなったら、六本木の「バンコクレストラン」に行くことにしている。店のウェイター陣が総入れ替えになったらしく、古顔が居ないのが寂しかったが、その分、タイ国イケメン店長と握手を交わしたりして、楽しかった。
(彼のコトね↓)

と、思っていたら、この店長律儀な人だ、日本語でメールをくれた。

この間ご来店してくれてありがとうございます~ あなたのHPを見ました、本当にうちの店の事をHPに載せていただいて、ありがとうございます。店の内容だけではなく、私についても書いてくれたんですよね~(^^)たくさんほ められた~ 本当にありがとうごさいます~またご来店お待ちしております~

この力の抜けた「~」の使い方、そして絵文字まで使ってて、ほぼ日本人じゃん!これを自分で書いているとしたらすごいことである。たしか日本にきてまだ1年ちょっとのはずなんだが!?

返事をすると、またメールをくれた。

やまけん~ メールを返事してくれて、ありがとうございます。 そうです~僕はバンコクのニコニコイケメン店長のノートです。 なぜ僕は日本語が書けるかとういと、一年前に日本に日本語学校に勉強しました。 まぁ~勉強したけれども、なかなか上手く話せません。 今でも●●●●●という専門学校に勉強してます。(コンピューター学科) ところで、なぜ山本さんはタイ語がおしゃべれますか? タイへ行ったことがあるでしょう?もしくはタイ人の女の子が居るでしょう?(^ ^) まあ~これから、友達になりましょう~ よろしくお願いいたします~ ノート

いや、俺のタイ語は料理の名前しか知らないけどさ、お前の日本語マジですごいよ!天才である。ちなみに俺には、タイに女の子は居ないからな!そういうのを邪推というのだ、邪推。


 さて、ノート君にも会いたくて、バンコクに行った芋焼酎の京屋酒造のWebを運営しているダイナディクト・システマ社の永友さん一行に、独立祝いにごちそうして貰ったのだ。

 店に入り、ノート君と握手を交わす。ビア・シン(シンハビールのことね)で乾杯し、メニューをガガガっと頼む。この店、というかタイ料理は異様に調理が早いものが多く、頼んで5分以内に料理が来るので、食べたいものを前編・後編くらいに分けてとるのがよいだろう。

 本日はまず、タイ料理の中でも日本人がとっつきやすいものを頼んだ。

それは「ヌア・パット・ナンマンホーイ」である。ヌアは牛肉。パットは炒める。ナンマンホーイはオイスターソース。つまり、牛肉のオイスターソース炒めである。

オイスターソースの濃い旨みにニンニクがガツッと利いて、飯が何杯でも食べられそうだ。タイではこれをご飯(カオチャーオ)にかけて食っていたものだ。

それと青パパイヤのサラダである「ソムタム」これは欠かせない。

で、本日苦言を呈したいことが一つある。

「トートマン・プラー」という料理がある。トートマンは薩摩揚げみたいに団子にして揚げる料理、プラーは魚である。つまり薩摩揚げそのまんまですな。これが、日本の薩摩揚げみたいな外観だが、味は全然違ってタイ料理。かなり旨い。

これに、付いてくるスイートチリソースをベシャベシャに塗りたくって食べると、甘いのと酸っぱいのと、トートマン・プラーの若干香辛料が入った旨みが利いて最高にイケル。

魚肉にどんなスパイス類を放り込んでいるのか、実に謎である。

で、激ウマなんだけど、これよりもっと旨いモノがある。それは、魚ではなくエビをすり身団子にして揚げる「トートマン・クン」である。そう、「クン」はエビのことだ。想像しただけで旨そうでしょ?
でも残念ながらバンコクではトートマン・クンをメニューに載せていない。何故だと聞いてみたが、にこやかに「出してないんですよぉ~」というだけである。うーーーーむ

ということで、ノート君!ぜひトートマン・クンをメニューに載せる努力をしてみてくれませんか??おいら食うよ。

読者の皆さんも、六本木バンコクいったらぜひ「トートマン・クンありませんか?」攻撃を!
しかしその際に注意!発音をきちんとしないと「トムヤムクン」と間違えられてしまうことが多々あります。おれはタイで過去二回、鍋一杯のトムヤムクンを一人で食いました。

本日はもう一つタイご飯。「ガイ・パット・バイカバオ」(鶏挽肉のバジル炒め)である。一皿料理で出てくることが多いのだが、タイ風にご飯の上に載せて、目玉焼きを載っけて出して貰った。

目玉を崩して、ナンプラーをかけ、かき混ぜて食う。これがマジで旨い!タイ料理はグリーンカレーとトムヤムクン、春雨サラダのヤムウンセンしか知らない人はぜひ、こいつを試して欲しい。

この日もノート君はニコニコしながら見送ってくれた。今度、遊びたいものだ。