完全版アップ!木場に満を持して登場。五十嵐シェフが腕をふるうガツン系夜までやって美味しいダイニングバー「ロジウラ」開店おめでとう! あの真サバのマリネにブイヤベース、木場で最も旨いカレーが帰ってきた!

2010年2月24日 from 首都圏

DSC_3809

木場に住み始めてはや10年。結婚を機にどこかへ移動してもよかったのだけど、居心地のよさと空港・東京駅へのアクセスがいいことと、そしてけっこう美味しい店があるということで離れられていない。最近、この地域に飲食店が充実してきているのはこのブログでも書いている通りだけど、先日なにかの雑誌でみたらラーメンに関してはものすごく先端の店が密集している土地という認識になっているらしい。えええ、そうなのかと驚いてしまったが、確かに行列店もできている。

DSC_3362

その木場ライフの中で、カレーは重要な生命線である。木場で最も旨いカレーは僕にとってながらく、三ッ目通りと永代通りの交差点から50m歩いたところのダイニングバー今井商店イーズのカレーだった。ちょっと焦げた感じのルーと鶏肉だけのシンプルなカレーは、実に一級品だった。

過去ログ:https://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/2008/02/post_1129.html

で、そのカレーを作っていた五十嵐さんが、仲間と新しい店を創るという話になったのはだいたい半年前くらいだろうか。今井商店が業態を転換して、お酒中心になるということがきっかけの一つだったようだが、五十嵐さんのカレーが食えなくなるのはムチャクチャに残念な話。しかもカレー以外にも素晴らしき料理がいっぱいあったからね。でも、五十嵐さんも木場出身。できれば木場で店をという思いが、やはり木場を本拠を置く人たちとのチームを組むことに繋がったようだ。

木場・門前仲町の住民のコーヒー供給場になっている「カフェ・デザール・ピコ」でコーヒーを飲んでいると、スポーツセンターにいく五十嵐さんが来て一緒に茶を飲むことが多い。数ヶ月前からいよいよ本格的にオープンの話になってきて、ようやく先日、新店「ロジウラ」がオープンしたのである!

 

DSC_3714

木場駅の1番出口を出てすぐの横断歩道を渡って左に歩き、ツタヤを右にみながら床屋の角を右に曲がると、ロジウラという名のごとく細い路地の裏に店がある。

DSC_3730

永代通りに向かってみるとこんな感じ!まさにロジウラだ!

DSC_3706 

こんなところに店を構えたかぁ、とちょっと驚く立地だ。店は二階建てで、一階はカウンター7席に二人がけテーブルと4人掛けテーブルがひとつずつ。

DSC_3695

デザイナーズマンションか!といわんばかりのかっちょいいらせん階段を上って、2階はテーブル席2つとゆったりソファの個室が。

DSC_4051

DSC_4042

この店の店長は、これも木場住民だったら識っているであろう、焼肉「大辛民」(だいしんみんと読みます)の店長をしていた渋谷さんである。

DSC_3717

そしてもう独り強力なメンバーが参戦。イタリアンのコックをしていた丸山さん。

DSC_4052

実はいつも思っていたのだ、五十嵐シェフのガツン系ビストロ料理にパスタが加わったら最高だなぁ、と。それが実現したのである!

この店、開店してから連日大盛況だ。とりあえず下記に、こんな料理が出るのですよ写真をガシガシ載せるので、食べたい方は足を運んでみて欲しい。こんな立地で、こんな小さい店で、いやこれは佳い!と満足していただけるはずだ。

 

■ギリシャ風 色々野菜のピクルス 500円

DSC_3741

五十嵐さんと僕の食欲は結構似ていると思う。肉料理に向けて、野菜がたっぷりとれるものが欲しい、酸味はビシッと効かせて欲しいというところにスパッとはまる味なのだ。

■軽く燻したポークレバーパテ 600円

DSC_3756

さすがは人気焼肉店出身の店長、質のいいモツが入るルートを熟知している。強すぎない燻煙香がレバーのコクをたてている。

ワインやハードリカー好きには、下記二品のようなつまみも合うだろう。

■イタリア産 からすみ 600円

DSC_3771 

■国産牛とポークのソフトジャーキー 750円

DSC_3776

そして、今井商店イーズ時代から、「これ一個で相当満腹になるんだけど」という一皿。

■生ハム・ベーコンのキッシュ 850円

DSC_3792

 

■豚肉のテリーヌ 頬肉・タン・ミミのゼリー寄せ 750円

DSC_3809

ドカンとデカイ上半身の五十嵐さんの風体からは想像もつかないほど繊細で滋味が透けてくるようなテリーヌ。銀座の某有名店で修行していた時代からまたさらに自分なりの精進を続けているのが伝わってくる。

 

■二種類のホットチーズソースと色とりどり野菜のサラダ (メニュー記載外)

DSC_3825

生野菜に熱~いチーズソースをトロトロリと かけまわす。

DSC_3827

DSC_3841

 

そして、こいつがなけりゃ木場の夜が始まらない、真サバのマリネ。

■あさつきたっぷりの真サバのマリネ 950円

DSC_3850

アサツキをかき分けてサバを摘み、ディルとサワークリームをまぶしつけながら食べるのが最高。赤坂ティアレのバーテンダー水澤君が世界大会に出場したフィンランドに応援で行ったときにいやというほど食べたあの香りを思い出す。

DSC_3860

お願いだからのこのサバだけは毎日切らさないでほしいものである。

■辛味挽き肉とうずら卵のトルティーヤ風 ピッツァ 750円

DSC_3861

さあここからはガッツリ揚げ物や主菜シリーズ。

■フィッシュ&チップス 800円

DSC_3888

大振りな白身のフリットに、ハインツのモルトビネガー (写真に写ってないけど出てきます)をたーっぷりダバダバふりかけていただくのが吉。

そして今晩の大技炸裂。

■羊と野菜の煮込みとクスクス (メニュー記載外)

DSC_3909

おおっ メニューには載っていないが、常にこうしたサプライズ料理はあると思っていいはずだ。「今日、なにかお奨めある?」と訊くことをお奨めする。

■生ソーセージバジル風味 850円

DSC_3913

ボ、ボリューミーである! まさか五十嵐さんが腸詰めしてるのか?食べでがあって肉の風味が新鮮で美味しい。

そしてこれも今井商店時代から好きだった一品。

■メンチカツ 特製デミグラスソース 850円

DSC_3931

正直、こいつとライスをもらえれば満足するくらいのメンチカツだ。

そして、、、今宵の大技炸裂第二弾。

「これ、予約必須ですって書いといてくださいね」(五十嵐)

 

■ブイヤベース & リゾット (要予約)

DSC_3948

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

これは本格的ですよ、、、牡蛎に蟹にアサリにトコブシ、真ダラにニョッキなど様々な魚介が煮込まれている。アイオリソースをクルトンに載せてスープに溶かしながら食べる。木場で旨いブイヤベースといえばビストロ・ド・リヨンという店もあるのだけど、五十嵐さんのブイヤベースもいける。

しかも、、、こんなオプションがつくのである!

「ブイヤベースのスープでリゾット、造りました!」

DSC_3997

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

これは旨い! ブイヤベースそのものよりもこっちの方が旨いぜ!でも、ブイヤベースを頼まなければ当然食べることが出来ない!これは悩ましいぜ。

DSC_4005

本日最高の一皿はこの、魚介の旨みが凝縮されたリゾット かもしれない。

 

さてそして嬉しいイタリアンなパスタも食べられるという事実。

■本日のパスタ(この日はチキンのクリームソース) 900円

DSC_4009

もちろんポモドーロもあるし、きっと「こんな感じが食べたい」といえば対応してくれるのではないかと夢想。

そしてコースは怒濤の終焉に向かう。

■ハヤシライス 1000円

DSC_3953

五十嵐さんのドミグラス 、イケルのである。しかしながら、もし人数が居るのであれば、ぜひハヤシ&カレーのダブルで攻めていただきたい。

真打ち登場である!

■インド風チキンカレー 1000円

DSC_3966

ああ、あの強く火を入れた香ばしいルーとまた再会することが出来た!

DSC_3984

まだ食べてない人にはぜひお試しいただきたい。これだけ食べに行ってもいい、というくらいの価値がある一皿だと、僕は思う。

いやー 超・満腹。ちなみにこの日は、くだんのコーヒー自家焙煎屋のピコのマスター夫妻&常連軍団+ひろっきいの7名で食べている。それでもみな超満腹!大勢で行ってタップリ愉しんで欲しい。

DSC_4037

デザートもきちんと手をかけてまっせ。

■自家製クラシックプリン 450円

DSC_4024

いやーーーーー 大満足。

木場にまた素晴らしい店が増えた。しかも夜遅くまでやってます。

DSC_4055

あ、ここで五十嵐さん登場(右)。

この店をぜひ懇意にしてやってください。木場住民の新しき憩いの場になることを祈っております。

 

■東京・木場の居酒屋レストラン 「ロジウラ」
〒135-0016 東京都江東区東陽3-3-7
03-5606-9733