北大滞在中にかならず一度は食べたいのがクリスチャンセンターのバングラデシュカレー。いま北大構内は緑が活き活きとして美しい!

2017年5月17日 from 出張

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

北大は、道庁所在地である中心部にあり、札幌駅から歩いて十分という、おそらく他大学ではあり得ない超好立地。ただし構内はむちゃくちゃ広いため、入り口がいくつかある。農学部に最も近いのはクラーク会館と生協の横にある出入り口なのだが、その前にクリスチャンセンターという建物がある(北大とは関係ありません)。キリスト教徒(おそらくプロテスタント)のための、宿泊や研修ができる施設だ。

この一階がカフェになっていて、そこで出るバングラデシュカレーがじつに美味しいということは既報の通り。

 

■ちょっと一息。きょうのカレーはバングラデシュ。
https://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/2012/04/9588.html

以来、北大滞在の時はほぼ必ず一度は食べに行っている。だって美味しいんだもん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最初は穏やかな風味、食べ口マイルとと思っていると、後からけっこう辛みが効いてくる。チキンの胸肉がコロコロとはいっていて、雑穀米はもっちりして美味しく、満足度高い。ミニサラダ付きで600円は良心的だと思います。

じつは学生サービスで、北大の学生証をみせると500円になるらしい。おれ、学生だから使えるんだけど、使わないよ。だって大人だもん。これだけ良心的にやっているところで、そんなことで利益を削らせたくないからね。よろこんで600円払わせていただきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

店内には賛美歌が低く流れているのが、ここちよい。

うちの両親はともにクリスチャンホーム(キリスト教徒の家庭のことね)出身で、教会つながりで見合い結婚をしたということもあって、高校生まではぼくも教会の日曜学校に通っていた。信仰はなかったけど、友達ができたから通っていた(笑)もうひとつ、賛美歌が好きだったからというのも通っていた理由だ。賛美歌は無条件に美しく、聖歌隊で歌うのは楽しかった。

だから、このキリスト教に関係した施設に共通する、独特の雰囲気は僕にとって懐かしいものだったりするのである。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一度、泊まってみたい気もするが、パッケージツアーで予約できないんだよね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ところで北大の緑はいままさに春の芽生えで、とても美しい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とくに百年記念館という施設を望むこのあたりがお気に入りの場所だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これだけ駅に近いということもあってか、地域住民や観光客、また驚いたことに修学旅行生などまでが構内を散策している。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マナーの悪い人も居るからか、こんな看板も。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もちろん芝生は大切にしないといけないし、そこに生えているものを勝手に摘んだり切ったりしてはいけない。それは当たり前のことだが、友人にきいたところによると、幼稚園の児童が芝生で遊ぶことも注意されるようになったとのこと。体重の軽い幼稚園児が走り廻る程度なら環境への負担も小さそうだし、許してあげたいと思うけどどうなのでしょうかね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本日、参考文献を五冊ほど斜め読みして、やや集中力の限界を露呈。今晩の飛行機で帰ります。そろそろ畳むかぁ。

北海道に拠点が欲しいと本気で思うこの頃でした。

そうそう、北海道大学には構内の草地で乳牛を飼い、育てて搾乳をしているということを以前に書いた。これに関して7月頃、ビッグニュースをお届けすることができると思う。いまから楽しみでしょうがない。さすがは北大、なのである。お楽しみに。