やまけんの出張食い倒れ日記

ブログ執筆環境を模索中です。なんとこれはMicrosoftのWordから投稿している。それはともかく、もうそろそろドライエイジングしていた短角牛大嵐君と土佐あかうし柿衛門くんのステーキ用ロースを販売しますよ!

ブログ執筆環境は相変わらず

あーーー ブログ環境が交通事故以前とまったく変わってしまったので、ほんとうに羽がもがれたような気分。ノートPCって大事です。11月9日まで到着しないみこみなので、それまではとにかくバイト用ノートPCで我慢、、、

それにしても、ブログ執筆に使用していたOpenLiveWriterが思うように動いてくれない。MobableTypeのアドレスを読み込んでこのブログに投稿できるようになるはずが、一つ上のレベルにある管理画面のほうに投稿されてしまう。つまりサーバーで走っている複数のブログを選択できればいいのだけれども、ブログエディタが勝手に選んでしまう仕様のよう。デスクトップPCの方ではちゃんと動いているのにいったいなぜ!?

かといって、MovableTypeの管理画面のエディタで書くのは、もう習慣的に無理。ということでiPhoneからブログエディタ「するぷろ」で投稿したりしてますが、これもまたいろいろ問題がある。

ブログエディタというソフトにはもうあまりニーズがないのか、誰も作っていない、、、どうしたもんかな、と思っていたら、なんとマイクロソフトのWordにブログ投稿機能がある。使ってみたら、100%とはいわないけど、意外に使える、、、

ということで、この記事もWordから投稿しています。

僕の短角牛と僕の土佐あかうし、大本命が出てきます

さて、お待ちかねの方も居ると思いますが、とうとう仕上がりました。

「そろそろよさそうです」とマルヨシ商事のドライエイジング技師でもある平井社長から連絡が。もちろん、事故に遭う前にと畜していた柿衛門君の骨付きロースのドライエイジングのことです。みなさんにお売りした焼肉カット等とは別に、骨付きロースを千葉へ送って、熟成庫へいれてもらっていました。

先に販売した短角牛の大嵐君の骨付きロースも、仕上げて脱骨して、一キロ前後にカットし冷凍してもらっています。柿衛門のお肉も同じようにカットして冷凍しておきました。ドライエイジングすると自由水が抜けるので、冷凍しても細胞が壊れることなく、品質があまり変わりません。なので、僕は自分の牛のドライエイジドビーフを冷凍しておいて愉しんでいます。

今回、この短角牛「大嵐くん」と土佐あかうし「柿衛門くん」のドライエイジングロースを、ごく少数(15セットくらい)になると思いますが、販売する予定です。1キロ×2なので食べ応えありますよ。でも、どちらもわたしのわがままを生産者にきいてもらって粗飼料を多給したもので、短角にしても土佐あかうしにしても、買いたいと思っても同じような個体のお肉はありません!それは間違いない。そんで、両方とも食べていただいた方からは絶賛をいただいてます。

まあ、ドライエイジングしていますし、骨抜きなので肉の重量も骨付きより多いこともあり、ちょっと高くなりますけど、楽しみにしていて下さい。

では、リハビリに行って参ります。