とうとう佐賀にリベンジ! 佐賀市周辺のスタンダード「井出ちゃんぽん」野菜&麺大盛りに満足!

2008年8月29日 from 出張

佐賀である。なぜ「リベンジ」か、というのはというのは、まだブログというシステムがなかった頃、この食い倒れ日記がメールで150人くらいに送りつけられていた時のエントリまでさかのぼるのである。 http://www.yamaken.org/kuidaore/20020308saga.html...

→→→この続きを読む

10月5・6日に岩手県二戸市・久慈市の食を巡る太っ腹ツアーを開催! 短角牛と雑穀、ヤマブドウの生産現場に触れ、話し、そして大いに食べる会である!

2008年8月27日 from イベント,オフ会

久々に大イベントである。現地まで来てくれれば、あとのバス移動費と飲食代は全部県がもつよ、という、岩手県ツアーを開催します。名付けて「いわて生産現場探訪ツアー」。 僕が短角牛のオーナーになったこともあって、岩手県の二戸振興局と久慈振興局が一緒になって「じゃあ、現地オフ会みたいなのやってもらいましょう...

→→→この続きを読む

アグリフードEXPOの見所

2008年8月26日 from イベント

今年で3年目になるアグリフードEXPOというイベントが、ビッグサイトで今日と明日の二日間開催されている。ビッグイベントになってしまったFoodexなどよりもちょっとだけ土くさい、いい感じの農業生産法人などが集まるイベントだ。 アグリフードEXPO2008 8月26~27日 http://...

→→→この続きを読む

東京カリ~番長 水野じんすけ氏とカレーランチ。

2008年8月25日 from 首都圏

久しぶりに、水野氏と会う。なんとお互いの嫁さんが学友だったことが判明したり、接点が異様に多いのである。共通に仕事でお世話になっている編集者さんがいたりするので、そのK女史経由で、僕は水野氏の近況を聴き、彼は僕の近況を聴くという、間接的情報交換(笑)が成立していたのである。 それにしてもここ数...

→→→この続きを読む

褐毛和種という和牛 南国・土佐にて希少な褐牛の肉を堪能する!

2008年8月21日 from 日本の畜産を考える

和牛には黒毛和種、短角和種、そして褐毛和種、無角和種の4種類がある。褐毛は正式には「あかげ」と読むらしいが、この褐毛和種を育てている地域が主に二つある。一つは有名な熊本のあかべこ。阿蘇山で放し飼いの風景を見たことがある人も多いだろう。 そしてもう一つが高知県。山間部が多い高知県内では、放...

→→→この続きを読む

東広島市西条・竹鶴酒造の杜氏 石川達也の家で瀬戸内の恵みと酒をいただく。竹鶴社長、この食材は最高ですナ!

2008年8月20日 from 出張

ホロホロと崩れそうな白身肉に、グリーンの鮮やかなペーストが添えられている。いったいこれなに?と食べてみてビックリ、肉質は実にホロホロと気持ちよく崩れ、実に味わい濃ゆく、軟骨のバリバリ感も味わえる逸品である。緑のペーストの適度な酸味と強い刺激のある香りは、身肉の独特なクセを押さえてあまりある。 ...

→→→この続きを読む

コシヒカリの食味を超える可能性がある米 「山形97号」の正式な名称を募集している。商品は山形の旨いもんである!

2008年8月20日 from

■山形97号名称募集ページ http://www.nmai.org/97go/index.html   山形県の稲作研究者が総力をあげて育種しているのが「山形97号」という米の新品種だ。10万分の1という競争を勝ち抜いてきた、選りすぐられたエリート。僕はこの山形97号の戦略会...

→→→この続きを読む

大分・蒲江の養殖ブリ漁家 村松さんが東京にやってくる! あの最高の”ブリのあつめし”を喰える!

2008年8月13日 from

大分県佐伯市の漁港町・蒲江(かまえ)でブリやハタを養殖する漁師・村松一也さんのことは過去数回掲載したことがあるが、実に「これぞ漁師!」という豪快な体躯と話し方、そして大胆かつ繊細な行動を起こすお人だ。 その村松さんから嬉しい知らせが届いた。 8月13日から18日まで・・・なんと!盆...

→→→この続きを読む

今、長野が暑い!軽井沢~小布施~東御一泊二日 永井農場とリュードヴァンのワイン

2008年8月11日 from

温暖化の影響か、日本の産地も大幅な気候変動に見舞われている。従来、「ここは●●が美味しいんだよ」といっていた産地が、日中の気温が上がってしまうことで栽培好適地ではなくなるというケースが本当に多くなってきている。 作物の美味しさに最も直結するのは日中と夜の寒暖差だ。イメージとしては、日中に光合成した...

→→→この続きを読む

H19年度の食料自給率は40%。1%上がった、ということを喜ぶのはまだ早い。

2008年8月 5日 from

農林水産省から、H19年度の食料需給表が公表された。 http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/fbs/index.html 一般の人は「平成19年度食料需給表のポイント」をみればいいと思う。 このように、カロリーベースでは1ポイント増加、39%から40%になった。これ...

→→→この続きを読む