食用菊は、日本一美しい食べ物かもしれない

2008年11月27日 from 食材

もう今年もシーズンは終了だろうか。山形県と秋田県の食用菊、カラフルに。 JA山形の黄色品種。 秋田県十文字農協の黄色品種。 そして山形の「もってのほか」。   やっぱり個人的に好きなのは、紫かな。 ゴージャスに、全色...

→→→この続きを読む

菱の実って本当に不思議。

2008年11月27日 from

なんでこれが「菱形」と説明されるのかほんとによくわからないが、これが「菱(ひし)の実」だ。 どうみても、角が生えた悪役の仮面、という感じなんだが、、、 割ってみると、でん粉質の実がぎっちりと詰まっている。 皮付きのまま、塩を振った湯で20分ほ...

→→→この続きを読む

実はリンゴが旨い、岩手県。

2008年11月27日 from 食材

岩手県とリンゴ、というイメージはあまり関東以西にはないだろう。けど、立派なリンゴ王国である。 ええと、二戸の農協直売所で、時間がないからあわてて買ってきたので、品種ワスレタ。フジじゃあない。パキッとした歯触り、香りも十分な、美味しいリンゴでした。 今年もいろん...

→→→この続きを読む

至福の西条柿!

2008年11月27日 from

  今年も、竹鶴酒造の石川タツヤンから西条柿を送ってもらった。 渋を抜くと強烈に甘くネットリした果肉を誇る、ブランド柿である。 今年もおいしくいただきました、、、 ご馳走様!...

→→→この続きを読む

そういえば、秋田のタレつけ込み系ホルモンの代表格ホルモン伸栄に行ったのだった!

2008年11月26日 from 出張

らでぃっしゅぼーやの記事を書いていて思い出した。先日の東北集会にはせ参じる前に、伸栄に行っていたのだった! 伸栄とは、秋田県庁の近くにある小さなホルモン屋さん。昔、県庁の中田さんと仕事をした際に連れて行ってもらって、えらく気に入った店である。 ■過去ログhttp://www.ya...

→→→この続きを読む

ふたつの専門流通団体 「大地を守る会」 と 「らでぃっしゅぼーや」の立ち位置を考える

2008年11月24日 from 農村の現実

土曜日の朝日新聞朝刊にて、大地を守る会の藤田会長がどでーんと大きく掲載されたらしい。藤田会長とは、僕が大学生の時からおつきあいさせていただいているので非常に長いのだが、最近では社会起業家として、いろんなメディアを賑わせているようだ。 そして、いやー とうとうかぁ、、、というニュースが、先日も...

→→→この続きを読む

札幌の野菜料理達人 吉川さんが居る 「ベジカフェ まーくる」にて、北海道の食関係者の集う現場に触れる!

2008年11月24日 from 出張

野菜をメインにしたメニューを提供するカフェが結構増えているようだ。これまではオーガニック系の流れに乗っているものが多かったが、特にそれにはこだわらず、むしろ品種や地域の在来種などを取り上げるようなココロザシある店も散見されるようになっていると聴く。 「札幌でね、僕ら食品関係事業の人間がた...

→→→この続きを読む

西日本新聞の「食卓の向こう側」編集委員 佐藤さんより ~どうなる、どうする日本の食シンポジウム in 東京 「ひろがれ弁当の日」が1月10日に開催される!

2008年11月20日 from イベント

  日本で発行されている新聞の中で、最も古く長く食の問題に取り組んでいる西日本新聞。その長期連載「食卓の向こう側」の仕掛け人である、編集委員の佐藤さんから、イベントの連絡が来た。 どうなる、どうする日本の食シンポジウム in 東京 「ひろがれ弁当の日」 子供が作...

→→→この続きを読む

沖縄・宮古島に来ています

2008年11月19日 from 出張

「え?北海道にいるんじゃないの?」 と言う方もいるかも知れませんが、このブログは、書いている日付と、実際にそこへ行った日付とは対応していません、、、当たり前の話しですけどね。北海道はもう先先々週の話しになってしまった。今、沖縄の離島・宮古島に来てます。離島、初体験。 全国の牛...

→→→この続きを読む

北海道の一つの要所・江別に初上陸! 本物の石狩平野へ足を伸ばして鮭料理三昧を楽しんだ!

2008年11月17日 from 出張

北海道の二日目、北海道農業協同組合学校、通称JAカレッジにて講義だ。 昔は、このような農協 が経営する学校組織が各地にあったそうだが、今はこれほどの規模のものは北海道のみらしい。これがまた、高校を卒業した世代の学生達が学、大変にきちんとした「学校」なのである。勿論、卒業生...

→→→この続きを読む

3.5Kgの短角牛リブロース肉塊きたる。

2008年11月16日 from 日本の畜産を考える

雑誌連載用に撮影した、短角牛のリブロース。いつもお世話になっている山長ミートの槻木専務が「たまには嫁さんにも食べさせてやんな」とポンと渡された。といっても、ポンと手渡せる重さじゃない。発砲スチロール箱にズシッとくる重さ。会社に戻って社員に切り分けて、自宅用に持って帰ってきてこの厚みだ。 ...

→→→この続きを読む

佐賀県に来ています

2008年11月12日 from

今朝の朝一便で、佐賀空港に到着。空港の周りはすぐに田園風景と、海! 川副町のあたりで、なにやら稲刈りの終わった田んぼに、大勢で黒いネットを干している風景をみた。 「あれはなんですか」 と聞くと、なんと 「海苔を干している」 んだそうだ! そう、佐賀県は国内の海苔生産の主産地で、この辺一帯...

→→→この続きを読む

北海道産小麦の逆襲が始まる! 日本の粉は日本の麦がイイ! なぜなら簡単、「美味しいから」である。 その2  岩見沢農協にて、小麦について勉強した!

2008年11月11日 from 出張

  当たり前のことだけど、雪が降ろうとしているこの時期、すでに小麦の収穫は全道で終了している。今は、刈り取った麦の貯蔵段階だ。 「この辺ではJAいわみざわという農協が、小麦の生産に熱心なんですよ」 と、北沢さんが連れて行ってくれたのが、JAいわみざわの集荷施設だった。ワンワンと機械がぶ...

→→→この続きを読む

北海道タマネギ品種のレジェンド・札幌黄

2008年11月10日 from

札幌黄を作っているという農家、渡辺さんに会った。これについてはまた詳しく書こう。これから日帰り福井出張なので、また帰ってから、、、 ...

→→→この続きを読む

北海道産小麦の逆襲が始まる! 日本の粉は日本の麦がイイ! なぜなら簡単、「美味しいから」である。 北海道・岩見沢から、麦を巡る旅が始まった。

2008年11月 7日 from 出張

いや、もう小麦に関する考え方が根本的にひっくり返ってしまった。国内産小麦は佳い。観念的に、地産地消に資するからよいというのではなく、品質的に断然いいじゃないかということだ。眼を開かせてくれた皆さんに感謝したい。 東京ではまだ、室内ではTシャツを着るような感じだったので、「ダウンジャケット...

→→→この続きを読む

こんなの、もってのほかだ! 食用菊は美しい食感。花びらの蠱惑的な歯触りに罪悪感を感じる夜、、、

2008年11月 5日 from 食材

山形県の須藤さんから、大好きな薄皮丸茄子の漬物が届いた。ご馳走になります! その丸茄子の漬物の瓶 二本をいれた箱に、クッション材と一緒に食用菊が一杯に詰められていた。漬物を出荷している佐藤さんのサービスらしい。 嬉しい、、、 食用菊は、山形県内では日常的に食べられているけれども、関...

→→→この続きを読む

山形市内にはいったい何軒、旨いそば屋があるのか!? あかし庵にて板そば一枚ぺろり。

2008年11月 3日 from 出張

以前にも書いたと思うけど、いま、満足度が最も高い蕎麦は山形の蕎麦だ。技術的な問題はどうだからしらないが、山形県で食べる蕎麦は日本のどこで食べるよりも、食後感が素晴らしい。そのポイントは、そばつゆにあると思う。東京ではそばつゆは濃いめだが、山形ではたいがいの店が、蕎麦をずっぽり漬けて食べて、...

→→→この続きを読む

アグリファンド石川の素晴らしき食材たち!

2008年11月 3日 from 食材

先日うかがった石川・金沢の講演では、実にじつに意欲的な農家さんや農業法人の人達が集まっていた。圧倒的にコメが多いけれども、伝統野菜として知名度の高い加賀野菜を生産する農家さんや、面積は小さいながらも有機栽培で、直売メインで売り切っている人など、なかなかに興味深い顔ぶれ。講演後の質問では、「短角牛が未...

→→→この続きを読む