眞貝シェフの腕、冴え渡る!ホールスクエア福岡にて、赤松館晩餐会にインスパイアされた10皿のコース!

2017年12月14日 from イベント,出張

00166_D859532

12日は福岡の商業施設であるキャナルシティ福岡のB1にある、ホールスクエア福岡で、恒例のレストランイベント。いや、眞貝シェフの腕が冴え渡りましたね!

このレストラン、自分が関わっているからということだけではなく、食材も技術もレベルが高く、しかも運営元が熊本などで製造している食材を使っているので、ここでしか味わえないものが多い。もっと識られるといいのになあ。

でも、もうすでに識ってる人は識っていて、このディナーイベントの告知は打ってすぐに埋まってしまうのだ。

00143_D859413

今回はこの8000円で、なんと料理が10皿!しかもペアリングドリンク込みである。一皿800円以下ということだ。バーゲン以外のなにものでもありいません。

「まあ、このイベントは利益度外視ですので」というけどさ、しんかいくん、マジでもったいないと思うけど!

さてこの日は10月に行われた赤松館晩餐会の内容を振り返りながら、5人のシェフによって出された料理をリスペクトをこめつつ眞貝流にアレンジしたものを出すという趣向!

これから愛媛に向けて出張なので、写真中心ですがこんな料理が並んだのですよ!

00144_D859441

芦北・水俣湾の魚をつかったフィッシュチップス!

00145_D859447

そしてアミューズは、フロリレージュ川手君(二つ星おめでとう!)が作ったしらすのフランを眞貝流にアレンジ。

00147_D859463

ペアリングドリンクも素晴らしい。ゆずやハーブ、かんきつ類をふんだんに使いつつ、アルコールにもノンアルにも対応。

00149_D859468

そして出ました、しんかいくん得意のパスタ!

00152_D859482

ワタリガニの肉と、白いのは豆腐ソース。黄色いオイルはオリーブではなく御なたね油!なんでもオリーブが合うとは限らない!

00154_D859492

福山剛ちゃんが作ったアシアカエビは、リゾットにアレンジ!

00155_D859505

かなり肉厚のアシアカエビ、最高に美味しい!

00156_D859507

リゾットのグリーンが何だったか忘れたけど、これまた美味しいのです。

00157_D859508

ペアリングドリンクは亀萬酒造の原酒に不知火、そしてディルの組み合わせ!

00158_D859513

「銀太刀」と呼ばれる大型の太刀魚のヴァッポーレは、ラシーム高田君の料理をアレンジ!

00160_D859520

00162_D859524

そしてメインは、6時間かけて牛肉を焼いたレストランアニス清水君にならい、2時間かけたホロホロ鳥!

00165_D859531

じつはこのホロホロ鳥は、熊本で生産されたものです!

00167_D859537

これがまた、素晴らしい、、、この食材についてはまた詳細レポートしましょう。

熊本で大人気の手延べ南貫素麺のにゅうめんは、これまででてきた食材の端材のスープで。そう、フロリレージュ川手君にならい、フードロスを極力抑えます。

00168_D859540

00170_D859548

デザートは柿のスープ!

00173_D859554

00174_D859560

00175_D859565

そしてこれ、、、

00176_D859568

さつまいもに、わだいのアマゾンカカオ!

こんな十皿です。さて、搭乗時間なので行って参ります。