げげげっ LexarのUHS-Ⅱ128GBカードがたった4ヶ月の使用で逝く!

2018年2月 8日 from カメラ

2018-01-22-12-12-10-21

逝っちゃったよ、、、大ショックです。

昨年の9月末に購入した、レキサーのSDXCカードが、認識不能になっちゃいました。

やまけんの出張食い倒れ日記:ニコンD850のために高速メディアを買う!事業撤退したレキサーの300MB/sのSDXCを買った!こういうとき、秋葉原の電気街近くに会社があるのはとってもいい!


逝っちゃったのは、150MB/sの方です。4ヶ月間だけど、これだけ使ってたわけじゃないから、ほとんど数回の使用で壊れちゃった感じですね。どういう状態かというと、こういう表示になります。

0194a6b5d6b3861a6820dda4c8fac493f7e48cee9a_1

アクセスもできない、、、PCに純正のカードリーダー経由で刺すと、「フォーマットが必要です」といわれ、フォーマットしようとしたらなぜか128GBではなく7.6GBと表示。しかもフォーマット完了できない。

image

ということで、完全にお亡くなりになりました。データはすでにコピー済みなので、今回はダメージはなかったけれども、これが仕事での撮影直後に起こっていたらと思うとゾッとする。

レキサーは、むかし「データが飛ぶ!」といううわさがかなり流れて、写真業界では避ける人も多かったけど、僕はそんなこたぁないと使っていた。しかし、SDカードの製造から撤退して、最後の最後にこうなっちゃったのでホント残念です。まあ、宝くじみたいなものなんだろうから、サンディスクであってもこういうことはいずれ起こるんだろうけど(といっても、いままでサンディスク製のカードでこんなことが起こったことは、無い、、、(笑))

4000万画素超のD850をメインカメラにするということで、あまりカードを交換しなくて済むようにと128GBのカードを購入したのだけれども、大容量になればなるほど、一度に飛んでしまう写真データも多いということになる。これは怖い!

ということで、ヨドバシAKIBAに行って正規代理店経由であろうSANDISKのエクストリームPROの64GBを2枚購入しました。週末からのヨーロッパはこれで行ってきます。