時間の重みが酒の深みになるのだ! サントリー山崎蒸溜所にてモルトの旨さとブレンドの神髄を観た! その2

2006年8月31日 from 出張

13:30、書きかけだけど中途アップします(汗) 9月1日0時44分 ようやく書き終わった! ”カスク”つまりニューポットと呼ばれる蒸溜したてのウイスキーを詰める樽は、何種類かのオークかシェリーなどの木材の樽に仕込まれるのが普通だが、日本ならではの木材の樽に詰めることもあるという。なにせこの樽の中で...

→→→この続きを読む

首都近郊の農業王国・三浦半島は旨いもの宝庫だった! 速報版

2006年8月28日 from 出張

この週末は週刊アスキーの「旅三昧」むけの取材で三浦・横須賀へ。 いつものごとく長島農場の勝美君をキーマンとして繋がる人的・食的ネットワークをたどってきた。 死にそうになるまで食べました、、、 以下、速報画像。 ...

→→→この続きを読む

時間の重みが酒の深みになるのだ! サントリー山崎蒸溜所にてモルトの旨さとブレンドの神髄を観た!

2006年8月25日 from 出張

とある異業種交流会に参加した夜。サントリーが協賛の会で、各種ウイスキーを参加者に振る舞ってくれていた。僕は「山崎」が好きなので所望しにいったら、ちょっとイタリア人ぽい広報部の二枚目オトコ前の方から声をかけていただいた。 「やまけんさんですよね?一度、蒸溜所に遊びにいらっしゃいませんか?」 マジです...

→→→この続きを読む

大阪の伝統野菜”なにわ野菜”の商いをみる

2006年8月23日 from 市場人との対話

「大阪ではね、買参人さんによっては『引きゼリ』っていいましてね、2800円なら3本だした指から2本をスッと折るんですよ。そんなん、0.5秒くらいの動作でしょ?これを一瞬のうちに見渡して誰がいくらで落とそうとしてるかを判断して競りを決めるんですよ!」 大阪東部市場の近郷野菜のセリ人をやっていた三谷君...

→→→この続きを読む

大阪市立大前の学生さんは、とんかつ屋「もんきち」で腹を満たしてください。

2006年8月23日 from 出張

高校時代の僕は、先のエントリに書いたとおり素晴らしい食環境に居たわけだが、大学生の頃は、とにかくお金がなかった。だから自炊をするか、600円以内で腹が一杯になる定食屋にいくか、それか近所で僕にしょっちゅうメシを食わせてくれた大工の棟梁の家で食べるか(!)の三択だった。自炊が一番安上がり(学校で野菜も...

→→→この続きを読む

日本最高峰の学食は、僕の母校にある。 埼玉県飯能市・自由の森学園の素晴らしい食への取り組みをみていただきたい。

2006年8月22日 from 首都圏

僕が通っていた高校は、埼玉県飯能市にある自由の森学園高等学校という。僕が入学したのは1986年。その頃の点数序列教育花盛りな風潮の中で、自由教育を標榜して生まれた学校だった。同じような名前の自由学園、自由が丘高校などあるが、どれも自由の森より伝統があり、かつ教育方針も全く違うので、混同されないよう...

→→→この続きを読む

大阪浪漫放浪~串カツ 「川と山」 素材感を活かした珠玉の20本一本勝負!

2006年8月21日 from 出張

大阪のホテルでFTPできなかったのは、通信回線の問題ではなく、単にアンチウイルスソフトの問題であった。先日から、年間更新料のいらない、ソースネクストのウイルスセキュリティ・ゼロをインストールして使用しているのだけど、そのファイヤーウォール機能をonにしたままだとFTPできないようだ。そんなこんなで更...

→→→この続きを読む

大阪では「めし」と書く

2006年8月18日 from 出張

現在、大阪出張中。 何度かトライしているのだけど、なぜかFTPを使うことができないため、画像アップができないので文字のみ更新。 昨日は堺の菓子工房に行っていたのだけど、ロードサイドに「めしや」という看板が多いのに気づく。 関東では「めし」という言葉は話し言葉として普通に使われるけれども、看板などに「...

→→→この続きを読む

ハンガリアン・ホットワックスについて情報をいただいた!

2006年8月16日 from 食材

唐辛子のエントリで、写真にある「ハンガリアン・ホットワックス」という品種について書いたら、読者さんから下記のような情報をいただきましたので引用させて頂きます。 どうやら「メチャ辛い」ようだ、、、(汗) 2年前にブタペストに行ったとき, blogに書いてあるハンガリアン・ホットワックスと 似たものを...

→→→この続きを読む

キュウリのピクルスを仕込む

2006年8月16日 from 食材

久しぶりに今年はキュウリのピクルスも漬け込もうと思い、神奈川県三浦市の高梨さんに連絡をした。大根19種食べ比べの時もお世話になった人で、とにかく無数の品種群を作付けするチャレンジ農家さんだ。しかもそれを全て直売で売りさばいてしまうのだからすごい。 「ピクルス用はもう収穫の最後の方なのであまりいい状...

→→→この続きを読む

唐辛子軍団の襲来!

2006年8月16日 from 食材

いつも面白い野菜を多種多様に栽培し、直売で全て売りさばいてしまうという三浦の高梨農場から、唐辛子が大量に届いた。ピクルス用のコルニッションきゅうりをお願いしていたのだけどおまけとしてつけて下さったようだ。これがまた特徴的な美しい唐辛子ばかりなので、思わず激写。 ■ハンガリアン・ホットワックス 本当に...

→→→この続きを読む

3Dトンカツの雄 静岡市「蝶屋」は健在なり! やっぱりこの肉塊はヴィビッドに迫ってくる!

2006年8月11日 from 出張

「3Dトンカツ」というのは僕が勝手につけたネーミングだ。 通常のトンカツは、二次元である。横に広く縦に薄いから2D。しかしトンカツ店の中には、たまに極厚のカツを揚げるところがある。それはもう、二次元ではありえず、三つの方向に肉の辺がせり出し、明らかに三次元の存在をなしているのである。そうした分厚い...

→→→この続きを読む

フルーツの旨さをきちんと識る 大田市場仲卸 健さんのトロピカルフルーツを腹一杯食べる!

2006年8月10日 from 市場人との対話

卸売市場という施設がある。青果物や畜産・水産物などを大量に集荷し、買手に販売するための施設だ。この市場には通常、卸と仲卸という2つの卸売業者が入居している。卸は産地から荷物を集荷し、セリ(競売)などの販売の場にかける立場で、仲卸は卸売業者から商品を買い、量販店や飲食店等の要望する荷姿に小分けし、配達...

→→→この続きを読む

ぬおおおおおおおおおおお 旨すぎるぜ!小野寺美佐子さんが栽培した、香りと味ののった本物のだだちゃ豆!

2006年8月 8日 from 農家との対話

小野寺美佐子さんからだだちゃ豆をおくっていただいた。小野寺さんは山形県の鶴岡市で農業と農家民宿を営む女性で、この世界では有名なひとである。 ■過去ログご参照のこと http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/2005/09/post_620.html 先...

→→→この続きを読む

第二回食材塾にて、やっぱりナス大爆発! 8種のナスを3種類の食べ方でテイスティングしてみました。

2006年8月 7日 from 食材

6日日曜日、食材塾の第二回を行った。食材塾は、野菜のある品目について集中的に理解を高めるため、特徴的な品種を集め食べ比べを行う会だ。先回は大根で実施したが、今回のテーマはナスである。 ここのところ様々なナス品種と出会うこともあり、時期的には最後のチャンスといえるこの時期に実施した。会場となったのは...

→→→この続きを読む

長岡ソウルフード「フレンド」 vs 新潟の魂「みかづき」 甲乙つけがたいが、、、

2006年8月 4日 from 出張

長岡の花火大会の時期なので、長岡駅周辺の宿泊施設はほとんど全てが満杯。で、ジンがとってくれたのが、車で30分ほどかかる日本海側の出雲崎の民宿だ。これが、部屋の窓の外は道を隔ててすぐ海という絶景。田舎のおばちゃんの家に来たような風情で、1週間くらい滞在したくなってしまった。 水着をもって海水浴場に行...

→→→この続きを読む

来たぜ「みかづき」! 噂に違わぬ、下越が誇るソウルフードを大人買いした!

2006年8月 3日 from 出張

長岡に来ている。しかし、一つ前のエントリにあるように、新潟市出身の読者さんからの「長岡のフレンドもいいけど、イタリアンといえばもう一つ『みかづき』にもいってください!」というメールに惹かれ、ジンにお願いして「みかづき」に行ってきたのである! ■みかづき SATY燕三条店内1Fフードコート みよこの新...

→→→この続きを読む

新潟市民が誇るイタリアン「みかづき」に興味アリ。

2006年8月 2日 from 出張

先日の新潟県長岡市の名物、”イタリアン”を出す「フレンド」のエントリは結構色んな人の関心を引いたようだ。「あれは面白かった!」という反応をよくきく。 しかし! 新潟市在住の読者さんからこんな反応があったのだ! いつも楽しくサイトを拝見させていただいております。 7月19日のブログを読ませていただき...

→→→この続きを読む

錦糸町「井のなか」で鮎料理の傑作誕生! やったぜ五十嵐君!!

2006年8月 1日 from 首都圏

錦糸町「井のなか」は今でも予約が取りにくいらしい。居酒屋なのにふらっと寄れないのは残念だが、予約してでも行きたい店になっているのは素晴らしいことだ。 この店の面白いところは、素材や日本料理の調理技法だけではなく、調味料にもきちんと神経を行き渡らせていることだ。例えば右の刺身だが、つけダレの皿を観て欲...

→→→この続きを読む