美味サライのプレミアム短角牛販売で、豪華にも短角牛セットのプレゼント企画がある!

2009年5月29日 from 日本の畜産を考える,食材

美味サライ編集長の尾崎さんから、「ヤマケンブログの読者さんへも伝えてあげて下さい」とのことなので告知。 プレミアム短角牛の焼き肉セットとステーキセットをプレゼントしてしまうと言う! プレゼントじゃなくて買ってもらえばいいのに、と思うけど、大盤振る舞いをしてしまうのがサライの社風なのだろうか。ち...

→→→この続きを読む

大和町の田の草と遊び、そして竹鶴酒造の石川達也杜氏も遊ぶ。そして佳い酒とも出会う!

2009年5月29日 from 日常つれづれ,農家との対話,食材

今回の仕事では、広島から車で小一時間かかる大和町での、とある商品の製造工程を視察した。それについてはしかるべき時期にどかーんと書くけど、とてもとても佳い食品。やっぱり、生産者の心が入っているものには、感情移入してしまう。 大和町は稲作地帯だ。他の商品はあまりない。従ってみるべきものは田ん...

→→→この続きを読む

広島の不思議に素敵なタイ料理屋に出会った 「ぴぃすぅあ」

2009年5月28日 from 出張

これからホテルを出るのでほんのちょっとだけ。広島にいるが、なんとも不思議なタイ料理屋さんでご飯をいただいた。 家族経営で、お父さんがタイの家具などの輸入商。その娘姉妹がサービスと料理を担当しているという店。広島市街地からは車で30分以上かかる立地。でも、出てくる料理は美味しい! 青い未熟パパイヤ...

→→→この続きを読む

日本人が「食べて佳い和牛」プレミアム短角牛を食べるチャンスが二つ! 「美味サライ」で一頭丸買い通販の開催と、そして銀座・ベージュ東京にてプレミアム短角のスペシャル料理が期間限定でお目見えする!

2009年5月26日 from イベント,食材

ちょうどいま、店頭に並んでいる「美味サライ」を手に取った方は居るだろうか。 サライの増刊号で、食のことだけに注力した特別号だ。実はこの編集長の尾崎さんが、昨年度に開催された、藤田千恵子さんの醗酵リンク大会で僕の話を聴いてくれていて、「ぜひあの話を誌面で展開したい」ということになり、少し...

→→→この続きを読む

岩手県のプレミアム短角牛生産地 岩泉に行ってきた! &ふぇちゅいん君、結婚おめでとう!

2009年5月25日 from 出張,日常つれづれ,食材

二戸と並ぶ、短角牛のふるさとである岩泉に、フレンチレストラン「ベージュ東京」のシェフであるジェロームと一緒に遊びに行ってきた。   どの牛にも個性があり、それぞれに美しい。 これは、母牛が子牛に乳をやっているところ。なぜかこういうフォーメーションになる。 ...

→→→この続きを読む

愛媛県松山市最大の待ち合わせスポットであるラフォーレ原宿・松山の閉館を悼みつつ、目抜き通り「大街道」を歩き、愛媛を代表するオーガニック系カフェ「Naturel」を訪問する!

2009年5月22日 from 出張,食材

松山で最もにぎわう界隈、といえば大街道(おおかいどう)周辺だ。夜の繁華街もこの辺りに集まっているが、大街道自体は健全なアーケード街。僕も松山における夕飯はこの辺でお世話になることが多い。 そしてその入り口に、松山を代表する商業施設とい うかビルがある。 なんと「ラフォーレ原宿...

→→→この続きを読む

愛媛の料理はなんつっても甘い! 松山の激甘系ラーメン「瓢太」を食べる!

2009年5月20日 from 出張

まあご存じの方も多いだろうが、愛媛県ではいろいろと「甘い」ものが多い。スイーツのことではない。関東なら塩がきいてる料理が、なぜか砂糖いれすぎのように甘いということがままある。 「やまけんさん、松山で根強いファンがいる『甘~いラーメンを食べましょう!」 と、大洲市役所のプロレスとラーメン好き...

→→→この続きを読む

和歌山に来ています。 名前にやられた「フライヤ」と、柑橘の花の可憐さよ!

2009年5月19日 from 出張

和歌山に来ています。和歌山市からみかんの産地である有田へ、卸売業者の津田君の車で移動。 「なんか食いたい食いたいのある?「丸三」の中華でもいっとく?」 と聞いてくれるが、ラーメンという気分ではない。ガッツリご飯ものが食いたいな、、、 「じゃあ、しばらく前に開拓したすげぇ店に行こう!」 ...

→→→この続きを読む

「宇宙船地球号」で放映された「こめたま」はこういうものです。

2009年5月18日 from 食材

昨晩、「情熱大陸」の裏番組である「素敵な宇宙船地球号」を観た方はいるだろうか。いきなり番組のアドバイザーとして僕が出てきたのを見た人はビックリしただろう。 テレビのたぐいは、NHKしか出ないこととしていたのだけれども、番組制作会社のスタッフの姿勢がとてもよくて、協力することにした。 企画は...

→→→この続きを読む

三宮の餃子専門店「ひょうたん」の、皮がフカフカ肉厚に肉味噌ダレをつけていただくのが旨い! 関西の餃子はレベルが高いらしいのである。

2009年5月13日 from 出張

淡路島に行くのは結構大変で、新神戸で下車した後、地下鉄で三宮に移動、そして長距離バスで淡路島へと渡る。三宮からのバスの発着は30分間隔。夜、時間があれば、自前の冷蔵庫で長期間熟成した肉を炭火焼きステーキにしてくれる「みやす」か、大好きな中華「楽園」にいきたいところだが、時間はそんなに無い。 こうい...

→→→この続きを読む

新幹線内の無線LANは快適! そして山菜三昧の楽しみ

2009年5月12日 from 農家との対話,食材

いま、淡路島に向かう車中。三宮から乗り換えて二時間ほどかかるらしいが、、、乗った新幹線に、社内で使える無線LANがあった! ワイヤレスゲートというサービスを使っているのだが、それでログインできるようなので試してみたらつながった。座席位置によって快適なスピードとはいえないときもあるようだけど、つ...

→→→この続きを読む

島根県は実は超・立派な農業県! 意欲的な生産者さん達に会ってきた! その3

2009年5月11日 from 出張,農家との対話,農村の現実

島根県の反田組の若頭から連絡があって、実は先日書いたごぼうがあと一ヶ月くらいで収穫だそうだ。ので、もしかすると都内でも買えるかもしれない。その際はまたここに書こう。 ちなみに現在の牛蒡はこうなっているようだ。 すでにビニールのトンネルは取りさられ、大きく成長フェーズになっている。素晴...

→→→この続きを読む

島根・出雲といえば、誇り高き乳業メーカー・木次乳業! 佐藤社長と加納さんと、出雲の夜を満喫させていただいた。

2009年5月 8日 from

さて島根の一日目は反田組を訪問したのみでタイムアップ。気持ちよい時間を過ごさせていただいた。そして夜は、、、 木次乳業の佐藤社長にお誘いいただき、飲みである。いやー嬉しい! 木次乳業(きすき乳業、と読む)は、畜産農家の集まりが発展的に乳業メーカーになったという経営体だ。規模的には決し...

→→→この続きを読む

島根県は実は超・立派な農業県! 意欲的な生産者さん達に会ってきた! 異業種からの参入とみせかけ、超正道な有機農業家だった「反田組」の巻

2009年5月 7日 from 出張,農家との対話

島根県で、とある生産者向けの会で講演を依頼された。どうせ島根に行くならば、と前日泊にして、いろいろとご案内をいただくこととなった。最近こういうパターンで、自治体の方にアテンドしてもらって、地域の篤農家さんを廻ることが多く、ありがたい話だ。 やっぱり、いい農家さんという存在をもっとも把握し...

→→→この続きを読む

映画「キング・コーン」は、食に関する告発の新しいカタチか 我々の身体もコーンで出来ている事実を認識するために、観るべきである。

2009年5月 7日 from イベント,首都圏

映画「キング・コーン」がイメージフォーラムシアターで上映されている。「食に関心がある」という人であれば、まず観ておくべき映画だと思う。 朝日新聞をとっている人は、先日この映画評が大きく載り、その紙面に僕のコメントもちょこっと載ったのを読んでいただいたかと思う。あの記事を書いたN沢さんに「やま...

→→→この続きを読む

京都「千ひろ」三度目の楽しみ

2009年5月 6日 from 出張

実は京タンクロの会の前に、昼食を松本大策さんと一緒にいただいた。大策さんにはいろいろとお世話になっているので、ご馳走しないと!ということで、バードコート野島さんに連れて行っていただいた「千ひろ」のお昼をお願いした。 菜花と稚アユの酢味噌で幕開け。 この前菜をみて、酒を...

→→→この続きを読む

京都「南山」にて京タンクロの会発足。 牛肉には「交雑種」というジャンルがある。そこはまだ未分化な世界なのだった。

2009年5月 5日 from 出張,日本の畜産を考える

さて一夜明けて、福山から京都に移動だ。実は、僕も松本大策さんもともに招かれている会があったのだ。それは、短角牛や近江牛を一頭丸ごと仕入れしている、産地ときちんと取り組みをしている京都の焼き肉屋「南山」の楠本社長からの依頼だ。 それは、「京タンクロ」という交雑種の牛肉を世に広めるためのブランド...

→→→この続きを読む

金曜プレステージ「木枯らし紋次郎」を観て  実は紋次郎の大ファンだったりするのである!

2009年5月 3日 from 日常つれづれ

江口洋介が主役を務めるテレビドラマ「木枯らし紋次郎」が放映された。感想はまた述べるとするけど、ドラマの作り自体は非常によかったと思う。なによりもよかったのは、テーマ曲が往年と同じ、上条恒彦の謳う「だれかが風の中で」だったことだ。あのオープニングを聴くだけで、僕の心は紋次郎に夢中になった頃に向かう。 ...

→→→この続きを読む