宮崎県応援エントリを開始する。 香港・シンガポールで最も評価されているミニトマトを生産する河野農園のツッパリが爽快である。強い農業とは高い技術と販売力を併せ持つことを言うのだ。

2011年1月29日 from 出張,農家との対話

宮崎には多種多様な生産者がいる。そりゃあそうだ農業県だからね、しかし他県に比べて際立っているのは、わりと頑固で自分の行く道をしっかりと決めている人たちが多いこと。農協系統出荷をメインにした農家さんが主流な中、他にはできない商品を作り出して自分で販路を切り開く、イケイケな生産者さんもけっこうい...

→→→この続きを読む

新燃岳の噴火で、近隣の農場がどうなっているか。宮崎から写真届く。

2011年1月28日 from 農村の現実

宮崎県内の複数の農業関係者から、同じ写真が送られてきた。撮影したのは、業務用冷凍野菜の大規模生産者の若息子なのだけども、これはすさまじい状況だ、、、 これは砂利道、砂の道、ではない。灰が降り積もることで、中央を表示する白線などがまったく見えない状態の道路だ。 そして田畑にはびっしり灰が降...

→→→この続きを読む

間一髪で東京に帰ってこられた! 宮崎県にて霧島大噴火に驚愕。 天はいったい、宮崎県にどれだけの試練を負わせようとしているんだろう?

2011年1月27日 from 出張

そう、昨日から宮崎だったのだ。朝起きてコンサル先に向かうと、開口一番で「昨晩の揺れ、感じました?」と聴かれる。僕はホテルでぐっすり寝ていたからかまったく感知しなかったけど、どうやら噴火の揺れで窓枠がガタガタとうるさく鳴るくらいの揺れがあったらしい。知らなかったなぁ、と思っていたのだが、、、 昼...

→→→この続きを読む

「日本の農業はもっと強くなれるから、保護は要らない」というのは欺瞞だ。アメリカの農業政策の歴史を観ればよくわかる。

2011年1月27日 from 日常つれづれ,農村の現実

TPPや、企業の農業への新規参入の話の中でよく出てくるのが「日本の農業はもっと強くなれる」というものだ。土地をまとめて規模拡大し、効率的な経営をすれば強くなれる、と。日経などの新聞ではこれまで何度もこうしたことを書いてきているのでそれが真実だと思わされている人もこの国では多いだろう。けれども、そんな...

→→→この続きを読む

切り干し大根といえば、、、

2011年1月26日 from 日常つれづれ,食材

先のエントリの宮崎の切り干し大根ではないけれども。 手前の切り干し大根、ちょっと色味がピンクというか赤みがかっている。これ、つい先日の食生活ジャーナリストの会シンポジウムに足を運んでくれた、神奈川は三浦半島の農家である高梨さんからいただいたものだ。 高梨さんは年間に160種以上の品種を栽培し...

→→→この続きを読む

なんとこのタイミングで宮崎県の霧島山が噴火。何かが宮崎にきているとしか思えない。

2011年1月26日 from 日常つれづれ

ThinkPad用のACアダプターを忘れてきてしまい、大慌てで電気屋さんを回ってもらい、サードパーティー製の互換商品を探すがなかなか見つからず。そしてヤマダ電気にありました、、、さすがの品揃えだぜヤマダ電気。エレコム製品を4980で買った。 ほっと一安心だけど、いつも思うのだけども、ACアダプター...

→→→この続きを読む

結局、日本という国はメディアそうがかりで農業をつぶそうとしているとしか思えない。「日本の農業を強くするから、保護は要らない」ということの欺瞞は、アメリカの農業政策の歴史を観ればよくわかるのだ。

2011年1月26日 from 日常つれづれ,農村の現実

なんだか、いや~な展開である。朝日新聞が本紙やアエラで総がかりの農業改革(改悪だけどね)論やTPP推進の論陣を張っている。どこのメディアもはためには推進・反対の両論を併記することで中立を装っているけれども、最後には「しかし変わっていかねばならない」的な書き方で、さらなる変革を要求することを忘れない。...

→→→この続きを読む

つづき。。。 美しき芋、その名は 「花魁(おいらん)」。

2011年1月25日 from 日常つれづれ,食材

いや美しいお芋です。細身だったこともあるけど、栽培方法もいいのだろう、すんなり早い時間で火が入った。 実を言うと、サツマイモやジャガイモ、クリなどのホクホクしたものはそんなに得意じゃない。こういったでん粉質のものは、でん粉が糖化して甘くなるからだ。けれども、たまに食べるとこんなに美味しいも...

→→→この続きを読む

美しきさつまいも。 千葉県で昔、女性から絶大な人気を得た品種だという。

2011年1月25日 from 日常つれづれ,食材

オーガニック検査員協会(JOIA)の役員でもあり、僕が検査員資格取得のための講座に参加した際に先生となってくださった伊藤さんと、久しぶりにお茶をした。そのとき、お土産にいただいたさつまいも。 非常にこぶりで細長い。こういう形が標準の形質だそうだ。やきいもにすると火が通りやすく、食べやすい形...

→→→この続きを読む

十勝帯広にて「蝦夷鹿サミット」開催! 日本におけるジビエをきちんと考える元年になるか!三大シェフの競演で盛り上がった夜。 その3

2011年1月21日 from イベント,出張

ところで、最初にこの蝦夷鹿サミットの副実行委員である佐々木君を紹介したけれども、このイベントが成立したのは彼が頑張ったから、というわけではなく(笑)、 周りを固める素晴らしき面々がいたからである。実行委員長の杉山さんは、ぼくが仲良くしている幕別町農協の役員だった方(蕎麦打ち名人らしい。今度打って...

→→→この続きを読む

十勝帯広にて「蝦夷鹿サミット」開催! 日本におけるジビエをきちんと考える元年になるか!三大シェフの競演で盛り上がった夜。 その2

2011年1月20日 from イベント,出張

蝦夷鹿サミットで競演する、三人のシェフの顔ぶれ、なかなかすごいでしょう? マッカリーナの菅谷シェフはぼくも初めてお会いする。オーベルジュ・マッカリーナは、考えてみれば地域の食材を積極的に使うフレンチレストランのさきがけだ。真狩村にはまだ行ったことがないけど、札幌にある「モリエール」で食事をした...

→→→この続きを読む

十勝帯広にて「蝦夷鹿サミット」開催! 日本におけるジビエをきちんと考える元年になるか!三大シェフの競演で盛り上がった夜。

2011年1月19日 from イベント,出張

蝦夷鹿サミットというイベントのため、昨日から帯広入りをしている。 ジビエ好きな人ならよーく識っているだろうけれども、鹿にもいろいろあって、都府県の山に生息しているのは本州鹿。そして北海道には蝦夷鹿(えぞしか)がいる。シェフ連中にきくと本州鹿はあっさりめで、夏場でもさっぱり食べられるが、年間...

→→→この続きを読む

君は美味しいウナギのあらいを食べたことがあるか!? 俺は食べた! 九州のウナギの聖地・宮崎にて「うなぎのやまぐち」の驚き絶品あらいに舌鼓を打ちまくった!

2011年1月17日 from 出張

僕は、関東風の蒸したうなぎも好きだけど、同じかそれ以上に蒸さないでばりっと焼いた西日本のウナギの方を好む。なかでも足繁く通う宮崎のウナギは大好きなのだけれども、今回ばかりは未体験ゾーンへの突入だった。驚愕の味、である。 ...

→→→この続きを読む

今週末 1月23日(日) 食生活ジャーナリストの会シンポジウム 「食メディア」にウソはないか!?」開催 僕もパネリストとして出演します。

2011年1月17日 from イベント

僕が所属している食生活ジャーナリストの会(JFJ)で毎年恒例のシンポジウムが今週末に開催されます。まだ残席があるようなので、関心のある方はぜひいらしてくださいませ。 食生活ジャーナリストの会(JFJ) 第20回記念 公開シンポジウムのご案内 「食メディア」にウソはないか!? ...

→→→この続きを読む

「株式会社は農地を購入できないから、新規参入が進まない」ということを言っているやつは信用するな! 農地法専門家からのメールご紹介。

2011年1月13日 from 農村の現実

先日の朝日新聞の記事は、いろんなところで反響を呼んでいるようだ。実は朝日新聞の別の部署の記者さんと話す機会があったのだけど、「あれはちょっと、ねぇ、、、」と眉をひそめておられた。 さてあの記事について、農地法に関する仕事に就く専門家からメールをいただいた。許可をいただき、転載します。ただしこの方の...

→→→この続きを読む

1月8日付け朝日新聞の記事「農業参入なお窮屈」という記事の不思議。正しいことを書いていないゾ。TPP推進派からの圧力で書いたのかもしれないけど、おかしい話だねぇ。

2011年1月13日 from

いやーこの週末、色んな識者と意見交換をしたのだけれども、朝日新聞もおかしな記事を書くね。明らかに間違っていることが多数!記名記事で、和気真也記者と多賀谷克彦記者の名前が書いてあるが、マズイでしょう、この記事。 下記、いろいろ書くけど、明らかに事実と違うことが記事になっている話、は最後に書いてお...

→→→この続きを読む

北海道は十勝が世界に誇るパン屋「満寿屋」で、なんと夢の「白スパの具が二倍入った白スパサンド」をいただいた!夢のようだぜ!

2011年1月11日 from 出張

古くからの読者なら、僕が北海道の帯広が大好きだということをご存じだろう。好きな店がいっぱいあるからだけど、その中でも「こいつは欠かせない」という存在が、帯広インデアンカレーと満寿屋の白スパサンドだ。 特に白スパサンドは、十勝帯広空港の出発ロビーにある売店でも買うことができるので(売り切れて...

→→→この続きを読む

1月8日付け朝日新聞の記事「農業参入なお窮屈」という記事の不思議。正しいことを書いていないゾ。TPP推進派からの圧力で書いたのかもしれないけど、おかしい話だねぇ。

2011年1月11日 from 農業の問題

いやーこの週末、色んな識者と意見交換をしたのだけれども、朝日新聞もおかしな記事を書くね。明らかに間違っていることが多数!記名記事で、和気真也記者と多賀谷克彦記者の名前が書いてあるが、マズイでしょう、この記事。 下記、いろいろ書くけど、明らかに事実と違うことが記事になっている話、は最後に書いてお...

→→→この続きを読む

恥ずかしながら、、、写真のワークショップを開催します。 リコー GR-D、GXRとフラッシュの使いこなし講座 in 銀座RingCube

2011年1月11日 from カメラ

えー リコーさんからご依頼をいただき、写真撮影のワークショップをやることになりました。こういうのは初めてです。緊張しますなー テーマはクリップオンストロボの使い方。デジカメは手にしたけれども、まだ外部フラッシュを使ったことがないと言う方、自然光や室内光だけで撮影した写真に少し限界を感じている方に向...

→→→この続きを読む

やっぱり人生はマジックだ! なぜかコイチと出会った名古屋駅東口地下街「エスカ」のひつまぶし

2011年1月 9日 from 出張

いや、本当に個人的な話だけれども。岐阜での仕事を終え、名古屋に移動して流通関係者にご挨拶。昼食を約束していたのだけれども、先方の都合が悪くなって一人で食べることに。けど、それほど腹も空いてないし、どうすっかなぁ。 名古屋駅周辺の昼食は、本当に悩む。西口のテルミナ地下街の端まで歩いて、喫茶「コン...

→→→この続きを読む

2010年を振り返る 5月の重要エントリはこれ。 口蹄疫はこのあたりから書いていました。

2011年1月 7日 from 日常つれづれ

さて昨年の5月といえば、宮崎県で発生した口蹄疫の被害が拡大した時期だ。 2010年05月17日 第一次産業に逃げ場はないのですよ。宮崎県の口蹄疫発生状況に、言葉が出ない、、、 我々にできることはなんなのだろう。 http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/arc...

→→→この続きを読む

発売中の週刊アスキーに、GXRと28mmF2.5ユニットのレビュー書いてます

2011年1月 7日 from カメラ

読んでますか、週刊アスキー。パソコン雑誌かと思いきや、芸能、グルメ、各種コラムなど総合雑誌並みの内容を誇る週刊誌でんす。 今週はGXRと新しく出た28mmユニットのレビュー。 是非お読みくださいませ。ちなみにこの写真もGXR+50mmF2.5ユニットで撮影。最近、一眼レフを持ち歩く機会が...

→→→この続きを読む

2010年の食い倒れ日記を振り返る その2 2010年3 月の注目エントリはこれだ!

2011年1月 4日 from 日常つれづれ

さて年を越しちゃったけど、振り返りの続きだ。 2010年03月10日 宮崎県のうどんはまず豪快! 西都市「満所茶屋」のゴボウ天うどんのド迫力! そして本部うなぎ屋、ピーマン「ちぐさ」と廻る http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/2010/...

→→→この続きを読む

明けましておめでとうございます

2011年1月 2日 from 日常つれづれ

今年もよろしくお願いいたします。というのが一日遅れてしまいました。今年の正月は徹底的に寝正月。富岡八幡宮でひいたおみくじは「大吉」! でも、1971年生まれの僕は今年前厄なので、気を引き締めてかからねば、、、 ...

→→→この続きを読む