石坂亥士の太鼓と田口ランディと馬賊のラーメン

2003年11月30日 from 首都圏

 僕の親友の石坂亥士(がいし)が、ソロの太鼓パフォーマンスを開催した夜だった。 ■ 11月28日(金)19:00 Dragontone 遥かなる祭禮音風景 於:日暮里 「和音」  亥士と僕は高校の同期生だ。僕の高校は全国でも珍しく、体育の時間に郷土芸能を教える学校だった。和太鼓の躍動感と音に僕たち6...

→→→この続きを読む

代々木上原「カストール」の20周年記念コースは文句なしに凄かった!

2003年11月28日 from 首都圏

 先日来、代々木上原のフレンチ「カストール」の記事には「やまけんもフレンチ食べたりするんだぁ」という反応ばっかりである。そうなのだ僕だってフレンチ大好きなのだ。  で、この店もなんと20周年を迎えたとのことで、スペシャルコースが登場した(残念ながら11月一杯で終了とのこと。間に合って良かったぁ)。こ...

→→→この続きを読む

大阪カレー対決 インデアンvsピッコロに判定が下った

2003年11月26日 from 出張

 すでにご承知の通り、初めてであったその日から、僕は大阪のインデアンカレーの虜である。一口目の甘さと、二口目から火花を口中に散らすがごとくの散弾銃的辛さの対比は、実に最高である。ルーの滑らかさ、牛バラ肉のとろける感覚、ご飯の粒の立ち方、そしてそれを盛りつける山田リーダーの手つきは、僕を魅了してやまな...

→→→この続きを読む

ビカビカに煌めくお品書きに出会った!大阪の中華「福龍園」

2003年11月26日 from 出張

 僕がよく書いていることだが、旨い店のお品書きは例外なく何かの輝きを発している。。「旨いぜ!」という店主の意気込みが、オーラとなって品書きの背後から見えてくるのが、いい店の絶対条件である。そんな店に、また出会った。  今日も大阪出張である。もう、ほとんど旨いものを食べるためだけに出張をしているという...

→→→この続きを読む

北千住の焼肉名店「京城」はスゴイ!

2003年11月24日 from 首都圏

 北千住のバードコートにて、野島さんご夫妻と僕、農家の長島勝美君とで語らいをさせていただいた。その内に野島千寿子さんが「ま、座って飲もうか!」と日本酒を出してくださった。しかも福岡の名門酒造「杜の蔵」の秘蔵酒だ。そこから勢いがついてしまい、4人で叫んだのが 「肉がくいてぇ~!」 だった。そう、昼から...

→→→この続きを読む

築地市場内の店の楽しみ(豊ちゃん、中栄、寿司文)

2003年11月23日 from 首都圏

 大阪にお住まいのバナナさんから、築地市場の旨い店を案内しろというお達しである。わかりました。  日本最大の卸売市場は大田市場なんだが、テレビで出てくるのはいつも築地市場ばかりである。それは水産品については築地がトップだからだ。水産物は絵になるからね。あと、市場に隣接している商店街、いわゆる「場外」...

→→→この続きを読む

これがチキン南蛮のレシピだ!

2003年11月21日 from

 この一つ前のエントリに書いた中でも、チキン南蛮への関心が高いようなので、スペシャルコンテンツとして、レシピを掲載しよう。  これはうちの会社の宮崎出身の女性から教えてもらった、いわば「ジモティーレシピ」なんで、確実である。まあそういう主観を排除しても、非常にノウハウのあるレシピだと思う。甘酢(南蛮...

→→→この続きを読む

宮崎にいくならチキン南蛮と釜揚げうどんを食べよう

2003年11月21日 from 出張

僕は宮崎が大好きだ!大好き!愛してる! 学生時代に農業情報ネットワーク大会というので初めてその地を踏んで以来、こんなにも好きな県はない。静岡とならぶぐらいだろうか。その後出張機会多数で、さんざん食い倒れさせてもらった。特に宮崎市の橘通りの裏側については「地元の人間より知ってますね」と言われたこともあ...

→→→この続きを読む

「希須林:小澤」の中華をいただく

2003年11月19日 from 首都圏

9月某日 中華料理の希須林は有名なのでご存知だろう。希須林は都内中心に数店舗展開をしているが、それぞれにハイクラスなもてなしをすることで人気がある。しかし僕は実は行ったことが無かった。  なぜかといえば、最近はやりの中華店は軒並みヘルシー嗜好(つまり油っぽくなく、素材を活かして味つけがあっさりして...

→→→この続きを読む

蓼科の板橋さん神澤さん宅にて食い倒れる。

2003年11月18日 from 日常つれづれ

以前の記事に紹介した日本酒ライターの神澤さんと板橋さん夫妻の、長野県蓼科のご自宅に招待して頂いた。これがすんごい家なんである。デジカメで撮ろうとしたら50m離れないと全景が入らない横長さなのだ! ちなみに神澤さんは青少年少女向け小説を数作出版しているれっきとした小説家さんなのだが、僕としては日本酒...

→→→この続きを読む

旨い路麺店 新橋東口地下改札前 「日本亭」

2003年11月18日 from 首都圏

牛肉関係の仕事で芝浦へ行く。昼飯をすっ飛ばしてしまったので、2時過ぎに遅いメシを物色する。今夜は親友のしんのすけと飲むので、軽くすませようと、この時点では思っていた。品川駅港南口周辺を見渡すと、新しい路麺屋の看板がみえた。海鮮かき揚げ蕎麦330円生卵サービスというのにグラッとくる。  腹が減っていよ...

→→→この続きを読む

オーガニックフォーラムと毎日新聞ビル地下のカツカレー大盛り

2003年11月17日 from 首都圏

IFOAMジャパンという、世界的に有機農産物の基準を策定する団体の日本支部が主催するオーガニックフォーラム2003という年次報告会に出席した。有機農産物とかオーガニックという言葉はかなり流通しているが、実はJAS法の下、厳密な規定がなされている。この有機という基準はほぼ世界共通のものなのだが、長く...

→→→この続きを読む

ほんとは教えたくないんだぁ 代々木上原「カストール」の珠玉の一品

2003年11月14日 from 首都圏

なんと先日の洋菓子の記事にちょっと書いた、日本におけるガトーショコラの権威である代々木上原「カストール」のシェフである藤野さんから、コメントをいただいてしまった! これはやばいでしょう。手抜きできません。  ということで、今回はこの「カストール」を紹介させていただこう。でもなぁ 本音を言うとあまり...

→→→この続きを読む

石井威望先生とキュービタルな昼メシだった。

2003年11月13日 from 日常つれづれ

石井威望(たけもち)先生に豪勢なランチをご馳走していただいた。  石井先生とは何者か?希代の天才である。Googleに石井威望と入力して検索してみると、すさまじい量の肩書きが出てくるので、余計混乱するかも知れない。国内の技術関連の委員会の座長等を30以上兼任していたような人だ。そして、私の大学時代の...

→→→この続きを読む

どうもです

2003年11月13日 from 日常つれづれ

 洋梨ラフランスの記事を読んで、僕あてに注文や問い合わせをして下さった皆様。スミマセン今年は僕が販売する訳ではないので、直接、尾形果樹園にご連絡ください。匡弘(まさひろ)さんに代わってもらって、ヤマケンのWebをみたと言えば、厚遇してくれると思いますよ。  ところで親友の加賀谷から言われて知ったので...

→→→この続きを読む

最高級のラフランスはここで決まりだ

2003年11月12日 from 出張

ラフランスが美味くなる季節がやってきた。洋梨は、食べ方とくに食べ頃の見極めが難しく、苦手とする人が多いのだが、ピークの時期を見極めて食べると超絶に美味しく、やみつきになる果物だ。ただし、それは「よく栽培されたラフランスであれば」ということになる。何でもいい訳ではない。 そして僕は素晴らしい生産者を...

→→→この続きを読む

たまには甘~く 絶品洋菓子「ペリニィヨン」

2003年11月12日 from 首都圏

僕は通常は甘いものは苦手である。でも、時折無性に甘いものが食べたくなる。ただし和菓子にはそれほど惹かれない。もっぱら洋菓子というかケーキ類である。ちなみにそれほど吟味して食べる訳ではなく、コンビニのシュークリーム程度で十分である。でも、美味い不味いの別はわからないでもない。例えばガトーショコラだっ...

→→→この続きを読む

山形プラザゆとり都にて茸を買う

2003年11月10日 from 首都圏

以前にも「現在東京で一番旨いと思う蕎麦屋」として紹介した出羽香庵が入っているのは、地下鉄虎ノ門駅からすぐのところにある三井ビルの1Fにある「山形プラザゆとり都」だ。ここは、山形県の特産物を直売している、いわば県のアンテナショップだ。 山形の郷土食は、首都圏で余り知られていないと僕は感じている。実は...

→→→この続きを読む

バードコート再訪

2003年11月10日 from 首都圏

以前に竹鶴酒造の石川杜氏に連れられて大満足の一夜をおくった北千住「バードコート」を再訪した。単に食事をするためだけではなく、僕の雑誌連載の企画にご登場願うため、ご挨拶も兼ねている。とはいってもメインは食いしん坊であり、編集者と共に眼を爛々と輝かせながら入店した。奥様でホールご担当の千寿子さんが案内...

→→→この続きを読む

大根大放出

2003年11月10日 from 食材

 会社で、ある小売向け出荷の大根の葉っぱの状態が悪く、返品が20ケースほどあった。1ケースに6~10本入っている。これ、減農薬減化学肥料の美味しい大根である。見栄えを気にしないので有ればまったく問題はありません。  すでに知り合いの店に箱ごとあげることにしてますが、必要な人がいれば無償でおわけします...

→→→この続きを読む

飛天双輪能

2003年11月 8日 from 日常つれづれ

先日も書いた、大倉正之助さんプロデュースの能舞台、飛天双輪能の当日。「招待するからおいでよ。バラシ手伝ってくれればいいから」 ということで、受付はスルー。スタッフシールを貼って客席の隅から能を観る。  ハコは新木場のスタジオコースト。国立能楽堂のような伝統的なたたずまいと違い、ここはオールナイトで皆...

→→→この続きを読む

名古屋にてその2 あんかけスパ「チャオ」

2003年11月 7日 from 出張

みそカツを食べた直後だが、目指すはあんかけスパの「チャオ」。あんかけスパといえば、本記事の「その1」に紹介した「スパゲッティハウス ヨコイ」が元祖だが、このチャオは、そこで修行した人が開いた店で、人気を二分しているという。実は僕はヨコイ一辺倒で、チャオにはいったことがない。今回は「矢場とん」もそうだ...

→→→この続きを読む

島バナナ完熟!

2003年11月 6日 from 食材

 先日写真で紹介した島バナナが完熟を迎えた。一気に皮が弾け、茶色いシュガースポットだらけになる。みためは悪いが、数メートル先からわかる強い香りが、完熟を伝える。こうなったら後は一気に食べてしまわなければならない。  もし、本日8時以降に門前仲町にこられる人がいたら、食べさせてあげますよ。他のバナナが...

→→→この続きを読む

飯島農園でぶどう泥棒がつかまった!

2003年11月 6日 from 首都圏

 なんと仰天のニュースだ。 http://www.asahi.com/special/farmsteal/TKY200311010108.html 大学時代に僕に畑を貸してくださっていた農業の師匠、藤沢市の飯島正博氏のぶどう園に泥棒が入っていたのだが、なんとそれを捕まえたと言うことだ!朝日新聞に写真...

→→→この続きを読む

名古屋にてその1 味噌カツ「矢場とん」と、あんかけスパゲッティ「チャオ」

2003年11月 5日 from 出張

名古屋出張である。名古屋は大好きなのである。名古屋には独特の食文化がある。それは関東とも関西とも違う、やはり「名古屋」としかいいようのない文化が存在するのだ。鰻の焼き方が関西流になる(蒸さないで焼く、アレだ)のがだいたい名古屋からだし、とんかつのソースに味噌が使われるのもやはり名古屋だ。いや、ちょっ...

→→→この続きを読む

予告

2003年11月 5日 from 出張

むふふ。本日は名古屋出張である。 名古屋と言えば、、、という店がいくつもあるのだ。 とりあえず昼食時間に間に合えば、下記を回ろうと思う。夜はそんなにゆっくりしてられないので、昼にかけるのである。こう期待。 チャオ 菱信ビル店のあんかけスパゲティ 住所 : 名古屋市中村区名駅4-8-12 菱信ビルB...

→→→この続きを読む

静岡駅周辺のうまいもん その3

2003年11月 5日 from 出張

 過去に書いた静岡編の一番最初の記事を掲載し忘れていた。SAVAさん、これだけあれば困らないと思いますよ。感想よろしく。 2002年3月22日  たった今、新幹線で静岡に向かっている。本日はあるお茶産地の生産者グループに対して実施しているコンサルの最終報告会である。  静岡には、農業関連の仕事をして...

→→→この続きを読む

島バナナ上京!

2003年11月 4日 from 食材

鹿児島の産地から、島バナナが会社に送られてきた。島バナナをご存じだろうか?通常スーパーに並んでいるバナナより数段旨いと私が思っているバナナ品種である。こんなに立派な枝でお目にかかれるとは、幸福至極というものだ。 ご存じの方には釈迦に説法だが、我々がよく目にするバナナは、キャベンディッシュという品種...

→→→この続きを読む

静岡駅周辺の旨い物 巨大3Dとんかつ「蝶屋」

2003年11月 4日 from

静岡駅周辺の名店を教えてくれと言うSAVAさんへの返答その2。 これは2002年4月5日の手記だ。  本日も朝から新幹線で静岡へ向かっている。静岡とはすっかり縁が深くなった。お茶との付き合いが産んだ人の縁が、仕事として必要とされるという、正の循環となっている。ありがたし。  しかしこれまで書いてきて...

→→→この続きを読む

大倉正之助さんと再会!

2003年11月 3日 from 日常つれづれ

 さて、続きだ。門前仲町の会社で翌日の準備だけして、会社を出た。  ところで僕が人に誇れることと言えば、まずは食欲だ。その他にはそうそう自慢できることはないのだが、ことこれだけはというのがもう一つだけある。それは出会う力だ。32年の短い人生の中で、どうしても偶然とは思えない出会いや再会が多々あった。...

→→→この続きを読む

文化放送「収穫祭」で酔っ払う。

2003年11月 3日 from 日常つれづれ

フランス語の先生である舞子クンから、「秋刀魚一匹100円で炭火焼きして、大分のカボスをかけて食べられるイベントあるよ!」という魅惑的なお誘いを受けた。ラジオ局の文化放送が「収穫祭」と銘打って神宮外苑で開催するイベントだ。なんでも各地の農協や特産物の出店がやたらと出るらしい。それは行かねばと、某HP社...

→→→この続きを読む

静岡駅周辺の旨いもん 「堪三」

2003年11月 3日 from 出張

 SAVAさんからリクエストがあったので、静岡駅周辺の旨い店をお教えしよう。ちなみにSAVAさんは、高知県出身のカメラウーマンでありアーティストであり、よくわからない楽しいねーちゃんである。  静岡県は、お茶の仕事や畜産関連でいきまくっているので、知っている店は多い。ただしその多くは山の中だったりす...

→→→この続きを読む

山形県のブドウは買いである

2003年11月 2日 from 食材

山形の超優良農家から、葡萄が送られてきた。彼は山形県北部のとある地域で有名な農家の息子だ。ブドウよりもラ・フランス農家として名高く、僕も少々だが売らせてもらったのだ。彼の家は新宿に本拠のある某高級フルーツショップに独占的に納めている関係があって、彼の名前をおおっぴらに出すことはできない。従ってゲリ...

→→→この続きを読む