ニコンの超広角単焦点レンズ AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED 試用はじめました。 単焦点のキレよし、ただし歪みを補正する必要あり。

2015年1月30日 from カメラ

全国の産地を廻っていると、どかーーんと広い草原や海に面した美しい畑など、その広い眺望を一枚に収めたい衝動にかられるときがある。そういう場合に、広角端24mmまたは28mm程度までの標準ズームレンズだと、ちょっと不足を感じることもある。そういう場合は、24mmより短い焦点距離の超望遠域のレンズ...

→→→この続きを読む

京橋の東京スクエアガーデン「ぶーみんvinum」で土曜日ランチだけ供されるハンバーガーを食べつつ、きちんとしたハンバーガーと100円台のハンバーガーの違いについて考えた。

2015年1月29日 from 首都圏

D800 90mm f10 ストロボ3灯使用 ハンバーガーという食べ物は、「肉をパンで挟んで食べるもの」という感じの雑ぱくなものと、きっちり全ての具材をデザインして、「頬張って口の中で混ざり合うことで完成する、口中調理をするたべもの」とに分かれるのだという。そう教えてくれたのは、東京は京橋...

→→→この続きを読む

一般向け赤肉サミット情報解禁!、実はもうそろそろ満席に近い! 今週号の東京都内の地下鉄フリーペーパー「MetroMinu」ご覧の皆様で埋まっちゃいそう、来たい人はお早めに

2015年1月27日 from イベント

えー、実は今年度の赤肉サミットは、料理人・流通業者向けとは別に、料理研究家さん向け、そして一般向けの三つのイベントで構成されてます。 三つ目の一般向けイベントはいつやるの?ってことなんですが、、、2月5(木)、6(金)、7(土)の3日間ぶち抜きで、恵比寿のレストランを貸し切りで開催します。 ...

→→→この続きを読む

若手シェフ向け赤肉セミナー用の、特別なドライエイジドビーフが到着!オージービーフの100%パスチャー(牧草)フェッドを、大阪のフェリアが熟成したもの。役得で味見してしまったがバツグンの美味しさ!

2015年1月27日 from イベント,ドライエージングビーフ

撮影:dp2Qattoro 大阪の中央市場内で各種肉を熟成する専門業者であるFeria(フェリア)の渡邊さんより、先日ここでも告知した若手シェフむけ赤肉セミナーで使用する熟成肉のサンプルが届いた。 ■フェリアはこういうところ↓ http://www.yamaken.org/mt/ku...

→→→この続きを読む

プロ向け赤肉サミット終了! 高良シェフ、服部学園、出品者そして参加者のみなさまに感謝!

2015年1月24日 from イベント,日本の畜産を考える

おかげさまで、23日(金)に開催した第五回赤肉サミットは、大盛況のうちに幕を閉じました。関わっていただいた皆様に心より感謝いたします。ありがとうございました! 朝8時に会場となる代々木の服部学園に入ると、間もなく高良シェフ率いるレカン軍団がドドドッと8人もご来場!この日のために服部学園の先生・アシ...

→→→この続きを読む

いよいよ明日、第5回赤肉サミット開催! 6品種の赤身牛肉を吊るし熟成とドライエージング熟成の2パターンで食べ比べる。熟成はJDBP認定業者であるマルヨシ商事!焼き手の高良シェフも万全!

2015年1月22日 from イベント

ということで、いよいよ明日、代々木の服部学園にて第5回赤肉サミットを開催します。ここんとこ、この準備で追われてキツイ~! 今回のサミットでは、既報のとおり6品種の牛肉のロースを、半身は吊るし熟成、もう半身はドライエージングという二つの方式で熟成させたのを食べ比べます。6種×2方式=12種類...

→→→この続きを読む

【完全版アップ】茨城県鉾田市 村田農園さんの絶品イチゴ!やっぱりイチゴはこの味わいでなければね!

2015年1月20日 from 食材

これから日帰り京都なので、新幹線の中で味のこと書きま〜す! ということでいま新幹線内。昨日届いたのを早速撮影して、大量にあるので毎食ごとにいただいております。 茨城でセブンイレブンの大ヒットパン商品を製造しつづける鳥山さんから「あのさ、すっげー旨いイチゴがあるからさ、食べてよ!」といつもながら...

→→→この続きを読む

宮崎の大根やぐらの風景その2 続きをクリックすると大きな画像で出てきます。

2015年1月19日 from 出張

ということで、宮崎で、早朝から撮りまくった大根やぐらのシーンをご覧あれ。 ...

→→→この続きを読む

若手料理人向け赤身肉ドライエージングビーフ肉焼きセミナー2月25日(水)開催!特別に空輸したオーストラリアはタスマニアの牧草肥育アンガス牛をドライエージングした肉を、カルネヤ高山シェフが焼きます。修行中の料理人さんや開業したてのシェフ、おいでませ!

2015年1月19日 from ドライエージングビーフ

ということで、若手料理人さん向けのセミナー、なんと無料!を開催します。 赤身肉ブームであり、またドライエージングブームでもある昨今ですが、若手料理人が食べ歩いたり、技術を習得するのは、時間もないしなかなか難しいでしょう。また、正しいエージングとはなにか?ということもまだハッキリ決まっていないわ...

→→→この続きを読む

おめでとうございました! 前田牧場、杉本食肉産業、丸菱は日本ドライエージングビーフ普及協会が正式認定する「ちゃんとエージングできる業者さん」となりました。審査発表会&交流会inカルネヤサノマンズ 三社のDABの美味しかったこと!

2015年1月14日 from ドライエージングビーフ

「きちんとしたドライエージングビーフを製造できる熟成業者さんですよ」 とお薦めできる人たちが、三社増えた。喜ばしいことです! 僕も委員を務めるドライエージングビーフ普及協会では、まだドライエージングビーフに関する基準等も整理されていない状況ではある中で、手探りをしながら一年に一度、認定審査を...

→→→この続きを読む

今夜は最高!久しぶりに地方で予期せぬ旨い店との出会いアリ!島根県は出雲の飲み屋街にて、驚愕のそば・うどん店に行き当たって、心が震える思いがした!

2015年1月 8日 from 出張

いやああああああ こんな体験久しぶりだ! 今日は朝から出雲に入っていた。明日、講演をすることになっているのだが、せっかくだから前のりして、産地をいろいろ見て欲しいといって下さり、気心も知れた県庁Y氏の手引きで産地を廻った。早めの昼は蕎麦で、いつものごとく僕は釜揚げ蕎麦、割り子そば(一段だけ)、そし...

→→→この続きを読む

フランスが誇るシャロレー牛の本当の美味しさを識る旅! その8 フランスではこんなに真っ赤っかな肉が歓迎されるのだ! 地方品種であるパルトネーズ種の味わいは実に淡麗、あっさり、こういう愉しみ方が許容されるのが、フランスの懐の深さだと感じ入ったのであった!

2015年1月 6日 from 出張

さて、いよいよパルトネーズ牛がどのように肉になって、料理されているのかを識るときが来た。案内されたのはSVEP(スヴェップと呼ばれていたが、ちょっと違うかもしれない)という、食肉のと畜から加工、販売まで行う企業だ。 ...

→→→この続きを読む

発売中の週刊アスキー テストレポートでオリンパスの激烈スバラシ超望遠ズーム 40-150mmf2.8 のレビュー始まりました!

2015年1月 6日 from カメラ

撮影:平原克彦さん ということで、週アスの今週号から3週にわたって、テストレポートお届けします。 なぜか掲載誌、まだ僕の手元に届いてませんが、、、 このレンズは本当にすごい。この春に出ると噂されているE-M5の後継機種と、プロ用レンズである12-40mmf2.8、そして本レ...

→→→この続きを読む

フランスが誇るシャロレー牛の本当の美味しさを識る旅! その7 えっ これ土佐あかうしじゃないの!?とビックリしてしまうほど似てるパルトネーゼ種との出会い!ホントのことは観てみないとわからないネ!

2015年1月 5日 from 出張,日本の畜産を考える

時間が空いてしまいましたが再開! さてフランスには20種以上の肉牛の地方品種がいるのだけれども、そのうちのひとつがパルトネーゼ種。日本語でこれについて書かれているものって観たことがない。けど、このパルトネーゼ牛がフランスでどんな位置づけにあるか、そのストーリーを聴いたら、きっと日本の肉牛関係者...

→→→この続きを読む