「安全な食べ物は安くはなりません」続編。

2004年2月29日 from 日常つれづれ

 先回、表題の件について思いのたけを兄弟blogである「俺と畑とインターネット」に書いたところ、オンライン・オフライン・メールその他で意外な共感の声をいただいた。あれからしばらくたって、いま、鳥インフルエンザなどの新たな脅威が出現しまくっている。食の危機は加速中である。  ので、ちょっと書いてみまし...

→→→この続きを読む

いやぁ いい夜だった! & なんばん最終本数

2004年2月27日 from 日常つれづれ

 本日、前の会社の上司と飲みに寿司 匠に行った。引き戸を開けると、カウンター手前には、助っ人板前の清ちゃんが客として食べに来ていて、奥の座敷には先日紹介した雑誌「やさい畑」の編集部の皆様が居て、そして、、、カウンターの端に、若夫婦らしきお二人が。人なつっこい感じの男性の方が、僕をみてニコニコしている...

→→→この続きを読む

東京・森下の石釜ピッツァ 「ベッラナポリ」なんだが、、、うーむ

2004年2月27日 from

 都営新宿線もしくは大江戸線の森下駅の交差点を南に100Mほど歩いた商店街「のらくロード」のならびにある石釜ピッツァの有名店だ。いろんな料理雑誌に掲載されているので説明も要らないだろう。ピッツァ職人が目の前で焼いてくれる、非常に臨場感溢れる店だ。  ここにくるのは3回目なのだが、、、過去2回しか食べ...

→→→この続きを読む

山形「なんばんの粕漬け」明日で締め切りますよぉ

2004年2月26日 from 食材

 なんばん粕漬けの共同購入、なんと今のところ、40本オーバーです。 皆さんコメントやメールで「そんなに辛いなら」というので、本当に誰が食べても辛いと思える水準だろうか、と毎日食べているのですが、 やっぱり辛い! ので、ご安心ください。きっとお気にいると思います。もしイメージと違ってても勘弁してネ! ...

→→→この続きを読む

トレーサビリティにご関心の方は

2004年2月26日 from 日常つれづれ

「俺と畑とインターネット」の方で詳細告知をしますが、今年度の農林水産省トレーサビリティシステム実証実験事業の報告会が開催されます。参加費無料で、だれでも申し込める(ただし予約制)ようなので、ご関心の方は是非ご覧下さい。 http://www.yamaken.org/mt/oreto/  珍しく仕事...

→→→この続きを読む

有楽町ロメスパ「ジャポネ」のヘルシー激辛には気をつけろ!

2004年2月26日 from 首都圏

 ジャポネで、「ヘルシーの激辛、横綱」という、極めて健康を損ねそうな一品を食べてきた。事の発端は僕のジャポネの過去ログを観て欲しいのだが、ナポをたべる僕の横に座った人が 「ヘルシーの大盛り、激辛!」というわけのわからないオーダーをとっていたのだ!むちゃくちゃ おもろいなぁ 何がヘルシーなんだろうと言...

→→→この続きを読む

魚が旨い! ビバ和歌山の活魚料理 「たか屋」

2004年2月26日 from 出張

 和歌山は山海の幸すべてが旨いのだが、やはり魚とくに白身の魚は絶品の旨さである。味が全体的に上品でほの甘く、風味が濃い。香を楽しめる魚なんてそうないだろう。その代表格として思うのは実は太刀魚だ。僕のお袋は愛媛出身なので、よく埼玉の実家では太刀魚の塩焼きが食卓に上がったが、実は関東では最近まではマイナ...

→→→この続きを読む

川崎は実はペルーだった!? インカの至宝「インティライミ」再訪

2004年2月23日 from 首都圏

 いや、怒涛の夜であった。JASの最終便で帯広に行くはずだったのだ。しかし空港で1時間待たされた後、大雪のため欠航ということになってしまったのである。JA幕別の岡坂さんが夜、飲みに連れて行ってくださるはずだったのに、、、もしかするとこれがいったん最後の帯広の夜になるかもしれなかったのに、、、  と、...

→→→この続きを読む

宇都宮餃子の正道を観た! 「正嗣(まさし)」

2004年2月22日 from 出張

 朝九時の山形新幹線で、宇都宮に向かう。と言っても、東京から40分くらいで着いてしまうので、居眠りをする間もない。このように首都圏に近いところに出張というのは、本来的には避けるところなのだが、実は僕は宇都宮には降り立ったことがないのだ。今回は、栃木県の生産者団体さんが僕を講演で呼んでくださったので、...

→→→この続きを読む

名古屋の駅弁 「ひつまぶし弁当」はなかなかのものである。

2004年2月22日 from 出張

 岐阜出張である。11時過ぎに新幹線で出たため、昼飯の時間を車中で過ごし、1時過ぎに名古屋駅に着く。乗り換え時間が10分しかないので、矢場とんのみそカツを食べに行くわけにも行かない。喫茶コンパルの海老フライサンドも時間がかかるので無理だなぁ 断腸の思いである。  仕方なく駅弁売り場をみる。みそカツ弁...

→→→この続きを読む

一番好きな和歌山ラーメン「丸三」が改築しておった。

2004年2月20日 from 出張

 和歌山ラーメン(地元の人はラーメンといわず「中華」と言うが)で、今のところ一番好きなのは「丸三」である。以前にもこの日記で記事化したが、出張の際にしばらくぶりに連れて行って貰ったら、いつのまにか改築されていてビックリ。 店の人には悪いが、はっきり言って不味そうなドライブインという風情である。でもま...

→→→この続きを読む

「なんばんの粕漬け」大ブレイクにつき

2004年2月19日 from 食材

PgNo=4; いやビックリした。山形県で買ってきたなんばんの粕漬けがあまりに旨かったので、取り寄せるということを書いたら、予想外に「私の分も買って!」という打診をいただいている。コメントに書いてくれるのもあればメールでご連絡もあったりで、今回は20本取り寄せることになりそうである。  これを受け...

→→→この続きを読む

一応宣伝をしておこう。僕が最も旨いと思うトマトを。

2004年2月19日 from 食材

 販売数量が非常にすくないので、実は宣伝を差し控えていたのだが。  数年前からBIGLOBEのグルメカテゴリで、商材を提供している。僕の顔が出ての販売なので気恥ずかしいのだが、、、 ■BIGLOBEグルメ 旨極の青果物  旨極は「うまきょく」と読みます。完全に造語です。週間50ケースしか分けてもらえ...

→→→この続きを読む

山形のおばちゃんが作った旨いもんみつけた

2004年2月18日 from 出張

 山形出張の際に、農家グループによる加工食品の直売イベントが面白いと、山形が誇る美人農業改良普及員である高橋さんと一戸さんに連れて行ってもらった。これが本当に面白かった!観たことも聴いたことも無いような名前の山菜の乾物などが、ところ狭しと並んでいる。そしてそれを売るおばちゃんたちが、またパワフルでよ...

→→→この続きを読む

蓮沼 「インディアンカレー」本店はやはりすごい店だった

2004年2月16日 from 首都圏

 この日記でもレビューしているが、蒲田近辺に隆盛を誇る「インディアン」という店がある。なんだか混乱しそうだが、大阪「インデアン」や帯広「インデアン」とは違い、「インディアン」である。供するモノも違う。ラーメンとカレーなのである。この店でそのどちらか片方だけを食べる人というのは、まずいない。ラーメンと...

→→→この続きを読む

新連載開始! 「やさい畑」でトマト大特集

2004年2月15日 from 日常つれづれ

 2月16日、とうとう発売日を迎えるので、大いに宣伝させていただこう。  新しい連載を開始する。 雑誌名「やさい畑」 家の光協会 刊 定価 880円  やさい畑ネットでも情報を配信している。  この雑誌、家庭菜園家向けのバイブルといえる雑誌だ。ベランダ菜園がお好きな方はぜひお買い求めいただきたい。ち...

→→→この続きを読む

山形vs福井 名物対決~赤カブの巻

2004年2月14日 from 食材

 今月は出張月間なわけだが、その先々で様々な郷土食材を味わう機会に恵まれることになる。北海道帯広と札幌、そして遠く東京にて鱈の白子をいただいたのは先日だが、野菜でとなると中々興味深い。そして、今回ちょっと採り上げたいテーマが見つかってしまった。それは、山形県と福井県の双方で名物になっている「赤蕪(か...

→→→この続きを読む

越前の国はソースカツ丼の聖地であった!

2004年2月12日 from 出張

 フレンチで程よいお腹になったところで、福井名物ソースカツ丼を食べに行くのであった。さて福井県のソースカツ丼を語る上で欠かせない存在があるという。その名を「ヨーロッパ軒」というらしい。正体は洋食屋で、福井県内に10店舗前後の支店を出している。普及員の前川さん曰く 「もう小さい頃から食べ慣れているカツ...

→→→この続きを読む

越前の国探訪その1 ~福井市フレンチ「サレポア」

2004年2月11日 from 出張

 和歌山から福井へ移動する。和歌山駅構内の立ち食いそば屋にて朝食をとる。関西のうどんに不味いモノ無しと思っていたのだが、薄いプラスチック製のドンブリに伸びたゆで麺、冷たいエビ天で温度は低く、絶好の不味さだった。おまけにおばはんの髪の毛が一本入っていたが、面倒で文句も言わずにおいた。  サンダーバード...

→→→この続きを読む

やばい!体脂肪率が、、、

2004年2月 8日 from 日常つれづれ

 うーむ いかん!  山形遊行編の途中だが、、、本日ジムでフィットネススコアを調べたところ体脂肪率が18→20に増えていた! まあそりゃそうだ。あんなに食べたからなぁ、、、先週は月・火が帯広、木・金が山形。そして明日から和歌山そして福井という2連戦である。 3月に入り出張が終るころ、僕の身体がどうな...

→→→この続きを読む

山形遊行編その2 幻の蕎麦を幻の達人の手で打っていただいた!「蕎麦打ち虎の穴」の巻

2004年2月 8日 from 出張

2月11日改定:「でわかおり」→ひらがなで「でわかおり」が正解でした。  出張二日目のメインイベントは何かというと、なんと蕎麦打ち体験である!これは、この2日目に講演で僕を招聘してくれた農業改良普及員である芳賀さん、一戸さんが企画してくださったものだ。お二人とも、上京時に僕の行きつけの焼き鳥&釜飯屋...

→→→この続きを読む

山形蕎麦の時代がきっとやってくる! 山形遊行編その1 山形スタンダード「庄司屋」

2004年2月 7日 from 出張

 ずーっと心待ちにしつづけてきた山形出張の日である。しかも2日連続講演、従って宿泊である。仕組んだわけではない。農業改良普及所の講演を受託した翌日に、こんどは県の方から農業者向けの講演依頼をいただいたのだ。どうせなら日程を連日にしてしまおうということなのである。  しかも今回、改良普及所も県の方も、...

→→→この続きを読む

和歌山が世界に誇る発酵食品 「なれ寿司」7種を食べ比べた県外人は俺ぐらいだろう。

2004年2月 5日 from 食材

 和歌山ラーメンには付き物の「早寿司」。これは、鯖(さば)の切り身を一口大の押し寿司にしたもので、和歌山のラーメン屋さんにはこれが山と積まれていて、客が会計時に食べた個数自己申告するという、おおらかなスタイルになっている。  さてこの早寿司、何が「早い」のだろうか。名前には意味がある。早いの反対には...

→→→この続きを読む

「うすいえんどう」を知ってますか

2004年2月 4日 from 食材

 出張の合間に料理をする。そうでないと気が狂う。 さて関西の人には表題のような質問をしても「何いうてんの」と笑われるだけだろう。けど、関東の人はおそらくこの名前をほとんど知らないのではないか。 「うすいえんどう」 もちろんえんどう豆の一種だ。さやごと食べる鞘豆とは違い、グリーンピースのように肥大した...

→→→この続きを読む

ジビエの快楽に酔いしれる その2 「カストール」

2004年2月 2日 from 首都圏

 さて、この季節に絶対に一度は訪れ、鴨を食べる店があるということは以前にも書いた。代々木上原の「カストール」である。いつも藤野シェフに鴨が入手できたかどうか、そして熟成度合いが一番よくなるのはいつ頃かということを伺って、ベストタイミングを見極めて食事に行くのだ。  今年は鳥インフルエンザの影響もあっ...

→→→この続きを読む

ジビエの快楽に酔いしれる その1 三浦・横須賀の地域密着凄腕フレンチ 「シエラザード」

2004年2月 1日 from 出張

 出張の合間だが、毎年の儀式を行う。それはこの時期最高に美味しくなるジビエの賞味だ。ジビエでは鴨が一番好きなのだが、鹿も好き。ウズラも癖があると言うけど好き。ウサギ大好き。とにかく冬のジビエと赤ワインは、毎年の儀式だ。野生のパワーをいただくことで、自分の内なる魂に活を入れるという感じなのだ。その際に...

→→→この続きを読む