オイラ疲れました

2005年7月29日 from 日常つれづれ

ただいま帰還。 鹿角から、前にも訪ねた養豚経営の最先端事例に大刺激を受けつつ、盛岡に出て冷麺をすすって新幹線で帰ってきました。 書きたいことは山ほどあるんですが、頭の奥の鈍痛がとりされず、、、今週末もほぼゆっくりできない状態なので、写真付き更新はしばらくお待ちを。あー 貯まりまくってますよ、エントリ...

→→→この続きを読む

ただいま講演終了

2005年7月28日 from 出張

講演終わりました。 秋田に移動する時間が余裕あるのでインターネット喫茶にて接続環境を得ました。 地方都市で重宝するのがインターネット喫茶ですね。本当にありがたい限りです。 昨晩は頭と喉が痛かったけど、津軽三味線を聴かせてくれるお店に連れて行っていただいて、久しぶりに津軽民謡を堪能しました。津軽はいい...

→→→この続きを読む

青森にて

2005年7月28日 from 出張

今、青森にいます。 連戦が続いたせいか体調を崩しました、、、熱が出て喉が腫れてきています。本日も講演なんだけどね、、、 しかも電波状態悪く繋がる時が少ない。 更新、お待ち下さい。 本日夜は秋田に回ります。...

→→→この続きを読む

本日は滋賀県

2005年7月26日 from 出張

大津に来ています。 台風はまだゆっくり移動しているようで小康状態ですが、帰京予定の19時あたりどんなことになるのか戦々恐々。 そして明日の夜は青森出張、、、うーむ 台風と共に北に向かうルートだ、、、 どうなるのであろうか余談を許さない状況だが、本日しっかりと、日本を代表する発酵食品であるフナ寿司を堪...

→→→この続きを読む

もう一つのインデアン伝説 帯広インデアンカレーはやはりオリジナルで旨いのであった。

2005年7月25日 from 出張

昨晩タップリ肉を食いすぎたせいか、朝になっても目が覚めない。眠い、、、シャワーを浴び、昨日の話を反芻する。JA幕別町との今年の取り組みは面白いことになりそうだ。今までよりググッと深い付き合いになり、同JAの誇る絶品農産物を世に問うお手伝いができそうだ。ムズムズしてきた。このブログでも連動企画としてや...

→→→この続きを読む

うおっ 気付かない内に3年目突入してた!

2005年7月23日 from 日常つれづれ

そろそろだったかなぁと思って一番最初のエントリをみてビックリ、いつの間にかこの食い倒れ日記も3年目に突入してました。ていうか、7月8日ですね、公式な初エントリは。 ■2003年7月のエントリ http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/2003_07.ht...

→→→この続きを読む

金ちゃんの店 吟寿司再訪 牛トロ寿司の新天地に驚愕&旨い! そして牛トロの秘密が明かされた、、、(その2

2005年7月22日 from 出張

(その1から続く) さてこの金ちゃんの吟寿司を吟寿司たらしめているのは、何と言っても牛トロ寿司と牛トロ巻きである! 霜降り牛肉をネタに握る寿司は全国色んなところで目にする。けれども基本的に美味しいと思ったことはない。魚とは脂の融点が違うので、口の中でベッタリと蝋(ろう)が残ってしまうような感じがして...

→→→この続きを読む

のわっ! 新宿伊勢丹に、琉球料理の山本彩香さんがいらっしゃる!

2005年7月21日 from 首都圏

この夏は沖縄には行けなさそうだなぁと残念がっていたらスゴイ情報が! 僕が再三涙を流していただいている、琉球料理の山本彩香さんが、伊勢丹の物産展にいらっしゃるという! ■新宿伊勢丹 沖縄フェアのWeb http://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/store/shinjyuku/e...

→→→この続きを読む

金ちゃんの店 吟寿司再訪 牛トロ寿司の新天地に驚愕&旨い! そして牛トロの秘密が明かされた、、、(その1)

2005年7月21日 from 出張

帯広関連の過去ログの中でも、異色の存在が「吟寿司」である。 「ヤマケンお前、帯広の寿司は日本一旨いんだぞ!」 というノムさんの声に疑問を感じつつ入ったその店で、店主の金ちゃんが握る牛トロ寿司に完璧にノックアウトされたのである! ■豊饒の大地・北海道帯広編その3 仰天の牛トロ寿司は帯広にあり http...

→→→この続きを読む

帯広に来たら焼き肉を食え! 絶品トロトロ熟成肉を腹一杯堪能! 「羅山」

2005年7月20日 from 出張

時間がないので、本文の後半は後ほど加筆します。 豚スタ・牛スタを食って眠くなりながら打ち合わせを終わり、JA幕別御用達の温泉ホテル「パコ」にチェックイン。2時間後に迎えに来てくれて夜の部である。通常ならここでどこかの豚丼でも食べてしまうところなのだが、本日はおそらくかなりの質量作戦に出てくるであろう...

→→→この続きを読む

狂乱怒濤の北海道は、豚スタ・牛スタから幕を開けたのであった!

2005年7月19日 from 出張

さて北海道である。 今回の出張は、まずはJA幕別町での商談だ。JA幕別町といえば、十勝の帯広で、長いもと大根、レタスについては有名な産地だ。そして、僕の食い倒れ日記を昨年から読んでいる人であれば、あまたある豚丼関連のエントリが、このJA幕別町の岡さんとノムさんというお二人による導きで実現していること...

→→→この続きを読む

糖度19度の極々早生みかんの衝撃を受けた!

2005年7月18日 from 食材

息子との毎日のふれあい(?)を描くブログ「父親的生活」の津田君から極々早生みかんというか、ハウスみかんが届いた。彼は和歌山の有名スーパー向けの青果物の仕事をしている、超大手の専務である。と同時に、和歌山の有力なみかん生産者をまとめ「みかんの会」という生産者組織の長でもある。僕と同じ年代なのになかなか...

→→→この続きを読む

暑いところの魚は旨いじゃないか! 宮崎焼酎の里・日南は油津で凄まじい魚介をイヤと言うほど食い倒れた!

2005年7月17日 from 出張

このブログには何回も書いているとおり、宮崎の日南にある焼酎メーカである京屋酒造とは長くお付き合いをさせていただいている。商品の販売可能本数を登録するだけで月間500万円以上をたたき出すに至った、同社のWebサイト立ち上げに関わってから、社長の渡邊さんは僕が宮崎に入ると必ず厚くもてなして下さるのだ。 ...

→→→この続きを読む

前略 富良野より

2005年7月16日 from 出張

やまけんです。 富良野にいます、、、電波が入らないところが多いので全然みられなかったのですが、予想通りの展開ですな、、、心配してメールや電話くれた方も居るほどなので、覚悟はしていましたが、、、 まあしかし、本当にこの件はこれで終了にしておきませんか。あ、ちなみに八島の店主さんは、調理をご担当の中国か...

→→→この続きを読む

うーむ

2005年7月14日 from 日常つれづれ

 やはり深夜に書くとダメですね、議論がつきないことを書いてしまう。一晩寝かすべきネタでしたので、ひとつエントリ掲載を取り下げます。  bullさん、ミネルヴァさんコメントありがとうございました。...

→→→この続きを読む

八島のエントリの追記。

2005年7月14日 from 出張

ラオタ(ラーメンオタク)さん達が集結する、茅場町の支那そば名店「八島」のエントリで、「チャーハンを頼むことができなかったり、お酒を頼まないと食べられないメニューだと言われたりした」という指摘がありました。 以下、店主さんに確認をとりました。以下、許可を得て掲載しておきます。 ============...

→→→この続きを読む

来たぜシンコの季節だ!

2005年7月13日 from 首都圏

インデアンカレーの奥内さんが上京するというので、これは東京の旨いものを食べさせなくてはと思い、寿司所 匠~晴弘~オーパというゴールデン門仲フルコースにお連れした。 匠のカウンターに座ったら、隣の若いカップルが僕の本を観て来たという人たちだった。なんと驚いたことに、ブログを読んでから本を買ったのではな...

→→→この続きを読む

うなぎファンは宮崎を詣でるべきではないだろうか。 宮崎県西都市「入船」の炭火焼きうなぎは悶死するしかない!

2005年7月13日 from 出張

 金曜日の夜の講演は、農業者さんが80人くらいあつまり、2時間にわたる僕の講演をほとんど寝ずに聴いてくれた。なかなかに充実した夜だったのである。  さて、このWebでは何度も書いていると思うが、僕はうなぎについては断然、関西風が好きである。関東風はうなぎを白焼きにした後、蒸して脂を落とし、その後にタ...

→→→この続きを読む

元祖レタス巻き 「一平」を再訪した!

2005年7月11日 from 出張

金曜日は、宮崎出張だった。西都市の農業者さん達に、今後の農業と主にマーケティングの話をするのである。空港につくと、雨は降っていないものの、少しムアッとした空気が流れていた。 「アニキ!ようこそ!」 と、農協職員で弟分の沼口君が迎えに来てくれている。先日宮崎マンゴーのエントリでも出てきた、196センチ...

→→→この続きを読む

日経MJ紙の俺の顔が!

2005年7月 8日 from 日常つれづれ

宮崎に来ています。一平寿司でレタス巻きを10本くらい食べました、、、 行きがけのキヨスクで日経MJを2部買い求める。京急線に載ってから紙面を開くと、、、 おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお? 俺ってこんなに顔でかかったっけ?????????? ※友人加賀谷のブログ画像より なんだよー...

→→→この続きを読む

農業への就職希望者の皆さんへ 「就農塾」を始めます。

2005年7月 8日 from 日常つれづれ

 先日告知しましたが、 農業分野への就職を考える20~40歳くらいの方々に、基本的に必要となる座学と実習の場を提供する「就農塾」を8月から開講します。 ■就農塾 http://www.shunoujuku.jp 上記Webの講師陣を観て頂ければお分かりの通り、実はこのブログでもお馴染みの農業生産者・...

→→→この続きを読む

こんな店がこんなところにあったのかぁ 築地 「うまいもん屋」は絶妙な魚空間だった!(後編)

2005年7月 8日 from 首都圏

(前編から続く) さて味のある女将が持ってきたしゃぶしゃぶ鍋に入るのは、、、夏を刻む魚、鱧(ハモ)であった! 一人三切れ×4人分のたった12きれのためにしゃぶしゃぶ鍋が用意されるこの贅沢! すかさずハモ切り身を投入! だんだんと花開いたハモを引き上げ、梅肉をつけてバクッとかぶりつく。猛烈に腹が減って...

→→→この続きを読む

トレーサビリティに関する事例調査報告書を読んでみませんか

2005年7月 7日 from 日常つれづれ

 いまだに、いや今だからかもしれないが、「やまけんさんの仕事って、食い倒れ日記ですか?」と言われることが多いのだが、もちろん違う。  僕は農産物流通のコンサルタントです。といっても何をやっているか良くわからんという人が大多数だと思われますが、、、生産者やJA、市場やスーパーといった農産物の流通上にあ...

→→→この続きを読む

こんな店がこんなところにあったのかぁ 築地 「うまいもん屋」は絶妙な魚空間だった!

2005年7月 7日 from 首都圏

 いやこんなところにこんないい店があるとは、、、まさに都会のエアポケットである。  築地といえば、今や「なんか旨そう」というイメージを伴う最右翼のブランドである。しかし、築地を語る上で欠かせない名著「築地で食べる」を著した築地王こと小関さんによれば、観光客目当てに粗悪なものを出す店もいまや沢山出店し...

→→→この続きを読む

明日の日経MJを読んでくださいな

2005年7月 7日 from 日常つれづれ

日経MJという、流通系の新聞がある。なんてことはいうまでもないだろうけど、この紙面に「風を読む」という、かなり大きめの人物紹介記事がある。明日の紙面に、僕が掲載されることになりました。 内容は色々ですが、先日も少しお話しした「就農塾」についてのものがメインになりそう。藤沢市の慶應大学キャンパスの裏に...

→→→この続きを読む

やっぱり旨いぜ巾着茄子の蒸かし茄子

2005年7月 4日 from 食材

先週に書いた、新潟県長岡市のJINから届いた長岡巾着茄子、毎日食べているのだけど、めちゃくちゃ旨い! 料理法も何もなく、ただ蒸し器で盛大に蒸すだけだ。10分ほどで竹串がスッと通るくらいになるので、引き上げる。 JINは「冷やしたのが好きです」というのだが、暖かいままでも美味しいな。また、皮付きのまま...

→→→この続きを読む