僕の短角牛 さちと国産丸は元気です。

2009年9月28日 from 出張,日本の畜産を考える

うえーん忙しいよぉ 今月は恐怖の出張月間。東京にいる間に処理できないうちに次の旅先へ出張、、、まあいいや。そうしている間にも、僕の牛たちは育っている。 岩手県二戸市で僕がオーナーになっている短角牛の子供「さち」と「国産丸」は、まったくもってすくすくすくすくと育ってます。 二戸市の稲庭岳にあ...

→→→この続きを読む

やばいほどに旨い室蘭風焼き鳥にビビッタ! 北海道は登別にて商談会、望月製麺所の泉田社長との再会

2009年9月22日 from 出張

今回の北海道はそもそも、登別の加工食品メーカーさんたちとの商談・商品開発相談会という仕事だった。当地の商工会がらみの組織が僕と百貨店の丸井の食品バイヤーである溝口さんを呼んでくれて、地域メーカーの商品に関しての相談にのるというものだ。 うらで動いてくれたのはもちろん、「ラーサラ三郎」...

→→→この続きを読む

ウィルコム頑張れ! 俺は最後まで応援するぜ。

2009年9月19日 from 日常つれづれ

どうやらウィルコムが難しい局面にあるようだが、俺は最後まで応援する。ウィルコムのPHSは、唯一残された低電磁波携帯電話だからだ。 僕はいまだに3G回線を使っていないけれども、その最大の理由が電磁波なのだ。科学的な観点からは携帯電話の電磁波による健康被害は確認されないと言うけれども、それはあくまで「...

→→→この続きを読む

北海道大学の静内牧場に来ています。電波、全く届きません。

2009年9月17日 from 出張,日本の畜産を考える

6月に畜産システム研究会で訪れた北大の静内牧場を再訪している。放牧に向く肉牛である短角和種とヘレフォード種を完全放牧で飼っているキャンパスだ。   マルイの溝口さんと、望月製麺所の泉田さんも牧場まで来てくれた(というか送ってくれた)。北大の秦先生が迎えてくださり、ウニモグにて夕暮...

→→→この続きを読む

牛肉の常識を疑うぜ! 経産牛は未経産牛よりはるかに美味しい。東京バルバリにて、経産F1、9産したお母さん黒毛、短角牛、黒毛和牛の食べ比べをした!

2009年9月14日 from 日本の畜産を考える,食材,首都圏

料理人向けの雑誌「専門料理」(柴田書店刊)で連載を書いているのだけども、そのテーマが牛肉だ。短角牛のことから始まり、赤身肉・ドライエージングビーフという、これまでの日本の牛肉流通とは別の価値観の話をしている。これが密かに反響があるらしく、編集部に某有名料亭などから「あのヤマケンさんがやって...

→→→この続きを読む

パンを選ぶということ 藤花の心のこもったパンを食べてしみじみしてしまった

2009年9月10日 from お取り寄せ,食材

実は大学生の頃、パン焼きが大好きだった。中古の電気オーブンを友人からただでもらってから、かなりの回数、パンを焼いていた。きっかけは、当時好きだった女の子が「私パンが好きなの~炊飯器も持ってないのよ」というのでそうかそうかじゃあ俺がということが始まりだったのだけど(笑)、その後、パン作りの深淵に...

→→→この続きを読む

さぬきばかりが四国のうどんじゃない! 愛媛の旨いうどんは山の上にてひっそり賑やかに振る舞われているのダ 平野煙友会

2009年9月10日 from 出張

うーむやっとこのうどんのことを書ける、、、実際に足を運んで衝撃を受けたのは、舌の写真をみればおわかりのとおり、桜の咲く春だったのである。 愛媛県大洲市と深く関わり合い始めているわけだけれども、市役所の河野さんから 「ぜひ連れて行きたいうどんがあるんですよ。これがまた、お店とかそういうん...

→→→この続きを読む

雑穀サミット in 岩手県軽米町が今週末に開催される! 雑穀料理家達の味を楽しむひととき、時間のある人は参集を!

2009年9月 9日 from

   告知がむちゃくちゃ遅くなっちゃったのだけど、岩手県北部でまた違うイベントが今週末に開催される。 ■全国雑穀サミットinかるまい H21年9月12(土)、13(日) 軽米町民体育館 http://www.pref.iwate.jp/view.rbz?cd...

→→→この続きを読む

岩手県北ツアー応募、明日〆切ります!

2009年9月 9日 from

出張三昧で告知が遅くなりましたが、岩手県北を巡る旅へのご応募、定員を上回っているのでまたもや抽選になります。明日で申し込みを〆切って抽選とさせていただきます。ご当選のかたも、残念ながら漏れてしまった方も連絡を差し上げますので、どうぞよろしくお願いいたします。 今年の応募者は飲食関係者が多...

→→→この続きを読む

京都府・丹後の山中にも短角が居る。 短角(母)と黒毛(父)から生まれた交雑種「京タンクロ和牛」の取り組みに関わる。

2009年9月 8日 from 出張,日本の畜産を考える

放牧された短角牛のバックに、ご覧の通り綺麗な海が、、、まさに絶景、最高のロケーションだ。でもじつはここ、短角の里である岩手県じゃあない。ここは京丹後の網野町。海を望むこの放牧地は、「日本海牧場」という会社法人がとりくむ「京タンクロ和牛」の母牛のためのものだ。 短角牛に短角牛をかけると純...

→→→この続きを読む

出雲の国の可愛い牛達に逢いに行く 木次乳業のブラウンスイス種の牛はやっぱり愛らしい!

2009年9月 5日 from 出張,日本の畜産を考える,食材

このブログでもかなり採り上げさせていただいた、島根県の木次乳業。パスチャライズ牛乳のパイオニア企業である。そして、牛舎でつなぎ飼いするのではなく、牛を山に放牧し草を中心に食べさせる「山地酪農」の取り組みを行う乳業メーカーでもある。 木次の山地酪農の特徴としては、牛にブラウンスイス種という乳用...

→→→この続きを読む

今年もやります! 岩手県北・久慈市と二戸市の食を巡るツアー2009開催! さらに強力にバージョンアップした旅に、ぜひ一緒に行きましょう!

2009年9月 2日 from イベント,オフ会

昨年10月に開催して大好評をいただいた岩手県北部の食を巡るツアーを覚えておいでだろうか。 ■2008年10月07日 岩手県北を巡る旅 二戸市・久慈市で雑穀・短角牛・ヤマブドウの生産現地に足を運ぶツアー 大盛況! 現地の人達と消費地の人達のふれあいは、やっぱり「何か」を生むのだと実感した2...

→→→この続きを読む