大阪インデアンカレー 衝撃の事実が発覚した!

2004年1月27日 from 出張

 さて 「こけし」でカツ丼を食べ、すぐさま地下鉄で2駅戻り、長堀橋地下1Fにあるインデアンカレーに向かう。この店に対する僕の入れ込み度合いはすでにご存知と思われるが、大阪を訪れる時にこのカレーを食べないなどということは考えられない。  これまでは常に、大阪駅から地下道を歩いてすぐの阪急地下街にあるイ...

→→→この続きを読む

大阪・日本橋 とんかつ丼 「こけし」で憩う

2004年1月27日 from 出張

 満を持して大阪で迎える朝。講演が始まるまで少々時間があるので、このblogの読者さんであり、ライターをやっていらっしゃる堺三保さんから教えていただいた、大阪日本橋のカツ丼・カツカレーの店「こけし」に行くことにする。色々とルートを調べると、宿泊した天満橋から地下鉄で日本橋まで行き、カツ丼を食べてから...

→→→この続きを読む

大阪のうどんも旨い!つまみも旨い!2杯食っちゃった「川福」

2004年1月27日 from 出張

 はりはり鍋の徳家から5分ほど歩いたところにある「川福」にきた。 「大阪のうどんは、もっちりはんなりしてるのが多いけど、讃岐っぽくコシがあるうどんはあまりないんよ。でも、ここは最高!」 と友人が言う。彼が言うなら旨いはずである。 この店に至る道とかはよくわからない。酔ってたので忘れてしまいました。G...

→→→この続きを読む

関西の鍋と言えばハリハリ鍋にとどめを刺す! 大阪「徳屋」

2004年1月27日 from 出張

 大阪出張である。またもや講演なのだ。でもそれだけではない。関西で同世代の市場関係者、流通関係者に友人が数人居る。僕が大阪に行く時はほぼ必ず会って飲み、意見を交わすのだ。この友人達に言えるのは、キャラや強みがまったくかぶらないということだ。だから、非常に仲が佳い。その仲間が「やまけん、ハリハリ鍋食っ...

→→→この続きを読む

関西出張から生還。

2004年1月26日 from 日常つれづれ

 、、、ハードだ。  月曜日大阪→火曜日大阪で講演後、和歌山へ→水曜日和歌山で早朝から仕事を終え、ただ今東京へ帰ってきた。その間にコメントをいただいた人には、レスを返せず申し訳ない。  その間、さまざまなものをひたすら食べ続けた。これをきっちり消化するためにホテルでは腕立て伏せ150回以上とスクワッ...

→→→この続きを読む

北の都・札幌の寿司はやはり旨かった ススキノ「みのる」

2004年1月26日 from 出張

 さてジンギスカンに舌鼓を打った後は、岩崎氏の手引きで少々アルコールを飲み、満を持して寿司へと向かう。  先にも書いたとおり、僕は人生においてこのススキノで初めて「タチ」を食べたのだ。タチとは、昨晩までの帯広出張記録にもあるとおり、真鱈(マダラ)の白子だ。これを湯通ししてポン酢と紅葉おろしをかけたも...

→→→この続きを読む

北の都・札幌にて生ラムジンギスカンに驚倒する ススキノ「だるま」

2004年1月25日 from 出張

 帯広から札幌へ。前回、夕張から近くの栗山町の生産農家、岩崎氏の家で自家蕎麦を粉に挽いて蕎麦打ちをしたエントリをご記憶だろうか。あの岩崎氏が本日はメロン生産者の会議に出ているということだったので、札幌で合流することにしたのだ。  北海道のメロンの世界では、如何にして味を向上させビジネスを安定化できる...

→→→この続きを読む

豊饒の大地・北海道帯広編その4 帯広インデアンカレーにまた新事実発覚だ

2004年1月25日 from 出張

 朝、目覚めると空腹である。昨晩あれだけ食べたにも関わらずきっちりと腹が減るのはどういうことだろう。でも、ホテルの朝飯などを食べるつもりは毛頭ない。帯広駅周辺のブランチといえば、インデアンカレーしかない!  インデアンカレー。前回も述べたとおり、どうやら大阪の「インデアン」とは全く関係ないらしいのだ...

→→→この続きを読む

豊饒の大地・北海道帯広編その3 仰天の牛トロ寿司は帯広にあり

2004年1月25日 from 出張

 引き続き、岡坂さん、ノムさんが言う。 「ヤマケン! あのな、金沢の寿司食ったくらいで『最高!』とか言ってんじゃないよ!旨い寿司はなぁ、旨い寿司はなぁ、、、帯広にあるんだよ!」 えええ?本当ですかぁ?(半信半疑) おいら、寿司は結構食ってるよ?いいんすか?そんなこと言って、、、というのが僕の内心の呟...

→→→この続きを読む

豊饒の大地・北海道帯広編その2 おふくろの味 「かかし」の豚丼とノムさんを味わう

2004年1月24日 from 出張

 JAでの仕事は無事終了した。トラブルにも見舞われず、本当によかった。これに向けて徹夜で頑張っていた後輩もホッとした表情だ。 「お疲れ様でした!」 「うん、じゃーどこいこうか。何食いたい?」 そう、これから夜の部開始なのである。  昼から一緒にいて下さる岡坂さんと、そのご同僚の野村さん(ノムさん)が...

→→→この続きを読む

豊饒の大地・北海道帯広編その1 黒い豚丼の謎!「鶴橋」

2004年1月24日 from 首都圏

 眼下に広がる青い海面が突如として、一面の白い絨毯に変わる。雪の北海道に来るのは何年かぶりだ。  JAの岡坂さんから「雪の北海道を舐めてはイケマセン。完全防備で来ること。」と言われていた僕は、数年ぶりにモモヒキ(ボディタイツという名前で売っていた)と、二重にした靴下、そしてゴアテックスのキャラバンシ...

→→→この続きを読む

出張予告とお詫び

2004年1月22日 from 日常つれづれ

さて、すでに恐怖の出張月間に入っている。 明日は、猛吹雪の帯広に発つ。しかもJAS便だ。(でも問題の機体ではないらしい) 帯広では、また新手の豚丼を食べる。JAの方が、 「まっ黒の豚丼を食べに行こう!」とおっしゃってるのだ。むふふふ楽しみである。こんな短期間で何種類の豚丼を食べているのだろうか。 新...

→→→この続きを読む

速報! 明日発売の「デジタルID革命」

2004年1月22日 from 日常つれづれ

 食倒ラーであるやまけんはしかし、またの姿として農産物ITコンサルタントという身分を持っているのだった。で、日経新聞のIT戦略チームである「デジタルコア」というところが本を出すのだが、そこに寄稿を要請されたので書きました。  本の名前は 「デジタルID革命」 だ。  明日発売なんだが、すでにAmaz...

→→→この続きを読む

三軒茶屋 盛岡じゃじゃ麺「じゃじゃおいけん」と カレー「とんがらし」のハシゴ その1

2004年1月22日 from 首都圏

 すっげー気になっていたのだ!とうとう、東京にあの盛岡じゃじゃ麺の専門店ができたというニュース! 「元祖盛岡じゃじゃ麺専門店 じゃじゃおいけん」というその店、三軒茶屋の思いっきり小さな店らしいのだが、ココロザシの高い若店主により営まれているという。うーむ食べに行きたい。  と、そこに「三軒茶屋には美...

→→→この続きを読む

なんと大手町のロメスパ「リトル小岩井」にトッピングメニューが!

2004年1月22日 from 首都圏

 所用で大手町に行く。時間17時、ちょうど小腹が空きまくって仕方がない。ということでいつもの通り「リトル小岩井」に行くのであった。さすがにこの時間、行列はないけど、それでも店内にはお客さんが途切れることがない。  で、メニューを眺めてビックリした。なんと、トッピングメニューが選べるようになっているの...

→→→この続きを読む

ビバ金沢!素晴らしき店、酒と肴と人との出会い 金沢駅百番街「黒百合」

2004年1月20日 from

 各地でいろいろと美味しいものを食べているが、美味しい食べ物をもっと美味しくするのは、他でもない人との出会いというスパイスだ。電車のボックスシートに座ったらとりあえずそのボックスに座ってる人と仲良くなる方法を考えてしまう僕としては、始めていった土地で、誰か先導人を捕まえることがその土地を楽しくするた...

→→→この続きを読む

日本最高の漬け物「かぶら寿司」と金沢の魚で討ち死に 金沢「宝生寿司」

2004年1月19日 from 出張

 日本が誇る発酵食品「漬け物」。しかし、ここのところ浅漬けブームで、ホンモノの漬け物があまり出回らない。スーパーに売っているのは、殆どが野菜を調味液につけて数日のうちに食べる「浅漬け」ばかりである。漬け物とは本来、冬季の農産物が収穫できないシーズン用の食べ物、つまり保存食として発展してきた経緯を持つ...

→→→この続きを読む

気軽で本格ほっこりビストロ 保谷 「La・毛利」

2004年1月18日 from 首都圏

 4月から始まる、とある雑誌の新連載のための取材企画をした。詳しい内容はまだ発刊前なので書けないのだが、発刊日を迎えたらババーンと出すので、本屋で見かけたら平積みにするように!  で、その会場となったのが練馬。練馬といえば独特の品種「練馬大根」でも有名な農業の名門地域だ。西武池袋線の駅から歩いて3分...

→→→この続きを読む

温かく柔らかい煮蛤(にはまぐり)に心も温まる 寿司匠

2004年1月15日 from 首都圏

 河豚(フグ)鍋をいただいた後に、もう少し何か食べたいと思う。でも、せっかくの河豚の後に、ラーメンという選択は適切ではないだろう。やはりここは握りを3貫程度つまんで帰るというのが、粋というものだ。  匠の暖簾をくぐり、とりあえずネタケースを眺める。冬のこの時期、大ぶりのネタが目立つ。カワハギなんぞ、...

→→→この続きを読む

冬といえば河豚(フグ)だ!銀座コアビル河豚鍋コースで酔っぱらう

2004年1月15日 from 首都圏

 白状するが、社会人になるまで、本当のてっちりを食べたことがなかったのだ。横浜駅近くにある割烹で初めてフグのコースを食べて、僕はもう泣きそうになった。フグ刺しは勿論旨いが、鍋の実にして熱が入り、フンワリほっこりシコシコと旨味を湛えたフグのぶつ切りを食べた時、たしかに河豚を食べて誇らしげに死んでいく人...

→→→この続きを読む

【予告】怒濤の出張月間が始まる

2004年1月15日 from 日常つれづれ

 そうなのだ。正月明けからぼちぼちと首都圏を中心に食い歩いていたのだが、これから実に怒濤の地方出張月間が始まろうとしているのだ。 やまけんの出張人生始まって以来の密度、かつ場所は散逸しまくりのダイナミック月間になるかもしれない。 1月 19日  金沢  かぶら寿司、寒鰤、カニ、 23日  帯広  イ...

→→→この続きを読む

太ってねーゾ!

2004年1月15日 from 日常つれづれ

 オムライスのエントリへのコメントで、「やまけん太った」説が矢のように刺さりまくったので、急遽昼飯を抜いてジムへ飛び、測定してきた。 、、、太ってねーよ! それどころか体脂肪率が落ちてるよ!  年末の飲み会シーズンで毎日飲み歩いていた前回計測時に19で、今回は18になっとる。30才以上の男性の平均値...

→→→この続きを読む

ぷるぷる官能小説的オムライスを蹂躙する。 銀座「喫茶YOU」

2004年1月14日 from 首都圏

 今日は11時から銀座で一日仕事をした。そうなったら昼飯は、当然ながらロメスパ「ジャポネ」しかない。本日はジャリコ横綱である。  もはや横綱レベルでは全く意外性がない自分が居る。いずれ未開の地である「親方」へ、そしてその先にある「理事長」への彷徨が始まるだろう、、、  さて、仕事、、、 (仕事終了)...

→→→この続きを読む

鴨卵・超絶官能の黄身を絡ませて食べる鴨丼 巣鴨「加瀬政」

2004年1月13日 from 首都圏

 何を隠そう、肉の中では鴨の肉が一番好きだ。野趣溢れる香りとしっとりとした歯触り、分厚くコクのある脂。煮ても焼いてもスモークしても旨い。が、これまで一番美味しい鴨料理と思ったのは、大学時代に住んでいた長屋の、僕が里親のように慕って、週に4日くらいは飯をごちそうになっていた山田家のかあちゃんが作ってく...

→→→この続きを読む

蒲田周辺はカレーの聖地か!? 「タージマハール 蒲田店」

2004年1月13日 from 首都圏

 ものすごいカレー屋と出会ってしまった、、、皆さんは小麦粉をこんがり炒めたルーを使った和風のカレーと、インド系のさらさら汁カレー、どちらがお好きだろうか。僕はどちらも好きなのだが、本格インド料理は油分が多い上にインパクトが強いことが多いので、連日食べるのは厳しいかなと思っていた。たとえば湯島の名店「...

→→→この続きを読む

ネットリうまうまの米、「ミルキークイーン」を知ってますか

2004年1月11日 from 食材

 ご家庭で食べている米、いろいろあると思うが、比較的最近によく見かけるようになったミルキークイーンという品種をご存知だろうか。炊いていない状態の米粒がミルクのように白濁した色味であることからネーミングがついたこの品種、今最もぼくが好きな米だ。昨日、ある友人から届いたので、早速食べてみた。  ミルキー...

→→→この続きを読む

愛媛県の旨いもの ~瀬戸内の穴子は日本最高である~

2004年1月 8日 from 食材

 踊るうどんに引き続き、愛媛県の旨いものを回想したい。何度も言うが、僕が産湯をつかったのは愛媛県の港町である今治市だ。母親の実家は、今治では有数の企業家的な存在だったらしく、祖父はこの辺でドレメ(ドレスメーカー、つまり洋裁の工場)を最初に立ち上げた人だったそうだ。昔は、その工場の縫い子さんを連れて裏...

→→→この続きを読む

カマタスエコ女史

2004年1月 8日 from 日常つれづれ

うどんのエントリに、カマタスエコさんがコメントを下さった。 彼女は、僕と同じかそれを上回るくらいの旨い物好きである。そんな彼女のサイトは、レシピも含め、すばらしい充実ぶりだ。 電脳カマタ食堂http://www.cx.sakura.ne.jp/~bistro/ ちなみに彼女はライター/デザイナーとい...

→→→この続きを読む

インデアンカレー情報

2004年1月 8日 from 出張

ライターの堺さんという方から、インデアンカレー情報をいただいた。 また、ご自分のblogにも所感を書いて頂いている。 堺三保さんのblog(1月8日のエントリを参照のこと) FIAWOL-log 大阪の人からの反応が多いところをみても、本当に人の心に残るカレーなんだな、、、 そして私は、1月26日に...

→→→この続きを読む

愛媛県で最も旨いと思われるうどん 「踊るうどん」

2004年1月 6日 from 出張

 正月明けで、しばらく出張の食い倒れネタがないので、これまでの膨大なアーカイブから、ぜひとも紹介しておきたいものを小出しにしていきたい。そう、「食い倒れクラシックス」である。  第一弾として紹介したいのは、愛媛県が誇る激烈旨うどん屋である 「踊るうどん 永木」だ。  先ず言っておきたいのだが、僕は愛...

→→→この続きを読む

下町「三ノ輪」の金玉と路麺

2004年1月 5日 from 首都圏

 下ネタではありません。  年末のご挨拶に市場に行った帰り、三ノ輪で地下鉄に乗る前に食事をしようと思ったわけだ。師走で活気のある商店街を冷やかし歩く。うなぎを店前で炭火で焼く店があったり、八百屋も威勢が良いし、とても好ましい商店街だ。朝から1時半まで何も食っていなかったので、中華定食をがっつり食べた...

→→→この続きを読む

スパムサンドには脱帽だ。

2004年1月 5日 from 食材

 このところ、親友の加賀谷とよく会ってお茶をする。彼が月島、僕が木場なので、中間地点の門前仲町で会うことが多い。そして最近のひそかなスポットが、フレッシュネスバーガーだ。  この日はまず、気持ちの良い陽光を浴びながらと言うことで、よくドラマの撮影現場に使われるリバーシティの大橋のたもとで駄話をしなが...

→→→この続きを読む

明けましておめでとうございます

2004年1月 1日 from 日常つれづれ

 新年は、寿司匠での大忘年会で迎えました。食べたものは、、、 ・あんこう鍋  こんなにアン肝の入った鍋は初めてだ! ・スッポン鍋  セイちゃんが捌いたスッポン、最高!スープも旨いし生き血も飲みました。で、もちろん雑炊も。 ・刺身 いつものネタを豪勢に、、、 ・餃子 浅草「末っ子」のを各自2人前くらい...

→→→この続きを読む