ノーマークだった!こんなにいい店だったのぉ? 虎ノ門 手打ち蕎麦「兵六」

2004年3月31日 from 首都圏

 先日、新橋の「本陣房」がだめだというエントリを書いたら、少なからず反響があった。その中に一つ、メールで教えていただいた情報が引っかかった。 「虎ノ門交差点近くにある『兵六』の蕎麦は、名店というのではないけど値段の割に美味しいと、私の周りの人も皆いってますよ。」  「兵六」。虎ノ門交差点を新橋方面に...

→→→この続きを読む

さぬきうどんの名店といえば「がもう」である

2004年3月31日 from 出張

 高松二日目は友人に車を出してもらってうどん詣でである。しかしさぬきうどんも本当にメジャーになってしまったものだ、、、  僕のさぬきうどん歴はそれほど長いものではない。しかし自分の歴史に燦然と残る大記録がある。それは、「うどんを1時間半で13玉食べた」というものだ。大学院を卒業する前に、僕の農業関連...

→→→この続きを読む

ワシントンの桜で一杯

2004年3月31日 from 日常つれづれ

 最近、いろんなところからコメントをいただくと思ったら、とうとう国外はワシントンからコメントをいただくようになった。留学中の榊原さんからなのだが、ワシントンでは桜が満開だそうだ。画像を所望したところ快くお送り頂いたので、米国の桜を満喫されたい。  アメリカの桜も、綺麗だ。でも、桜の花の感じ方も同じな...

→→→この続きを読む

冷麺逍遙~ 広島・新華園を思いつつ東京の廣島つけ麺を食う。

2004年3月30日 from 首都圏

 広島つけ麺ブームの元祖である「新華園」については先日書いたが、そこに連れて行ってくれた竹鶴酒造の専務から、ちょっと身に余る光栄な報告が! 「その後、社長が新華園に行ったら、親父や奥さんが山謙氏のことをひどく気に入ったと言っていたらしいですよ。食いっぷりがいいとか等々。次に行ったら写真撮影もOKか...

→→→この続きを読む

高松は瀬戸内だから魚も旨いのダ! 活魚料理「天勝」

2004年3月29日 from 出張

 瀬戸内の生まれ(生まれただけなんだけどね)の僕としては、魚の味は瀬戸内ものが最高!とチューニングされてしまっている。広島から高松に飛び、明日は讃岐うどんめぐりであるが、前夜祭ということで魚を食べたくなったわけだ。しかし今日は日曜日。ご存知のとおり魚河岸は日曜日は休みだ。なのでいいすし屋や和食店は大...

→→→この続きを読む

どうなっちゃったんだ? 新橋・蕎麦「本陣房」

2004年3月28日 from 首都圏

 このblogでは、美味しかったものしか書かないことにしていたのだが、、、あまりにびっくりしてしまったので書く。  新橋と言えば、実は東京における蕎麦の激戦区だ。おっちゃんビジネスマンが多いからだろう。僕が好く行くのは「竹泉」という店だが、虎の門と新橋の中間にあり、ちょっと遠い。幸いなことに系列店が...

→→→この続きを読む

お茶の季節がやってくる

2004年3月27日 from 食材

 あまりここでは書いてこなかったが、僕は日本茶についても仕事をしてきた。そのせいか、あまりに口がおごってしまい、飲んでいるお茶は10グラム1000円以上するものばかりだ。でも、だいたい5グラムで1煎のスバラシイ体験が出来ると思えば、ちょっとこだわったコーヒーを飲むのと同じ程度の話である。日本では不思...

→→→この続きを読む

竹鶴酒造杜氏・石川達也家にて、郷土料理「びしゅ鍋」をいただく至福のひととき、、、

2004年3月26日 from 出張

 冷麺を腹一杯食べて、講演の最中は寝てしまいそうになったが、なんとか1時間40分くらい話しまくった。竹鶴社長&専務&杜氏ご一行に 「おおお 山本センセイセンセイ!」 ともてはやされ、気恥ずかしい。  さてこの日夜は、なんと石川達也杜氏のご自宅に泊めて頂くことになっている。今をときめく地酒界の超注目杜...

→→→この続きを読む

お待たせしました!

2004年3月24日 from 日常つれづれ

(3/25 14:46 大幅に情報追加しました!)  報告書も書き終わり、原稿の〆切が3本分残っていますが、一息つけるようになってきました。  さて のびのびになっていたオフ会を実施したいと思います。「なんばん粕漬け」お渡しできます。ただ、人数が多いので、分割開催になると思います。第一回目は下記日程...

→→→この続きを読む

広島名物 激辛冷麺の元祖を食べにいった。ノックアウトされた! 河原町「新華園」

2004年3月24日 from 出張

 広島の農業団体に招かれて講演をすることになった。3月9日にお世話になった竹鶴酒造にそう伝えると、、、 「おおぉ そうか、それなら観にいくぞ!」 と、社長の竹鶴寿夫氏がおっしゃる。まさか冗談だろうと思っていたら、蔵の仕事を蔵人に任せて、社長に専務、そして杜氏までもが観に来るという異例の事態になってし...

→→→この続きを読む

農薬について書いた

2004年3月19日 from 日常つれづれ

 今、広島に向かう新幹線の中だ。来週までアップしないと言いながら、報告書の執筆が順調に進んでいるので、農薬問題についての雑感を書いてしまった。  「俺と畑とインターネット」 のほうになるが、関心があれば読んでくださいな。  心はもう、11時に食べる広島つけ麺に飛んでいる。いや、その後に仕事です。講演...

→→→この続きを読む

しばらく沈黙

2004年3月18日 from 日常つれづれ

すみません 来週までアップデートできないと思います。 20日 雑誌原稿Aの〆切 23日 農水省の事業の報告書(100ページ!)〆切 25日 雑誌原稿Bの〆切 29日 雑誌原稿Cの〆切 合間を見て日記書きたいんだけど、書くと編集者さんが 「そんな暇あるなら!」 と怒るんですよ、、、 でも来週頭には1本...

→→→この続きを読む

神保町「エチオピア」のカレーは薬である

2004年3月15日 from 首都圏

 農林水産省のトレーサビリティ実証実験事業の最終段階で、全国の農業関係者600人の前でのプレゼンテーションを行った。11団体全部が集まる大きなイベントだ。こういう多人数の前で話をするのはもう慣れているので全く緊張はないんだけど、そんなことよりも何を昼飯に食べるかのほうに気が行く俺様であった。こんな感...

→→→この続きを読む

極上野菜料理三昧で、極楽休日。

2004年3月15日 from 食材

 竹鶴編、一休み。  長島農園の勝美君から野菜が大量に届いた。勝美君のことは過去ログにも掲載しているので説明の必要はないと思うが、僕が関東近郊で最も信頼している生産者の一人だ。というより悪友といった感じだろうか。  今回送ってくれた野菜は、春キャベツ2玉、ブロッコリ3個、若堀り筍3本、ルッコラセルバ...

→→→この続きを読む

竹鶴酒造編 その3 伝説の「居酒屋竹鶴」にて痛飲馬食する

2004年3月12日 from

 ビジネスホテルで少し休んだ後、竹鶴邸より専務と杜氏が迎えに来てくださる。いよいよ居酒屋「竹鶴」の始まりである。  居酒屋竹鶴とは、、、この小京都・竹原の文化財である竹鶴邸内にしつらえられた竹鶴家の居間のことである。10畳ほどの居間と台所が併設されており、文字通り山海の美味が並び、酒が振る舞われる場...

→→→この続きを読む

広島・竹原に名門酒造あり~ 竹鶴酒造 極秘潜入酒池肉林ルポ的私信 その2

2004年3月11日 from 出張

 さて竹鶴酒造の第一日目だ。  ANAの超割で広島行きチケットをゲットしていた我々一行、朝9時55分の便で広島に向かう。一行とは、僕と工藤ちゃん、工藤ちゃんが五穀家店長をしていたときからずっと一緒に仕事をしている浅見君と大場るみちゃん、そしてこのblogで数回書かせていただいているイタバシ師匠(少年...

→→→この続きを読む

閑話休題。鳥インフルエンザに思う

2004年3月 9日 from 日常つれづれ

竹鶴編の途中だけど どうしても書いておきたかったので、またもや兄姉blogにて食の安全について書きます。 鳥インフルエンザに思う...

→→→この続きを読む

広島・竹原に名門酒造あり~ 竹鶴酒造 極秘潜入酒池肉林ルポ的私信 その1

2004年3月 8日 from 出張

 広島からぐぐっと岡山寄りに戻った海辺に、「小京都」と呼ばれる竹原市がある。僕と同じ世代かそれ以上であれば懐かしく思い出せる映画「転校生」にて、主人公が石段を転げ落ちるシーンが撮影されたのはその竹原の小京都と呼ばれる、文化財指定された町並みである。  その文化財指定の一帯に名門酒造が在る。その名を「...

→→→この続きを読む

やまけん休息中~怒濤のアップを待て

2004年3月 8日 from 日常つれづれ

土・日・月と、お休みいただいております。 土・日は広島県竹原市の名門「竹鶴酒造」にてご歓待をいただき、尾道に寄って尾道ラーメンの名店で3皿食べた後にお好み焼きを食い、そして香川に渡り生け簀料理店にて瀬戸内の魚をたらふくいただいた後に今日を迎えた。 これから讃岐うどん名店の旅をしてきます。明日以降のア...

→→→この続きを読む

山形県 「なんばんの粕漬け」62本届きましたぁ!

2004年3月 5日 from 食材

本日、山形の「まあどんな会」から、なんばんの粕漬けが届きましたぁ! みよ、この壮観ななんばん風景を! しかも、おまけまでつけてくれました。 青菜漬け、たくわん、凍み餅、わらびの一本漬け!最高だ、、、 ごめん、このオマケは、日持ちしなさそうなので、私が代表していただいちゃいますね。 さて 1本 350...

→→→この続きを読む

お祝いありがとうございました!

2004年3月 5日 from 日常つれづれ

 いやぁ、、、望外に嬉しい誕生日であった。お祝いしてくださった皆さん、コメントやメールくださった皆様、本当にありがとうございました。   東京ビッグサイトで行われている「リテールテック」というイベントのセミナーにてパネリストとして出演。その後、ひっそりと帰ろうとしていたのだが、、、  なんと、ビッグ...

→→→この続きを読む

いえーい やまけん33歳になりました。

2004年3月 4日 from 日常つれづれ

皆さん、3月4日はやまけんの誕生日でーす! 33歳になってしまった、、、とくに感慨も湧かないな。 プレゼントはやっぱり美味しいものを希望でっす! 33歳の一年も、食い倒れることを誓います。むふふ。 ちなみに今週末は広島の竹鶴酒造に行ってきまーす。寒仕込みも終盤戦。旨いもんと酒ビタ市になってくる予定な...

→→→この続きを読む

君は秋田の至宝 「いぶりがっこ」を知っているか?

2004年3月 4日 from 食材

 大学院生の頃、米作で有名な秋田県大潟村に講演に招かれた事がある。その際、わがままにも「最高級の稲庭うどんといぶりがっこを数か月分送ってくれ」といってみたら、本当に最上級の桐箱入りの稲庭うどん(40cmくらいの長さのものだ)を10キロと、いぶりがっこ5キロを下宿に送ってきてくれた。以後、僕は稲庭うど...

→→→この続きを読む