色んな動きを、きっちりと始めます

2004年7月30日 from 日常つれづれ

 ここしばらく、この食い倒れ日記だけではなく、いくつかの動きを始めていきます。  まずは姉妹blogといってよい、農業関連のblogを、きっちり充実させていきます。 ■「俺と畑とインターネット」  ここでは、農業に関心のあるなしにかかわらず、農業や農産物の流通に関わる現状をお伝えし、僕の取り組みを紹...

→→→この続きを読む

埼玉で見つけた 野菜の旨いビストロ 浦和「ビストロ・ド・タニ」

2004年7月30日 from 首都圏

 今年の母の日は、妹が両親と僕を招いてフレンチをご馳走してくれた。大して期待していなかったのだが、これが存外に美味しく、また唸るほどリーズナブルで気に入った。その店を、埼玉の浦和駅からすぐの処にある「ビストロ・ド・タニ」と言う。  ちなみに僕の実家は埼玉県にある。高崎線で大宮を更に20分ほど北上した...

→→→この続きを読む

今日のヤマケンサイズ

2004年7月28日 from 首都圏

 一つ前のエントリの、Barオーパに行く前の匠でのひととき。本日のヤマケンサイズは穴子である。 「穴子は、タレ 塩 どっち?」 「タレ、つゆだくで!」 もちろん右が通常サイズです、、、 シンコはいよいよ味が乗ってきた!最高だ。 ちなみにこれを撮影したのは先週だ。1週間経つのでまた大きさが変わっている...

→→→この続きを読む

夕張TAメロンのカクテルを水澤君に創ってもらった。

2004年7月28日 from 食材

 北海道の夕張郡周辺で名産の赤肉メロンには、色々な品種がある。僕が一番好きなのは、ここでも何回か書いた「キングメロン」という品種だ。正直、これに勝る品種に出会ったことがない。しかし、キングは収穫時期も限られるので、用途によって生産者が使い分けているのが現状だ。  僕の友人のI氏は、キングを比較的早め...

→→→この続きを読む

比内地鶏タレコミ情報である。

2004年7月27日 from 食材

 比内地鶏のきりたんぽ鍋のエントリに呼応して、とある畜産関係者から、比内地鶏に関する情報が寄せられた。かなり取り扱い注意情報かも知れないのだが、、、面白いから載せてしまおう。もし内容の真偽について論のある方は、メールください。コメントだと収集つかなくなると困るのでご勘弁。 曰く、 =========...

→→→この続きを読む

比内地鶏のスープは秋田県人の気高さの象徴か! きりたんぽ鍋とミズのガッコ 秋田市山王 「海味」 その2

2004年7月25日 from 出張

(その1より続く)  続いて運ばれてきたのは、店名にもあるように本来この店が得意とする魚料理だ。 ■スズキのソテー  タルタルソースの添えられたスズキは、夏の白身の代表格にふさわしいコッテリ感を演出していた。こういう洋風のものが出てくると意表をつかれて、佳い。 ■お造り  特筆すべきはウニだった。最...

→→→この続きを読む

比内地鶏のスープは秋田県人の気高さの象徴か! きりたんぽ鍋とミズのガッコ 秋田市山王 「海味」

2004年7月25日 from 出張

「東京がら来た人が食べるんでね、地元のめずらすぃ料理をお願いします。」  仕事を終え、秋田市内に向かう車中、Nさんが店に電話を入れてくださる。このNさんの秋田弁は掛け値なしに最高だ。空港を降り立ち一言挨拶を交わしただけで、身も心もすっかり東北・秋田に来たのだ!という実感が沸いてくる。  言葉は文化。...

→→→この続きを読む

秋田県大田町の特別栽培米の田圃を巡る

2004年7月23日 from 出張

 今年二回目の秋田出張である。二週間ほど前に、「これから秋田です」と宣言したにもかかわらず、秋田特集が出ていないことに不審な思いを持っている人も多いだろう。 なぜだと思う?  食い倒ラーはおわかりであろう。残念ながらあまり旨いものに出会えなかったのダ。なので今回はその雪辱に来たのだが、それよりも今回...

→→→この続きを読む

日本橋ランチカレーの隠れた実力派は、ずっと隠しておきたかった。 「千疋屋 カレーコーナー」

2004年7月23日 from 首都圏

 まったく困ったものだ。今月号のdanchyu誌、毎年夏恒例のカレー特集なのだが、僕が好きな店ばかり掲載されている。以前紹介した丸善ビルのレストラン丸善、そして本格カレーのデリー新川店など、静かに通っていた店がこれでまた行きにくくなる。  そして最も「やめろー載せるな~」と思ったのが、この日本橋千疋...

→→→この続きを読む

これぞ絶品 ホンモノの賀茂ナスをふんだんに食べる

2004年7月20日 from 食材

 昨今、「京野菜」といえばなにやら美味しいイメージがあるので、人気が高い。テレビでも、京都の農家とレストランのシェフとの交流を描く番組がかなり出ており、素材と料理の関係もまた一つ時代が移ったという感がある。  しかし、京野菜というのも一つのブランドであり、もっと細かく観ていくと、結局栽培をする人が誰...

→→→この続きを読む

BBQの季節 Barオーパ常連記念バーベキュー大会in木場公園 ジントニックは野外でも旨い!

2004年7月20日 from 首都圏

 「19日に、お客様に日頃の感謝を込めてBBQ大会をやりますので、ぜひおいで下さい。」 と、門前仲町のBarオーパ店長である水澤君からお誘いをいただいた。嬉しい限りである。我が家の近所の木場公園が会場であり、一も二もなく参加である。水澤君が優勝したバーテンダー技能競技会を一緒に観戦した和歌山の流通業...

→→→この続きを読む

韓国の友と料理の暑い夏!豚肉料理サムギョプサルを食す

2004年7月19日 from 首都圏

 韓国が大好きだ。僕の高校の修学旅行は生徒が自分で行く先を企画できたので、韓国ツアーの実行委員になり、旅程を組んだり、韓国の勉強(ぼくはもっぱら料理担当だった)をしたりした。それにしても学校の調理室で冷麺を作ったのはもう15年前か、、、(無言)  ソウル市内では高校生の家にホームステイし、同年代の韓...

→→→この続きを読む

さらなるキングメロンの夜

2004年7月16日 from 食材

 夕張のキングメロン半割のエントリを書いたら、どどっと「メロン食わせろ」メール攻撃を受けてしまった。タイミングさえ合えば食べさせてあげたいのだが、何しろ届いた当日か翌日には食べないといけないデリケートなメロンなので、ナカナカ難しい。  先日は、いつも僕がメロンをお願いしているI氏が紹介してくれた、同...

→→→この続きを読む

レタス巻きの元祖は宮崎にあるのを知ってますか!? 宮崎市「一平」

2004年7月16日 from 出張

 コンビニや持ち帰り寿司で必ずみかける「サラダ巻き」とか「レタス巻き」。海苔巻き寿司の中身に、エビやレタス、そしてマヨネーズという組み合わせで食べさせるものだ。子供でも食べられるので、かなり昔からスタンダード化している。しかしこの原型・ルーツが宮崎にあるというのをご存じだろうか?宮崎市内にある寿司「...

→→→この続きを読む

Googleの広告入れてみます

2004年7月15日 from 日常つれづれ

 本ページ右側のカラムの最下段に、Googleの広告を入れてみました。お金がそれなりに入るようになったら、このblog用のサーバ運用でお世話になっているプロコムジャパンさんに還元してあげないといけないのです。このサーバ、企業向けのハイパワーのサーバで運用してもらっているのですよ。いつも心苦しくて。 ...

→→→この続きを読む

日南には激旨焼き肉ダレがある! 堀川焼き肉「とむら」

2004年7月15日 from 出張

 日南海岸でのザ・魚食いまくりの一夜が明けたら、無性に肉が食べたくなった。大丈夫、きっと京屋酒造の渡邊社長は僕の性分を理解してくれているはずだ。きっと昼はあの店へ、、、  宿泊のシーガイア内のコテージから一路日南へ。そうそう、今回は人数が多いので、シーガイアのコテージヒムカというところに宿泊した。シ...

→→→この続きを読む

夏真っ盛り! 宮崎出張編 チキン南蛮と日南海岸の魚料理を堪能しまくり

2004年7月13日 from 出張

 この度、僕向きの面白い仕事を引き受けることになった。先日このblogでも紹介した宮崎の絶品芋焼酎の「かんろ」と「かめしづく」を販売している京屋酒造(http://www.kyo-ya.com/)のオフィシャルサイトにて、焼酎文化を拡げていくための企画blogを運営するというものだ。詳細はまだこれか...

→→→この続きを読む

メロンの季節。食い倒ラーは半割が基本だ。

2004年7月12日 from 食材

 農産物関連の仕事をしていると、よく「いいねえヤマケンちゃん、仕事で旨いもん沢山食べてるんだろ?」と羨ましがられる。しかし、本当にそう思うか?現実はそんなに甘くないんだぞ。だって商品なんだから、無尽蔵に食べられるはずがないではないか、、、  というのはウソである。ゴメンナサイ、やっぱり一般の人からは...

→→→この続きを読む

こんなに旨い納豆があったのか! 富良野編完結 「富士食品」

2004年7月 9日 from 出張

 よく「やまけんさんは何が一番好きなんですか?」と訊かれるのだが、その質問に答えるのは難しい。だってその時々で食べたいものが違うのだもの。けれど、「無くなっては困る食べ物」なら即座に回答可能だ。それは納豆。この世に納豆ご飯が無くなったら生きていけない。  納豆にはいささかこだわりがある。一番好きなの...

→→→この続きを読む

無二路より伝言 26日~8月2日までお休みだそうです

2004年7月 9日 from 日常つれづれ

 無二路の大塚さんより、連絡が来たので掲示します。 「さて、7月26日から8月2日まで例年どおり夏休みを とります。もしできればやまけんさんのプログにうちのお店の 休みを告知していただけないでしょうか。 なんといっても、それが情報源のお客がおおいもので。 よろしくおねがいします。」 ちゅうことだ。こ...

→→→この続きを読む

本日で食い倒れ日記は一周年を迎えました。

2004年7月 8日 from 日常つれづれ

 読んで字のごとく、ですが、本日でめでたくこのblogは一周年です。  最初のエントリは、去年の7月8日に書いた「大阪心斎橋で、小粋な割烹に心酔した」というもの。この頃はまだデジカメ画像はアップしてませんでしたね。  もともとこの食い倒れ日記は、僕が友人を中心にした100名程度の人に向けて、出張先で...

→→→この続きを読む

富良野には実に凄いラーメン屋まであったのだ。 麓郷「とみ川」

2004年7月 7日 from

 小鳥の声で目が覚める。唯我独尊の宮田家の一室、まるでペンションのような綺麗な部屋のベッドで寝ていた。昨晩、D黒さんがこう言っていたのだが、まさに本当だった。 「この家で寝ると、本当に深い睡眠に入れるんですよ!都会とは全く違うんです。きっとマイナスイオンとか、色んな要素が絡まっているんでしょうね!」...

→→→この続きを読む

シンコの季節だぜ!

2004年7月 7日 from 食材

結婚式があけて初めての開店日。寿司処 匠に行く。ネタも全て新しくリフレッシュで一番いいタイミングだ。 「どうだい ゆっくり休めたかよ?」 「いや、まだ引っ越しが終わんないんだ。」 お疲れさんである。 と、ネタケースを覗くと、なにやら小さい切り身が、、、 シンコだ! 「なんだよ もう出てきたか!」 「...

→→→この続きを読む

富良野はスゴイところだった! 唯我独尊の燻製と地ビールは実に旨いのダ!

2004年7月 6日 from 出張

 唯我独尊のカレー大盛り&普通盛りを食べて大いに感激したが、この後また地ビールが待ち受けている。宮田マスターが展開する地ビール館「富良野地麦酒館」に行くのだ。マスターも「後から行くよ!」と仰るので、D黒さんと二人で先に出て、ビールをいただきながら待つことにした。 「いや、すごいパワーですね宮田マスタ...

→→→この続きを読む

ああ、こう来たか!

2004年7月 5日 from 日常つれづれ

わははは 久しぶりに笑ってしまった。 すっかり大騒ぎになっているライブドアの堀江社長さんだが、4日からTVCMがネット上でも配信されている。 ■ライブドアトップ > CM特集 http://summer.livedoor.com/cm.html これの「エレベーター編」と「エレベーター編水着バー...

→→→この続きを読む

本日、寿司匠の加藤ちゃん結婚式です

2004年7月 3日 from 首都圏

12時45分から、有明ワシントンホテルにて、加藤ちゃんの結婚式。ワタシメが友人代表スピーチです。これからスーツに着替えて行ってきマース! 、、、報告を待て。...

→→→この続きを読む

カレーファンよ「唯我独尊」のソーセージカレーを食べに行こう!

2004年7月 2日 from

(その1より続く) 宮田さんは、学生時代はラガーマンだったというだけあって、それほど背は高くないものの、がっしりした体躯、デカイ声、常に前傾姿勢的に話をしまくるパワフルな人だ。 「おう、よく来たよなぁ~ カレー、食べてって!そんで、うちでゆっくりしてってよ!」 そう、なんと本日はD黒さんのおかげもあ...

→→→この続きを読む

富良野はスゴイところだった! カレーファンよ「唯我独尊」のソーセージカレーを食べに行こう!

2004年7月 1日 from 出張

 いや、びっくりした。浅薄であった。富良野というところは、ドラマのロケ地になっているだけの上っ面ばかりな場所かと思っていた。謹んで取り消そう。富良野には素晴らしき食の守人達が居る。  帯広で白樺の生ラムジンギスカンを7人前食べて腹が落ち着いた(?)ところでアグリウェザー社ご一行とお別れし、レンタカー...

→→→この続きを読む