京都にいます

2006年6月30日 from 出張

新潟から一転、京都に来ている。昨日の夜はヘビーだった、、、 さて本日インデアンの阪急三番街店に寄って帰れるだろうか?? ...

→→→この続きを読む

「ぼんぼり」あらため「バルバリ」でバルバリ種の鴨を喰らう

2006年6月28日 from 首都圏

日本橋ぼんぼり京橋店が「東京バルバリ」と店名変更したのは先日エントリに書いたばかりだ。僕の事務所から歩いて7分くらいでいけるので、一人で夜、腹が減ったときに特製シェフカレーを食べに行ったりする。ここんとこ最も頻度高く訪れる店になっている。ちなみにここのシェフカレーは、歩いていける距離にある「インデ...

→→→この続きを読む

ぬおっ すごいトマトが開発されている!

2006年6月28日 from 食材

横須賀で年間150品目以上を作付けする、野菜のびっくり箱的農園である長島農園の勝美君から、またもやすごいものが届いた。 「やまけん、県が育種している試験品種なんですけどね。やたらと旨み成分が濃くて、みそ汁の出汁にしてもいいくらいのものなんですよ!生で食べてもまずいけど、トマトソースとかにしてみてく...

→→→この続きを読む

新潟市にはタレカツ丼がある! とんかつ太郎で甘辛タレカツ丼を喰らう!

2006年6月28日 from 出張

先日からどうも新潟づいている。週刊アスキーの連載で長岡・上越に行ったと思ったら今週は新潟市だ。新潟は都に近い方から上越・中越・下越と並んでいるが、ここ数週で全部を回ることができたことになる。新潟県の印象としては、とにかく道がゆったり広い。そして駅舎などの建物が異様に豪華。そして美人度が高いというの...

→→→この続きを読む

総走行距離363キロ!秋田県縦断 日本酒としょっつると旨い飯ばかりの豪雪体験だったのダ! その6 魂のしょっつるバカ一代を観た!穏やかで柔らかいその液体に驚愕!

2006年6月26日 from 出張

※「しょっつる(塩汁)」についてこのブログで書いてきたのを観てから読んだ方が、日記の意味がわかると思います。 ■ 秋田県が世界に誇る魚醤のニューウェーブ 「トトミー」http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/2004/04/post_197.html h...

→→→この続きを読む

サッカーよりラッキョウ。

2006年6月23日 from 日常つれづれ

サッカー日本代表には頑張って欲しいが、それより僕にはこの時期、ラッキョウをうまく漬けることができるか否かのほうが重要事項だ。いま、粗漬けを終えて塩抜きをしている。 明日、調味酢に漬け込む。今年は調味酢にもはりこんで、飯尾醸造の富士酢一升瓶を二本買い求め、甘めの酢をつくった。 日本の食文化の崩壊は着実...

→→→この続きを読む

新潟ってすごい!長岡~上越地域食の宝庫を味わってのけぞった! その1 関要肉店のメンチとコロッケが熱い!

2006年6月21日 from 出張

新潟県長岡市に来た。駅の作りも、道路の幅もなんだかゆったりした印象を受ける。初めての土地を踏むとやっぱり全てが新鮮だ。 週刊アスキーの連載「旅三昧」の取材だけれども、それにかこつけて、長岡に行こうと思い立ったのだ。長岡といえば、一昨年から巾着茄子(きんちゃくなす)の産地。覚えておいでだろうか、この巾...

→→→この続きを読む

可憐なアマユリの花を食べて、罪悪感と恍惚と感動を味わってしまった!

2006年6月20日 from 食材

先日、ユリ課植物の山野草であるアマユリが死ぬほど旨い!という記事を書いたわけだが、数人の読者さんからご連絡をいただいた。 ・アマユリというのは方言らしく、正式には「ナルコユリ」が正しいようです。 ・広く生息する山野草で、富山県にもあるとのこと。 ・山形では、栽培を試みているグループがあり、出荷もでき...

→→→この続きを読む

本日、このブログは1000エントリを迎えました。 それと、お知らせ

2006年6月19日 from 日常つれづれ

2003年7月から書き始めて3年弱、このブログのエントリ数が1000件となりました。7月までのエントリ数20件くらいは書けると思うので、一年で340エントリくらいのペースになるのでしょうか。よくもまあ、書いたものです。ここまでおつきあいいただいた皆様、どうもありがとうございます。そして今後もよろしく...

→→→この続きを読む

沖縄からキッペイ来る ~江戸前の夜とキンタコソース

2006年6月19日 from 首都圏

沖縄から、キッペイがやってきた。このブログの沖縄編では必ず僕やカガヤをディープ沖縄食文化ゾーンに誘ってくれている親友である。 「美味しい江戸前のお寿司って食べたこと無いんだよねー」 ということで、在京の沖縄県人タクの発案で匠を予約。そしてカガヤと竹も参戦。久々にこんなメンバーで匠に集まることになっ...

→→→この続きを読む

いったい何なんだ、この新潟のパワーは!? 上越にて旨いもの前線ドンピシャ遊行である!

2006年6月16日 from 出張

無事、講演終了。新潟のケーブルテレビの会員のかたは、数日後、私の講演が流れるかもしれませぬ。 しかしいったいなんなのだろう、この新潟のパワーは。昨日の長岡でもそうだったし、本日の上越でも人の持つエネルギーがやたらに熱く濃い。 ここ数週間胸の内にもやっと鬱積していたわだかまりが、すべて洗い流されてしま...

→→→この続きを読む

新潟ってすごい!長岡~上越地域食の宝庫を味わってのけぞった!

2006年6月15日 from 出張

新潟に出張できています。これから講演するところです。昨日からもうノックアウトされっぱなし。関東では新潟といえば米と酒、くらいしかイメージが生成されていないとおもうけど、トンデモナイ!素晴らしい地域食の宝庫であった。とりあえず速報版で一日目の旨いもん画像をば。 追伸: それにしても素晴らしいのは、新...

→→→この続きを読む

日本橋ぼんぼり京橋店が「東京バルバリ」に店名を変更するとのことだ!

2006年6月15日 from 首都圏

タイトルに書いたことが全てなのだが、、、 いまや予約必須の超人気店になってしまった日本橋ぼんぼり京橋店が店名を変更する。新しい名称は「東京バルバリ」だ。 って、鴨か! 新しい店のロゴはこれだ! なんで店名変更するのかというと、店長の池田ちゃんによればこういうことである。 いつも大変御世話になっており...

→→→この続きを読む

総走行距離363キロ!秋田県縦断 日本酒としょっつると旨い飯ばかりの豪雪体験だったのダ! その5 グレイト居酒屋「べらぼう」ナイトで秋田の味覚が勢揃いだったのダ!

2006年6月15日 from 出張

※再度更新。べらぼうナイト編は完結でございます。 ※更新しました!ただいま新潟出張中! ※ヤツメウナギはミミズとは全然遠縁ということをメールで教えていただきました。ホッよかったぁ。渡辺さんありがとうございました!そのほか、かずかずの秋田のかた、メール有りが等ございます、秋田編はまだまだ続きます、、、...

→→→この続きを読む

総走行距離363キロ!秋田県縦断 日本酒としょっつると旨い飯ばかりの豪雪体験だったのダ! その4 銘酒「喜久水」、そして魂の酒店・天洋酒店を巡る

2006年6月13日 from 出張

さてグリーン豆腐を口にせずに向かった先は、能代市にある喜久水酒蔵だ。同名の酒蔵が長野にもあるが関係はないのでご注意。事務所に入ると、当主の喜三郎さんが待って下さっていた。 「いやどうも寒い中いらっしゃい。雪がなければトンネルに連れて行って上げようと思ってたんだけどね!」 トンネルというのは、この喜久...

→→→この続きを読む

なぜかICCのイベントに出ます

2006年6月12日 from 日常つれづれ

新宿のオペラシティにインターコミュニケーション(ICC)という、情報の博物館のようなスペースがあることはご存じだろう。また雑誌でも季刊 InterCommunicationという、けっこう先鋭的な紙面が発売されている。僕が慶応SFCの二期生として入学してから、わけもわからず興奮しながら読んだ(という...

→→→この続きを読む

絶品の生粉打ち蕎麦 銀座「流石」でタツヤンと蕎麦を食う。

2006年6月11日 from 首都圏

※土曜日定休と書いていましたが、月曜日定休の間違いでした。もうしわけない、お間違いないようお願い致します。 例によって例のごとく、広島の竹鶴酒造の石川達也杜氏が東京にやってきた。冬の造りも終了し、純米酒が秋あがりに仕上がる手前の今のタイミングに東京に出てくるというのが、蔵で働く人の基本パターンだ。今...

→→→この続きを読む

秋田の銘酒「白瀑」の金賞受賞酒はこれだ!

2006年6月 8日 from 出張

3日前に書いたエントリ「白瀑」が、今年度の新酒品評会で金賞を受賞したことは速報したとおりだが、なんと本日事務所に受賞酒が届いてしまった! 舟を使わず袋釣りで絞った大吟醸酒である。うーむ贅沢きわまりない。 同封されていた手紙には常務からのお礼の言葉がしたためられていた。 「新しい杜氏の酒はとても好評で...

→→→この続きを読む

総走行距離363キロ!秋田県縦断 日本酒としょっつると旨い飯ばかりの豪雪体験だったのダ! その3 世界レベルの旨さ!松岡グリーン豆腐と銘酒「喜久水」、そして魂の酒店・天洋酒店を巡る

2006年6月 7日 from 出張

「やまけんさん、次は八森が誇る素晴らしい豆腐を食べに行きましょう!その名も「グリーン豆腐」です!」 そう佐々木一正さんが叫ぶ。それを訊いた”白滝”の山本さんも「ああ、松岡のところですか」と笑う。なんと山本さんとその松岡食品さんの若旦那とは同級生だという。ということは、ここもまた同期35歳なのであっ...

→→→この続きを読む

総走行距離363キロ!秋田県縦断 日本酒としょっつると旨い飯ばかりの豪雪体験だったのダ! その2 白神山地の甘~い軟水を使った銘酒 ”白瀑”

2006年6月 6日 from 出張

(その1から続く) 素晴らしい昼食をいただいた「入船」を出て街道を走る中、すぐに横殴りの雪が降ってきた!さっきまでの細々と晴天がみえていた風景から全く変わってしまう。 「これが秋田なんですよ。最後の旅程まで、気が抜けません。ほんとにタイトロープのスケジュールなんですよ!」 と佐々木一生さんが言う。車...

→→→この続きを読む

アイラブ ユリ科植物! ギョウジャニンニク、アスパラガス、アマユリの饗宴 その2

2006年6月 4日 from 食材

アスパラ二種を浴びるほどに食べまくったわけだけれども、実はこの同時期に山形から送られてきたある山菜というか山野草が、このアスパラ二種以上の衝撃を僕に与えたのである。 その山野草の名前は「アマユリ」。 実はこのアマユリで検索しても、なかなか該当すると思われるものがでてこない。 このアマユリを送ってく...

→→→この続きを読む

おめでとうございます! 京屋酒造の芋焼酎がモンドセレクションにて特別金賞を受賞! 渡邊社長の人徳と実力に恐れ入る。

2006年6月 1日 from 食材

宮崎県日南市にある京屋酒造とはずーっとご縁を持たせて頂いており、宮崎方面に行くときは必ず伺うわけだが、なんと京屋の焼酎「河童の誘い水」がモンドセレクションで特別金賞を受賞したとのことだ! ■速報ページ http://monde.client.jp/monde/16.html いやー めでたい! 実直...

→→→この続きを読む

アイラブ ユリ科植物! ギョウジャニンニク、アスパラガス、アマユリの饗宴 その1

2006年6月 1日 from 食材

NHKラジオのビュッフェ131でアスパラガスをとり上げるため、グリーンとホワイトの双方を産地から直送してもらった。ホワイトアスパラガスは北海道は中富良野町のとある農場、グリーンは岩手県の金ヶ崎のものだ。 みな知っていると思うけど、ホワイトアスパラガスは、アスパラガスに陽光をあてないように土を盛り上...

→→→この続きを読む