畜産システム研究会の会場となったのは北大の静内キャンパス。なんと470haもの敷地内は、動物ワンダーランドだったのである! 肉牛のヘレフォード種と短角種、そして本物の道産子・馬を観た!

2009年6月29日 from 出張,日本の畜産を考える

※記事内を部分修正しました この週末は、北海道で開催された畜産システム研究会という組織のシンポジウムに参加していた。「畜産システム」というと、なんとなく高度に情報システム化された畜産方式の研究会と思われそうだが、むしろその逆で、林間放牧など、その土地土地の環境を活かした畜産方式を研究テーマと...

→→→この続きを読む

業務連絡 この2日間、携帯電話がありません

2009年6月29日 from 日常つれづれ

週末、所属している畜産システム研究会のシンポジウムで北海道に行ってきたのですが、帰りの新千歳空港内にウィルコムの携帯電話を置き忘れてきてしまいました。発見されたのですが、届けて貰うのが最短で明後日着になる見込み。しばらく電話だと連絡がつきませんので、仕事の関係などはメールにてお願いいたします!...

→→→この続きを読む

日本には識られざる観光名所の予感がする地域がまだまだある。大分県は由布院よりこちらの方が面白いかも! 塚原高原の可能性はでかい! その2 自然食ゆうど

2009年6月24日 from 出張

さて湯布院の裏の山の上の高原である塚原の探検はまだ続く。観光協会長の藤澤さんが「さぁ、次にいくわよ!」と連れて行ってくれたのは、どーんと由布岳がみえるロケーションにあるお店。 ■自然食ゆうど http://www.shizenshokuyudo.com/ 「ここは...

→→→この続きを読む

ホンモノの琉球料理の伝承の店がまた一つ、その歴史に幕を閉じる。「琉球料理乃山本彩香」が、本年の8月いっぱいで閉店します。まだ行っていない人、もう一度は行きたいと思う人、沖縄行きのチケットをとって駆けつけるべし。

2009年6月22日 from 出張,常夏の楽園・沖縄を食べ尽くす

沖縄に居る人達は、地元新聞「沖縄タイムス」などですでにご存じと思う。県外の人達に対しては、「告知よろしく頼みます」ということなのでここに告知します。(クリックで拡大します) あの「琉球料理乃山本彩香」が、今年8月末で閉店する。僕は「ホンモノの琉球料理」がなんたるかをあまりわかっていな...

→→→この続きを読む

f1.4の世界は激烈に難しい、、、

2009年6月21日 from カメラ

知人からAiAFニッコール85mmf1.4というレンズを借りていることは前にも書いたと思う。このたびの京都・丹後地方の二泊三日にも連れて行ったのだけど、本当に使うのが難しくて苦労した。 f値というのは、検索して調べてもらうといいと思うが、レンズの性能を示すもので、値が小さければ小さいほ...

→→→この続きを読む

京都府の宮津市・飯尾醸造の田んぼが綺麗です

2009年6月18日 from 出張,農村の現実

丹後にある、短角牛と黒毛和牛の交雑種(F1)を生産している牧場の視察があるのだが、それなら手前の宮津で一泊と思い、飯尾醸造さんを訪れています。 まずは恒例の「こんぴらうどん」にて食事。 この店の超絶な出汁の美味しさを知るためにも、何も入れない「かけ」は食べておくべき。 キュッと冷水で締め...

→→→この続きを読む

オリンパスのマイクロ一眼 E-P1 実にいいじゃないか!

2009年6月17日 from カメラ

オリンパスから正式にリリースされたE-P1。実に佳いカメラだと思う。 まず、小さい。一眼レフには必須だったペンタミラーというものを排したことで、なんとボディ重量がコンパクトデジカメの大きいもの程度の重さ335gである。 しかし、コンパクトデジカメとは違い、レンズ交換式カメラなので様々なレン...

→→→この続きを読む

岩手日帰り出張顛末

2009年6月17日 from 出張,食材

今週は堂々の出張ウィークです。それにしてもやっぱり二戸日帰りは辛いよ、、、 まずはホウレンソウ! 岩手県の軽米町にて、有機JASを取得しての契約栽培をしている福田さんを訪ねた。 彼の経営は、ホウレンソウのハウスを数棟、面積にして4反歩程度。それを年に5回転して、かなりの収益を...

→→→この続きを読む

これまた久しぶりのインデアンカレー東京店

2009年6月15日 from 日常つれづれ,首都圏

僕のインデアンでの定番の頼み方は、ご飯大、ルー大、卵、ピクルス大というものだ。けれども実はこれもインデアン名物の、特徴的な味がするハヤシライスも大好き。酢豚のようなおおぶりなタマネギのカットが実に甘くて美味しい。カレーにしようかハヤシにしようかといつも二律背反で迷う。そこで最近はカレーのレギュ...

→→→この続きを読む

久しぶりの東京バルバリ

2009年6月15日 from 首都圏

とはいっても、こうしてブログにあげるのが久しぶりというだけなのだけども。 じゅんさい入りのガスパチョ ハモのせ 岩ガキの青のりジュレのソース マコモダケと鯛のグリル。マコモダケの白アスパラとタケノコの風味を足して割ったような香りがとても佳い。 あぐーのロースト。ここまで大胆...

→→→この続きを読む

日本には識られざる観光名所の予感がする地域がまだまだある。大分県は由布院よりこちらの方が面白いかも!  塚原高原の可能性はでかい!

2009年6月12日 from 出張

大分県の観光地と言えば、昔は別府が中心だったろうが、いまは由布院というのが相場だろう。 「いやでもね、ヤマケンさんにぜひ遊びに行って欲しい場所があるんですよ!由布院の奥にある高原地帯なんですけどね!」 と仰るのが、大分県の漁港である佐伯市蒲江編をやったときにお世話になった、県の職員であるT...

→→→この続きを読む

これは佳い商品だ! 田原飲料のフェアトレードコーヒー飲料「ECO・BLACK」

2009年6月10日 from お取り寄せ,食材

この世はものすごい偶然に満ちている。このエコ・ブラックというコーヒー飲料との出会いも不思議なものだった。 ある通販会社といま仕事をしているのだけれども、その商品評価の席で、男性社員の方が「冷たいものでもどうぞ」と出されたのがこのコーヒー飲料だった。普通なら缶コーヒーが出てくるだろうに、紙パッ...

→→→この続きを読む

活きのいい若き生産者たち、大分にもいた!

2009年6月 9日 from 出張,農家との対話

大分県といえばだんご汁ととり天である。 とり天はカラシ酢醤油で食べるものと思っていたけど、どうやら地域によっても違いがあるらしい!そうか、そうなのか、、、まだまだ大分の深遠なる郷土食の世界は深そうだ。 さて 自治体主催の仕事で呼ばれると、その地域で元気のある農家達が集まって...

→→→この続きを読む

梅は、可憐だ!

2009年6月 9日 from 食材

梅が出回り始めた。上の写真の梅は、店頭でみる一山いくらのものよりはっきりと赤い。これは、和歌山の南高梅の樹の上の方で、日照を浴びながら育ったもの。外側に生っているものだけ色づくので、それを選り分けたものだ。これを漬けると綺麗なピンク色になるという。野菜の学校のスタッフの方が、自ら摘んできてくれ...

→→→この続きを読む

ああ写真って素晴らしい! 二戸市在住の名写真家 高村さんのスタジオにて、中判カメラに思いをはせる

2009年6月 8日 from カメラ,出張

恒例の岩手県二戸市での仕事の後、十文字さんと落ち合った。十文字チキンカンパニーという、ブロイラーの業界で5本の指に入る会社の社長さんである。初めてお会いした時に、カメラ好きだということを伺って以来、どちらかというとカメラ情報交換相手として交流が続いている。なにせこの方、カメラの購入・売り払いの...

→→→この続きを読む

週末 タマネギの収穫と紫陽花

2009年6月 8日 from 日常つれづれ

真鶴の圃場にて、タマネギがようやく太りだした。中にはちゅうだい(とうが立つこと)を始めたものもあったので、急いで収穫。 牛糞と鶏糞主体で造ったので、それほど玉太りしていないけど、まあ仕方がない。味は上々なはずだ。有機質のみで育てたタマネギは、なんといっても繊維感と味の凝縮度が違う。 ...

→→→この続きを読む

キュウリの花

2009年6月 6日 from 食材

NPOで運営している「野菜の学校」は、今月はキュウリがテーマ。 キュウリの花が綺麗に咲いている根本には、もうすでにふくらみかけたキュウリの実がなりかけている。 いぼいぼの部分をみてみると、実は透明な液胞のような感じであることがわかる。ちなみに、これは現在主流の白イボキュウリだ。キュウ...

→→→この続きを読む

食べ物ではありません。美しい、それは美しい、心が浄化されるような湖に行ったのです

2009年6月 5日 from 出張

  上士幌にて二日目は、仕事とは全く関係ない時間として半日あてていた。土日も自宅で仕事をしている関係上、どこかで息を抜かなければ、さすがに糸が切れてしまう。隣近所さんがすくなくとも500メートルは離れていて、PHSの電波も入りにくい村上農場は本当に居心地がよくて、ついついお休みをさせてい...

→→→この続きを読む

帯広にて携帯が電池切れ

2009年6月 4日 from 日常つれづれ

十勝での2泊3日の旅程を終えて帰途についています。さきほど、ウィルコムPHSの電池が切れました。充電忘れていた、、、 明日午前まで電話では連絡つきませぬ。急ぎの方はメールでお願いします、、、...

→→→この続きを読む

北海道・十勝の上士幌は村上農場に来ています。

2009年6月 4日 from 出張

dancyu誌の熟成ジャガイモ特集を書かせてもらったときに出会った村上農場に来ています。 やっぱ でけぇわ、、、北海道の大地は。 この方が村上知之さん。ジャガイモを自分の倉庫で越冬させ、熟成させて出荷するという超・面倒なスタイルを確立させつつある農家さんだ。 そしてこの知之さ...

→→→この続きを読む

島根県の元気な農業者の極めつけは、かつべ種畜牧場の勝部さんに決定である! 久しぶりに黒毛和牛を美味しいと思った一夜だったのだ!

2009年6月 1日 from 出張,日本の畜産を考える,農家との対話

島根県は実に凄みのある農業県だと実感したのは、旅程の最終地点であるかつべ種畜牧場に踏み込んだときだ。 「種畜」とは、要するに種を提供するオス牛だ。肉質の善し悪しのほとんどは、血統によって決定されるといっても過言ではない。そして、オス牛の血とメス牛の血のどちらが重要視されるかという...

→→→この続きを読む

鯨が沖に戻ってよかった。 和歌山よいとこ めはりずしが旨い!

2009年6月 1日 from

和歌山県のとある湾に迷い込んでいるとみられていたマッコウクジラが沖に戻ったようでよかった。実は5月後半に和歌山に行った際、遠くからクジラが顔を出しているところをみていたのである。 300mmの望遠で撮ったので、大気のガスが写ってしまって鮮明でないが、海面に浮いているのがわかるだろう。マ...

→→→この続きを読む

じとっと蒸した一日、でも門前仲町で旧友と会った休日

2009年6月 1日 from 日常つれづれ

雨が降る、、、密閉性の高いマンションに住んでいると、冬は暖かくて佳いのだけど、春以降は部屋の中が蒸して不快指数が高くなる。僕のように、夏場は50メートル歩くだけで汗まみれになってしまう人間にとっては地獄だ。 出張続きで疲れている身としてはずっとごろごろ寝ていたくなるけど、それだと逆に疲れもとれない...

→→→この続きを読む