菊菜の撮影

2010年9月30日 from 食材

宮崎から帰還後、羽田空港で高知から上京した公文さんと合流。そして銀座の東京ガスのクッキングスタジオ「+G」へ。11月1日に料理人&料理メディア向けに開催する「赤肉サミット」の肉焼きリハーサル。その後、もろもろデザイン案の検討等をやってもうへとへと。 事務所に着いたら、菊菜が待っていた。濡れ新聞...

→→→この続きを読む

チキンなんばんといえば、宮崎空港3Fにある「魚山亭 空港店」が一番美味しいと思っていたが、、、異変!?

2010年9月29日 from 出張

また宮崎に来ています。 10時半に空港着、そのまま僕が一番すきなチキンなんばん(←分からない人は過去ログ検索してください)を出している「魚山亭」の空港店へ。いつもどおりチキンなんばん冷や汁定食を頼んだのだが、、、 むむむむむっ!? 料理人さん、変わった? 全...

→→→この続きを読む

高知のチキン南蛮の標準はここ! 「鶏心」のオーロラソース系タルタルと、意外や意外のビックリ美味しいインドカレー!

2010年9月28日 from 出張

「高知県民がチキン南蛮っていわれたときに思い浮かぶのはね、宮崎の本場のものとは違うんですよ」 と、三谷ミートの専務に言われたのが、すごーく気になっていたのだ。 チキン南蛮はいわずとしれた宮崎県発祥の食べ物。このブログでもイヤというほど書いてきたけど、高知県バージョンというのは初めて耳にした!...

→→→この続きを読む

高知では圧倒的に電波が入らなかった! 土佐ジローの卵と肉について語り合った昼と夜

2010年9月24日 from 出張,日本の畜産を考える,農家との対話

今回の高知のテーマは土佐あかうしではなく、地鶏の土佐ジローだった。土佐ジローについてはまたゆっくり書きたい。ちょっとまた繁忙の波が来ているので、まずは写真のみドカンとアップ。 小松精一さん。高知県内で唯一、土佐ジローのオス鶏を肥育し、安定的に供給している人だ。このたび年齢差22歳の可愛い嫁...

→→→この続きを読む

五穀豊穣 ~お米のつきかた違いを味わいわける会~ 恵比寿ガーデンプレイスにて開催します。

2010年9月21日 from イベント

きたる10月3日(日)、恵比寿ガーデンプレイスにて「お米」イベントを開催します。グッドテーブルズが企画協力している「大地はうまい」セミナー、今回は直球勝負。 「つきかた違い」の「つきかた」ってわかりますか?お米を精米することを「搗く(つく)」というアレです。もみをとっただけで、全くお米を搗かないの...

→→→この続きを読む

藤沢市の飯島農園から、最近の梨の人気品種・「あきづき」送られてくる

2010年9月21日 from 日常つれづれ,食材

写真の、一番手前が「あきづき」、次が「秀玉」、その後ろが「新星」。学生時代に畑を貸してくださっていた師匠である飯島農園から送っていただいた。飯島さんは代々続く専業農家で、最近では野菜よりもブドウに梨といった果樹に力を入れている。JA系統出荷もするけど、大学の近くにできたJAの直売施設の長にもなっ...

→→→この続きを読む

いきなり、超繁忙。

2010年9月14日 from 日常つれづれ

いやー いきなりすっごく忙しくなってしまった。645D編ちょっと待ってくださいませ、、、 11月1日に開催する「赤肉サミット」で、試食用の肉を調理していただくのは、この方。 青山「ランベリー」の岸本シェフだ。向島生まれ、おばあちゃんもそうだというから見事に三代渡っての江戸っ子。パワフルで情熱...

→→→この続きを読む

ペンタックス645Dはすごいカメラだったよ! フルサイズのその上をまざまざと見せつけられた瞬間だったのだ! 645Dと共に歩いた秋田・比内のひととき

2010年9月10日 from カメラ,出張

週刊アスキー誌上での僕のレビュー記事も無事掲載されたので、ブログに書いていこう。ちょうど昨日、ペンタックスの入門機K-rの発表があったようだけど、最近ペンタックスが熱いですのう。ちなみにK-r良さそう。ボディカラー赤、グリップ黒、レンズ赤でオーダーしたい!と思っちゃった。もうカメラもここまで...

→→→この続きを読む

サステイナブル・シーフード・研究会 のための試食会inアクアヴィーノ

2010年9月 7日 from 水産物を考える

実はいま、世界の食シーンで魚への関心が高まっている。それも、単に「食べて美味しい」ということだけではなく、 「それは食べてよい魚なのか?」「乱獲していないのか?」「環境破壊などにつながっていないのか?」 ということが同時に問題になっている。クロマグロの危機や、捕鯨に関する抗議活...

→→→この続きを読む

さちの肉を巡る物語最終章 静岡県富士宮市「さの萬」さんのドライエージング肉をいよいよ焼く!

2010年9月 6日 from 出張,日本の畜産を考える

さていよいよ焼きだ!佐野社長はドライエージングビーフ(DAB)を求めてもう何十回も欧米を訪問しており、アメリカのDAB業者のところに通い詰めて、とうとう熟成の秘密をかなり深いレベルまで教えてもらっている人だ。だから当然、焼き方も一過言ある。 「そうですね、DABの特徴として、普通にズーッと...

→→→この続きを読む

日曜日ですが仕事をしてました。 「薬は、本来からだがもつ自己治癒力を高めるもの」という日水製薬の考え方に共鳴した。そして、ホメオパシー論争に思うこと。

2010年9月 5日 from 日常つれづれ,首都圏

※最後の方、ちょっと文言修正しています。 はい、きょうも朝の11時~いま夜の8時まで仕事してました。日水製薬(日本水産つまりニッスイの関連会社)と、その製品である医薬品を扱う小売店(薬屋さん)の会の総会。ニッスイの社長さんと僕が講演をしました。 昔からこのブログ読んでるヒトならご存じの通り、僕はで...

→→→この続きを読む

さちの肉を巡る物語最終章 静岡県富士宮市「さの萬」さんのドライエージング肉はこうして捌かれる。 その2 これぞ職人芸だぜ!

2010年9月 4日 from 出張,日本の畜産を考える

さてと、どでーんと横たわったこの肉塊。肉の表面は酸化して黒ずみ、ガビンガビンになっているのがわかるだろう。ドライエージングビーフ(DAB)をやろうとするとこのガビガビを切りはずさなければならないため、当初の肉の重量から大きく歩留りが悪くなる。 で、さの萬さんの工夫が肉上部に見える骨だ。日本では...

→→→この続きを読む

今日の昼はまたもや盛岡冷麺の名店「もりしげ」

2010年9月 3日 from 出張,日常つれづれ

きたる11月1日に、僕の会社主催で「赤肉サミット」なるものを開催します。とはいっても一般向けイベントではなくて、シェフまたは料理マスコミさん向けなのだけど。内容は、「赤身肉」に特徴のある牛の品種を複数集めて、同じ条件で食べ比べるというもの。おそらくいままで同様のことを実施した人はいないであろう、...

→→→この続きを読む

東京帰着。そして我がThinkPadX200sとの別れが決まったのである、、、

2010年9月 3日 from 日常つれづれ

岩手から東京に帰ってきました。なんだか、東京という街が非常にホッとする空間になっているのは何故なんだろう。住めば都なんだな、、、 で、帰ってきてレノボから届いたFAXを見てびっくり仰天。先日故障して修理見積もりを出すためにレノボに送ったThinkPadX200s、なんとシステムボードがイカレテイル...

→→→この続きを読む

さちの肉を巡る物語最終章 静岡県富士宮市「さの萬」さんのドライエージング肉はこうして捌かれる。さちの肩ロース一本をドライエージングにしてみた結果、賛否両論のおもしろい肉になったのだ!

2010年9月 3日 from 出張,日本の畜産を考える

さちの肉の話はまだ終わっていないのでした。さる一日、静岡県の富士宮市へ向かう。精肉店「さの萬」さんに、さちの肩ロース一本をドライエージングにしていただくため預けてあるのが仕上がってきたという連絡があったのだ。 ドライエージングとは、主に米国で行われている牛肉の熟成方法だ。牛肉は1週間以上熟成さ...

→→→この続きを読む

高知から帰還。 そして明日朝一で岩手に入ります。編集者様、ブログ書かせてもらいます。ゴメンね。

2010年9月 1日 from 日常つれづれ

二泊三日、高知県をかけずり回り、灼熱の太陽の下でシャワー浴びたかのように汗をかき日焼けをする。 ホテルに帰ったらバタンキューしたいけど原稿アリ。PC故障で遅れたスケジュールを取り返すために必死に書くが、某月刊誌と某ムックと、そして新しい新書の原稿まで行き着けない。ごめんなさい。ちょっと延ばしてくだ...

→→→この続きを読む

高知の夜はやっぱり 「菜とな」

2010年9月 1日 from 出張

高知市内に泊まるなら、いちどは足を運んで欲しい店、「菜とな」。今夜も旨かった。 おいしい鯖、土佐清水からはいっちゅうよ! ...

→→→この続きを読む

「強力」と「優男」 僕が名付け親になった土佐あかうしに会いに行く

2010年9月 1日 from 出張,日本の畜産を考える

高知二日目、、、暑い! やばいほどに暑い! 直射日光をまともに受けると10分で気が遠くなります。地元の人たちも「これはきついわぁ、、、」と引き気味。そんな中、畜産試験場のある佐川・斗賀野あたりまでの遠出。 ...

→→→この続きを読む

夜は 高知市内 地産料理「花鳥風月」 にて天然鰻と鰹の塩たたきとゴリ汁を堪能し、その後に原稿を一本仕上げたハードな夜

2010年9月 1日 from 出張

前のエントリになんで文字を書いてないかというと、そんなん書いてる時間あったら原稿書け!という声が後ろから聞こえてくるからです。モウシワケナイ、、、予想外のPCトラブルで完全にパンクしました。 ということで食べたもののみ、、、...

→→→この続きを読む