これから福岡~熊本。今晩は阿蘇の産山村で放牧されたあか牛を益城町でドライエイジドビーフにしたステーキと、長陽村のぽっこわぱ農園の野菜サラダの夜だ!

2016年5月30日 from 出張

これから福岡に行ってきます。キャナルシティ内のホールスクエア福岡にて、昼は赤身肉セミナー、夜は表題の通り、震災前からドライエージング熟成を施し、被災後も奇跡的に無事だったあか牛のエイジドビーフを食べる会だ。 主催の丸菱が「やまけんさんの師匠の農場の野菜もぜひ出しましょう、おなじ熊本で頑張ってる...

→→→この続きを読む

岩手・久慈市の夜を楽しむ。絶品剥きたてのホヤと海鮮を楽しみつつ、〆のアサリラーメン!いまは見かけないカセットテープの銘柄の話題で盛り上がりまくった夜!

2016年5月27日 from 出張

さて田野畑からまた1時間半くらいかけて久慈市にあがる。いっておくがまだ3カ所しか廻ってないが、もう夜である。岩手県はデカい。どんなにでかいかというと、一県で四国の四県分の面積があるので、その半分を廻るといったって2つの県を走り廻る覚悟が必要なのである。 さて、久慈市では懐かしの久慈グランドホテ...

→→→この続きを読む

岩手県田野畑村の、見下ろしたらすぐに海!の岸壁に絶景のロレオール田野畑が開店!伊藤勝康シェフのこれからがまた楽しみだ!

2016年5月26日 from 出張

さて田野畑村に廻ってもらったのは、ここに顔を出すためだ。 岩手各地の食材をフレンチに落とし込み、素晴らしい料理を提供してきた伊藤勝康シェフ。東日本大震災直後から、自分の店よりも沿岸部の被災地に毎日のように炊き出しに出動。しかも山形のアル・ケッチァーノ奥田さんなどと共闘し、県外から押し寄せるボラ...

→→→この続きを読む

一生の宝にします! 檀流クッキングの正統後継者・太郎さんからご著書と、晴子さん手造りのジャムをいただく!しかもすべてにサイン入り、、、涙出そうです。

2016年5月24日 from 食べ物の本

先般ここで紹介した「完本・檀流クッキング」、大好評で売れているそうだ。amazonアフィリエイトのレポートを見ても、うれしいことに数十冊のオーダーがはいっているので、僕のブログを読むような人はやっぱりこの本に惹かれるところがあるのだろう。 そりゃそうだ!僕の料理観が築かれる頃に愛読していたのが...

→→→この続きを読む

八重洲のステーキ・西洋料理 「島」 にて久しぶりに炉窯ステーキを堪能し、ど迫力のヒレステーキサンドに驚く!!

2016年5月24日 from 首都圏

昨年あるご縁で仲良くしていただいている社長さんが「やまけんさん、あなた肉の仕事してるんだからここにいかなきゃいけませんよ」と連れて行っていただいた。 東京は八重洲の「島」。ステーキで有名な、財界人や政治家などが集う店。予約なかなかとれないということで、3人の予定がなかなか合わず、ほんとにとれな...

→→→この続きを読む

岩泉~久慈~二戸の三大産地を一泊二日で廻る!その2 田野畑村の産直プラザ思惟大橋ではこの豆腐田楽を食べて七色まんを買うべし!

2016年5月23日 from 出張

さて岩泉を出て、もとからの予定では一路・久慈市を目指す予定だったのだが、僕の希望で田野畑村によってもらうことにした。なぜなら、これまで前沢にあった伊藤勝康シェフのロレオールが「ロレオール田野畑村」としてオープンしたばかりだからだ。少しでも顔を出したいとお願いして、すこしだけ迂回してもらった。 ...

→→→この続きを読む

今年はいわて短角和牛の未来をあらためて考え直すメモリアルな年に! 岩泉~久慈~二戸の三大産地を一泊二日で廻る!

2016年5月19日 from 出張

9:52到着の新幹線「はやぶさ」で盛岡到着。岩手県が全国に誇る、赤身牛肉の雄・短角和牛の主産地を廻る旅のはじまりだ。2006年あたりから短角に出会った僕も、短角牛の母牛を所有することになって、深くコミットするようになった。そして霜降り肉一辺倒だった牛肉の世界で、赤身ブームが起き始めた数年前、赤身...

→→→この続きを読む

土井善晴さんレシピによるレタスの肉味噌巻きが素晴らしくシンプルで美味しい!思わず二度作っちゃった。

2016年5月16日 from 日常つれづれ,食材

いくつかの料理専門誌に連載を書いている関係上、料理雑誌にはひろく目を通しているつもりだけれども、その中でも土井善晴さんのレシピは「じつによいなあ」と思うことが多い。土井さんのレシピは登場する材料も可能な限りそぎ落としており、その分、素材の味がしっかり出るようになっている。 「きょうの料理」を観...

→→→この続きを読む

札幌で美味しい肉を食べたいならば、ススキノではなく札幌駅近くの「カマラード」へ。十勝の食肉加工集団・エレゾが狩猟して解体・熟成したジビエ、北大牧場の短角牛、道内産のジャージー牛、そして彼ら自ら育てる豚・鶏などを楽しめる!

2016年5月12日 from 出張

いずれゆっくり書くけれども、札幌で北海道の肉をしっかり食べたいなら、カマラード・サッポロ(CAMARADE・SAPPORO)をお薦めする。 僕のひそかな自慢は、最近とみに有名になりつつあるエレゾ社の佐々木章太君が、料理メディアにひんぱんに登場するまえに彼と親しくなっていたことだったりする。だっ...

→→→この続きを読む

札幌はいまが春。E-M1 40-150mmf2.8で。

2016年5月10日 from 出張

研究の間の、ちょっと一息。 ...

→→→この続きを読む

北海道に来ています。美唄焼き鳥の雄・たつみの一本98円モツ串の旨さに感じ入り、人気の秘密を垣間見る!

2016年5月10日 from 出張

さて今週は北大での研究に来ています。新千歳空港に着いて早々、「じゃあそのまま車で美唄焼き鳥食べに行くか!」ということになり、「またつ」の芦原夫妻と美唄郷土食の旅へ。新千歳空港からだと、高速でいちど札幌を経由して美唄へとなる。 17時半頃に美唄到着。市街を走って思うのが「あまり人が歩いてないな」...

→→→この続きを読む

「完本 檀流クッキング」文豪・檀一雄の料理指南を収録、その内容をご子息の壇太郎・晴子夫妻が完全再現したレシピと写真付き!これは料理を愛する男その他にとって完全保存版といえる名著だ!

2016年5月 7日 from 食べ物の本

檀流クッキングといえば、昭和の文豪・檀一雄氏による、豪快にして繊細な料理指南である。このほど、様々な媒体に書かれた文章を集めた「完本」が出た。編集に関わった、食生活ジャーナリスト仲間の赤塚さんから献本いただいたのだが、あまりに充実した内容で、読み込むのに時間がかかってしまい、紹介するのが遅くなっ...

→→→この続きを読む

イタリアマニアック食材の登馬商事に潜入その2! ヴェネト産のフレッシュホワイトアスパラがいま絶賛入荷中!甘くほろ苦く香り高い極太アスパラの三変化にヤラレた!そして島豚の絶妙な火入れにも驚いた也!

2016年5月 6日 from 食材,首都圏

えー 前編を読んで登馬商事に「なんで俺を呼ばないの?」と連絡いれる取引先さんが多いそうです。いえいえ買って下さいね。そして僕のところにも「なんで私を呼んでくれないの?」的な突っ込み入れてくる人いるんですが、スミマセンこれは非公式イベントでございます。登馬商事に写真使用で貸しがあるので、そ...

→→→この続きを読む

イタリアマニアック食材の登馬商事に潜入!5月のお薦めはイタリア直輸入のホワイトアスパラと養殖キャビア!信じられないほどのキャビアをまぶした冷製フェデリーニは悶絶の旨さである!

2016年5月 5日 from 食材,首都圏

日本橋の三越前から歩いて7分ほどのうちの事務所の近くに、超マニアックなイタリア食材専門商社である登馬商事という会社があるということは以前も書いたとおりだ。 ここには横澤君という、眼のキラキラしたやつがいて、こいつがイタリアで料理修業をして帰ってきて、なぜか食材の販売という仕事をしている。その先...

→→→この続きを読む

やっとこれを書くことができる!5月30日ホールスクエア福岡にて、熊本の食材を食べて復興するぞイベントをやります!なんとあの井雅信さんの草原放牧くまもとあか牛の100日ドライエージングと、僕の師匠であるぽっこわぱ農園の野菜をちりばめたコースを食べて熊本を応援してほしい!

2016年5月 3日 from イベント

はい、やります! 熊本地震が起きてから、僕が心配だったこと。南阿蘇や阿蘇をはじめとする、僕のよく識る生産者さんと牛さんたちが無事だろうか。そして南阿蘇の、あの崩壊した大きな橋からすぐ近くにある、僕の有機農業の師匠であるぽっこわぱ農園のみんなが無事だろうか。熊本市内の僕が愛する飲食店のみんなは無...

→→→この続きを読む

香川県のうどんで一番好きなのは、いまもやっぱりここなんです。釜揚げのつゆが美味しい、満濃トライアングルの一角!

2016年5月 2日 from 出張

その昔、さぬきうどんブームの火付け役となったあの「恐るべきさぬきうどん」が3巻までしかでていなかった頃、親友ののざけんの車でさぬきのうどん店を廻ったのだった。その時に「魔の満濃トライアングル」という地域があった。満濃町のある信号の三方に、うどん店があるというところだ。一角はあの醤油うどんの「小縣...

→→→この続きを読む

一番好きな米粉麺料理といえば、タイのパッタイ!

2016年5月 2日 from 出張

連休の谷間ですが、仕事してます。 米粉麺の生地を書いているので、さっきから自分のHDD内のデータを探しつつ、食べたくなってしまった! パッタイこそ、いちばん好きなタイ料理だなぁ、、、 ちなみに、パッタイを作るためのソースにはタマリンドや蝦味噌などいろんなものが使われているらしいのだ...

→→→この続きを読む