山梨の小野果樹園・あっくすさんのプロジェクトの顛末。明日・明後日、東京の神田にあっくすさんがかき氷造りにやってきます。そして8月中旬あたりに、食い倒れイベントとして特別にかき氷しにきてくれることに!

2014年7月23日 Category:イベント

6月20日のエントリで、山梨のあっくすさんの本物の果汁をつかったかき氷シロップのことを書いた。

■山梨の小野果樹園・あっくすさんのプロジェクトを支援することにした。山梨の果物の果汁でつくったシロップをかけたかき氷を食べたい人集まろう。かき氷用キッチンカーの車検を通すための費用、一口3000円募集。東京都内の人で30人集まれば、あっくすさんがキッチンカーでかき氷を作りに来てくれます。あと、かき氷スペースとして日本橋近辺で会社の駐車場とか貸してくれる豪儀な方も募集します。
http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/2014/06/300030.html

で、結論からいいますと、日数がなかったこともあり、食い倒れ日記経由の入札は30件に届かなかった!

のだけれども、プロジェクト自体はかなりの人数が集まって、成立したそうだ。ということで、キッチンカーが無事に車検を通るもよう。

しかもあっくすさんより「せっかくだから、食い倒れ日記読者さんにきてもらえるかき氷デーをやりましょう、東京に行きますよ!」とのこと。それなら、かき氷だけじゃなくて本物の桃とか果物もってきて売ってくれ!

ということで、8月の盆を避けるとなると、18から22日のどこかかな。下記にアンケートフォームをつくりました。場所はおそらく神田駅から徒歩5分くらいのビル内になると思います。上記プロジェクトで3000円一口をご購入いただいた方には無料でかき氷をプレゼントしてくれます。それ以外の方は一杯いくらかわかりませんが、ぜひ買って食べてください。僕もできるだけ会場にいるようにしますので、プチオフ会になればいいですね。

アンケートはこちらから。
■https://docs.google.com/forms/d/1fUDWVWBRaTA1ZyRpoY9am81ygUiuplDZ2-btfC-wl64/viewform

セブンイレブンのパン商品の地位向上に命を賭けるオトコ・鳥山雅庸さんさんが事務所に遊びに来てくれた。12時間もの長時間低温熟成をしたバゲット生地でソーセージを包んだ「ソーセージIN熟成フランス」はトースターで軽く焼いて食べると驚きの香りが立つ!

2014年7月23日 Category:日常つれづれ,首都圏

_P2Q0196
撮影:シグマ DP2Quattro マニュアル 1/100 f5.6 ストロボ使用

以前にもこの鳥山さんの作るパンについて書いたが、実は会ったことがなかったんである。「やまけんさんにね、逢いたいんですよ」とズッと言ってくれているのは、彼と僕の周りの共通の知人(これがまた、やたらと多いのです)から聴いていた。それに僕だって逢いたいと思っていた。けど、なぜかいろいろ日程とか合わなくて、メシ会とかパーティーとかですれ違っていた。そしたらようやくである。

「明日、パンもって事務所に伺いたいんだけど!」

ということで、パン持ってきていただきました!

→→→この続きを読む

激動の広島の夜は、アラメゾンオガワにて始まりを告げた!地域食材を丁寧に美味しく食べさせる老舗レストランとの温かき出会い!

2014年7月21日 Category:出張

_DSC0963

山口で仕事がはいったので、前泊で広島に泊まることにした。竹鶴酒造の杜氏であるタツヤンこと石川達也に、広島酒場巡りを指南してもらうためだ。でも、どうせいくならということでその前に一軒、寄るところができた。それが広島の老舗レストラン「アラメゾンオガワ」である。

僕はFacebookのリクエストは、なんらかの形でメッセージをくれる人には、気まぐれにだけど応えることにしている。ある日、このアラメゾンオガワの長峯さんからメッセージとリクエストが来た。

いつもブログ、興味深く読ませて頂いております。食品偽造の記事に関しては本当にその通りだと思います。 ブログを通じて折笠さんのじゃがいも、石黒さんのほろほろ、短角牛、土佐あかうし、放牧黒毛和牛とたくさんの食材を知ることが出来ました。ありがとうございます。

えっマジで!?

うちのブログで採り上げた食材をいろいろ仕入れてくれているらしい。しかもお店のWebをみたら、いまメインで使っている牛肉が土佐あかうしのようである。

これは行かないとな、、、と思っていたのだが、ちょうど僕の「広島で前泊」というのに反応してメッセージをくれたので、これ幸いと伺うことにしたのである。

お店に入ると、まず一番入り口側のテーブルの上に、こんな本棚が!

→→→この続きを読む

特集「日豪EPAとTPPの関係ってどうなってるの?」食のジャーナリストによるメルマガ たべもの最前線 2014年7月21日 第23号

2014年7月21日 Category:メルマガ

連休でそろそろ頭がぼけてきたなぁ、暇つぶしも尽きてきた、という方はぜひご覧下さい。

■今号の目次:

1.特集「日豪EPAとTPPの関係ってどうなってるの?」 山本謙治
特集へのカエシ:佐藤達夫
特集へのカエシへの返し:山本謙治

2.本当に活きた栄養解説 佐藤達夫
――第8回 ナス

3.食のジャーナリストの日記

このメルマガの特集記事の内容は、共同執筆者である佐藤達夫さんと毎月一度の編集会議を開いて決めているのだが、しばらく前にそこで達夫さんに質問された。

「やまけんさん、日豪EPAというのが大筋合意になって、たべものだと牛肉や豚肉の関税が下がるみたいですね。けど、日本もオーストラリアもTPP交渉に参加している国ですよね?ということは、TPPの内容が決まったら、EPAで決まった内容はどうなるの?TPPは包括的な交渉なのに、なぜEPAという別の交渉を妥結させたんでしょう?」

ううむ、たしかに。TPPは環太平洋戦略的経済連携協定、日豪EPAは日本とオーストラリア間での経済連携協定。どちらもおなじ「経済連携協定」だ。であるならば、これまで喧伝されているようにTPPが非常に強力な自由貿易協定なのであれば、日豪EPAで決めたことよりも優先されるのではないの?

この辺のことは確かによくわかりにくい。しかも、先日大筋合意に至った日豪EPAにおけるたべもの関連の合意内容も気になる。

ということで、今回のテーマを設定させてもらったわけである。できるだけわかりやすく説明したつもりだ。

 

■たべもの最前線 ※一号だけでも216円で購入可能です。

A2

広島名物辛い冷麺の元祖「新華園」を識ってますか?冷麺を食べるために守らなければならないルールがいっぱいあって、店主に怒られることもある大変な店、と思ってる人も多い。けれどもそれには理由があった!すべて手造り、恐ろしい手間をかけて味を守る一家の美しく美味しい冷麺文化を僕は全力で支持する!マスコミ取材厳禁のこの店の内側をおそらく本邦初公開、を近日中に!

2014年7月19日 Category:出張

_DSC1953

ということで、とうとうやっちまった。あの広島冷麺の元祖である「新華園」に、お許しを得て取材させていただいた!しかも「仕込みから来るなら6時じゃ」とご指定をいただき、仕込みの一部始終を見せていただくという光栄に浴したのだ!広島の地元紙・誌でもこれまで叶わなかったことをできたのは、ひとえに僕を新華園に誘った竹鶴酒造の社長と石川達也杜氏のおかげである。海より深く感謝を捧げたい。

今日は時間が無いので速報版。今度ゆっくり書きます。新華園はやっぱり素晴らしかった!あの値段は高くないのである!

_DSC1979

_DSC1658

_DSC1686

_DSC1659

_DSC1695

_DSC1689

_DSC1560

_DSC1535

_DSC1775

_DSC1781

_DSC1678

_DSC1833

_DSC1799

_DSC1863

_DSC1907

_DSC1929

_DSC1936

_DSC1941

_DSC1949

_DSC1954

_DSC1966

_DSC1975

この5時間に渡る密着取材の模様は腰を据えないとかけない!詳しくは後日!

広島酒場巡りヤヴァイ!速報。

2014年7月17日 Category:出張

_DSC1048

_DSC0996

_DSC0977

_DSC0939

_DSC0948

_DSC1048

_DSC1053

 

_DSC1058

_DSC1132

_DSC1167

_DSC1192

_DSC1224

_DSC1230

_DSC1244

_DSC1299

_DSC1342

_DSC1396

_DSC1421

「健康診断の基準」はかわったのか? ~日本人間ドック学会の発表が巻き起こした波紋~ 食のジャーナリストによるメルマガ たべもの最前線 2014年7月14日 第22号

2014年7月15日 Category:メルマガ

先日、日本人間ドック学会が健康に関する新基準値、のようなものを発表したことで、マスメディアもかなり報道し、週刊誌はすぐさま「高血圧の基準が緩くなった!」などと報道したことを覚えている人は多いだろう。

人間ドックで収集された膨大な数のデータを解析した結果、得られた知見として発表されたデータ。でもこれを正確に理解するためには「横断研究・縦断研究・介入研究」という、研究手法の特性を理解した上でデータを読まねばならないという。

そして、この新基準値が公開された裏には、当然といえば当然なのだけれども、大きな「意思」が動いている。それは国の財政に大きく関わることでもある。その辺の事情を、今号では食生活ジャーナリストの佐藤達夫さんが解説してくれている。

関心のある方は今号分だけでも216円で購読可能です。ぜひお読み下さい!

■メルマガ たべもの最前線

A2