これから福岡~熊本。今晩は阿蘇の産山村で放牧されたあか牛を益城町でドライエイジドビーフにしたステーキと、長陽村のぽっこわぱ農園の野菜サラダの夜だ!

2016年5月30日 Category:出張

P8190332

これから福岡に行ってきます。キャナルシティ内のホールスクエア福岡にて、昼は赤身肉セミナー、夜は表題の通り、震災前からドライエージング熟成を施し、被災後も奇跡的に無事だったあか牛のエイジドビーフを食べる会だ。

主催の丸菱が「やまけんさんの師匠の農場の野菜もぜひ出しましょう、おなじ熊本で頑張ってる方たちだから」と気を利かせてくれて、ぽっこわぱ農園の野菜で彩られます。会はもう満員御礼なのだけど、キャンセルあれば入れるかもしれません。詳細はホールスクエア福岡へ連絡を。

そして、明日は熊本入りです。益城の本部をしっかりみてきます。

岩手・久慈市の夜を楽しむ。絶品剥きたてのホヤと海鮮を楽しみつつ、〆のアサリラーメン!いまは見かけないカセットテープの銘柄の話題で盛り上がりまくった夜!

2016年5月27日 Category:出張

_D806294

さて田野畑からまた1時間半くらいかけて久慈市にあがる。いっておくがまだ3カ所しか廻ってないが、もう夜である。岩手県はデカい。どんなにでかいかというと、一県で四国の四県分の面積があるので、その半分を廻るといったって2つの県を走り廻る覚悟が必要なのである。

さて、久慈市では懐かしの久慈グランドホテル。そこから駅の裏側に出て、ちょっと海側へ歩いたところに、今日の店がある。

→→→この続きを読む

岩手県田野畑村の、見下ろしたらすぐに海!の岸壁に絶景のロレオール田野畑が開店!伊藤勝康シェフのこれからがまた楽しみだ!

2016年5月26日 Category:出張

_D806201

さて田野畑村に廻ってもらったのは、ここに顔を出すためだ。

岩手各地の食材をフレンチに落とし込み、素晴らしい料理を提供してきた伊藤勝康シェフ。東日本大震災直後から、自分の店よりも沿岸部の被災地に毎日のように炊き出しに出動。しかも山形のアル・ケッチァーノ奥田さんなどと共闘し、県外から押し寄せるボランティア希望シェフをとりまとめ、被災地をどう効率的に炊き出しして廻るかということを独自にプランニング。

そして「せっかく岩手に来てくれたんだから」と、県外から駆けつけたシェフたちの炊き出しが終わると、自分の店ロレオールにて自腹で岩手食材を食べさせる。「どう、このホロホロ鳥?美味しいでしょ?」というふうに、岩手を売りこむ!

もはや岩手県の地産系料理人としては最高峰の存在だ。本ブログでは、そうした炊き出しシェフに対する支援金を募り、1千万程度の資金を提供してきたが、その多くは伊藤さん経由で被災者のお腹を満たすこととなった。

その伊藤シェフ、じつは前の店のオーナーともめた。話し聴いたらひどいオーナーだったのだ。その生々しいいきさつは、炊きだしに寄付していただいた方に配付した報告書に詳しく載っているのだが、、、(笑)(←余部がけっこうあるので、欲しい人は進呈しますゾ)

さて、その伊藤さんが新たに立ち上げた店がこのロレオール田野畑だ。田野畑村の地産地消を促進し、外へ向けて発信するための拠点という位置づけである。

→→→この続きを読む

一生の宝にします! 檀流クッキングの正統後継者・太郎さんからご著書と、晴子さん手造りのジャムをいただく!しかもすべてにサイン入り、、、涙出そうです。

2016年5月24日 Category:食べ物の本

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先般ここで紹介した「完本・檀流クッキング」、大好評で売れているそうだ。amazonアフィリエイトのレポートを見ても、うれしいことに数十冊のオーダーがはいっているので、僕のブログを読むような人はやっぱりこの本に惹かれるところがあるのだろう。

そりゃそうだ!僕の料理観が築かれる頃に愛読していたのが、檀太郎さんの本なのだから!僕の文章の中のどこかに太郎さんイズムの影響をいただいているはずなのである。

完本 檀流クッキング 完本 檀流クッキング
檀 一雄 檀 太郎 檀 晴子

スパイスカレー事典 坂田阿希子の肉料理 肉好きにささげる極上レシピ 美味放浪記 (中公文庫BIBLIO) 檀流クッキング (中公文庫BIBLIO) MEYHANE TABLE 家メイハネで中東料理パーティー

by G-Tools

そしたらなんと!この本の編集に携わられた食生活ジャーナリスト仲間(というより大先輩)の赤塚さんから一報が、、、

「やまけんさんのブログのこと教えたら、太郎さんがお喜びになって、お手元のご著書を選んで送っていただけるそうよ。私に行くから」

と!

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

嬉しいです、、、

そして本日、赤塚さんが事務所に来て下さり、ずしりとした重さのつつみを、、、、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なんと、檀晴子さん手造りのジャム! しかもイチゴにソルダムに、ナス!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「晴子さん、ジャムをたくさん作られるのよ。あたしもいっぱいもらってるから」とおっしゃるが、いやいやいやいや あの檀家のジャムですぞ!?

そして、、、もう入手困難なものも含め、懐かしい太郎さんのご著書群が、、、ありがたいお手紙まで頂戴して、感動の一言しかありません。

_EM11819
※お手紙の内容はぼやかしてますので悪しからず。

この「自由奔放クッキング」こそ僕が舐めるように読み、実践した手引き書である。そこに太郎さんのサインが、、、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回改めて読んだ中で「これはすごい!」と思ったのが「檀流エスニック料理」だ。

檀流エスニック料理 (中公文庫ビジュアル版)
檀流エスニック料理 (中公文庫ビジュアル版) 檀 太郎

中央公論社 1995-08
売り上げランキング : 892313


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なんとあの、魚醤の作り方が詳しく載ってるし、使い方もレシピも詳細に解説されている、超・良書!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さすがは中公ビジュアル文庫!これは素晴らしい本だ。まだ手に入るようなので気になる人は買うべし!

檀太郎様、あなたのおかげで私のごとき料理&食材大好き男子(?)が出来上がっております。ファンとしてこんなに嬉しいことはありません。本当にありがとうございました!

ちなみにみんな、「完本 檀流クッキング」は必読の本ですぞ。この本が売れれば、また集英社がいい檀流クッキングの本を出してくれるはずだ。僕はそれを心待ちにしている、、、

八重洲のステーキ・西洋料理 「島」 にて久しぶりに炉窯ステーキを堪能し、ど迫力のヒレステーキサンドに驚く!!

2016年5月24日 Category:首都圏

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨年あるご縁で仲良くしていただいている社長さんが「やまけんさん、あなた肉の仕事してるんだからここにいかなきゃいけませんよ」と連れて行っていただいた。

東京は八重洲の「島」。ステーキで有名な、財界人や政治家などが集う店。予約なかなかとれないということで、3人の予定がなかなか合わず、ほんとにとれないんだな!と思っていたのだが、ようやくとれたとお声がかかる。

開店前の準備時間に来てしまったが「いいんですいいんです、お座りください」といっていただき、座って仕込みを観ながら末という贅沢。ほどなく準備も整い、お客さんがどどどどっとはいってくる。あとで社長さんがいらっしゃったが、「あら●●さんご無沙汰しております~」の連続。各界の名士が集っておられるようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前菜のサラダからうまい。上品なビネグレットで和えた具材には、ブロッコリにトマト、マッシュルームに薄切りお日本、リーフ類に加え、茹でたゆり根まで入っている。

前菜はアスパラガス。国産ですかね、ほろ苦さを感じない、やわらかでふくよかな香り。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

面白かったのは、ガスの火口に金属製のバットをおいて、そこに湯を入れ、アスパラに火を通していた。そうか鍋だとアスパラの長さに足りないけど、バットなら!学びました、、、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

蟹クリームコロッケ、毛蟹のみがギュウギュウ詰まってて、クリームより目方が多いんじゃないかというくらいだ。美味しい。

「今日はおっぽ(オックステール)のシチューもあるんですがいかがしましょう?」

ときかれる。コースの〆にステーキかシチューかを選ぶそうなのだが、社長さん「いいわよ両方たべるわよこの方たちは」と、シチューもステーキもオーダーです(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テールシチュー、ドミソースではなく赤ワインベースの爽やかで酸味が効いたシチューだったので、食欲が進む進む!

その間、カウンター越しにすごい光景が、、、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホールの食パンを手で4つ切りくらいの厚みに切り分け、サラマンダーでこんがり焼き上げたパンに特製のソースを塗る。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そこに、、、OLYMPUS DIGITAL CAMERA

信じられないほどの量のヒレ肉を薄切りで焼いたステーキがどかどかと!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なんじゃそりゃぁあああああああああああああああああああああああああああ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そうこれが島の名物だそうだ。すばらしいプレゼンテーション!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

す、すごいねっ!みてるだけでボリュームに良いそうな。牛一頭から12キロとれるかとれないかのヒレ肉をこんなに!1人前で150gは使ってるんじゃないだろうか!?てことはこのサンドイッチ、おいくらなのか、、、こわくてきけない。

もうひとつ、特製の炉窯で焼いてくれるのだが、備長炭をいれた炉窯がおもしろい。4つの温度計がついているが、基本、炭火だからコントロールは炭を外したりでやるんだろう。4つの温度帯を使い分けて客の要望する焼き加減にするそうだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ぼくはサーロインのミディアムレア300g。写真でみるよりズシリと大きいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

遠赤効果で内部までシットリ火が通るので、京都産黒毛和牛の細かなサシすべてに火が通っている。だからだろうか、黒毛特有のくどさを感じない。もちろん牛も選んでいるのだろうけど!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大変に美味しゅうございます、、、

そして、帰りにわれわれも持たせていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

絶品です、、、これは値段以上の価値あるサンドイッチ。

社長さま、ごちそうになりました。どうやって恩返ししようか悩み中です、、、

岩泉~久慈~二戸の三大産地を一泊二日で廻る!その2 田野畑村の産直プラザ思惟大橋ではこの豆腐田楽を食べて七色まんを買うべし!

2016年5月23日 Category:出張

_D806138

さて岩泉を出て、もとからの予定では一路・久慈市を目指す予定だったのだが、僕の希望で田野畑村によってもらうことにした。なぜなら、これまで前沢にあった伊藤勝康シェフのロレオールが「ロレオール田野畑村」としてオープンしたばかりだからだ。少しでも顔を出したいとお願いして、すこしだけ迂回してもらった。

→→→この続きを読む