EPSONのビジネス”インクジェット”プリンターがなかなかによい。

2014年10月29日 Category:日常つれづれ

_DSC8771_1

2004年に独立してから、しばらくは日本橋のレンタルオフィスで仕事をし、どうしても荷物を置きたくなったのと、人員も必要になったのでいまの事務所が入っているビルに入居した。

そんな感じで、起業したり事務所をあらためたりするときにどうしても問題になるのがコピー機・プリンター問題だ。ご存じの通り、富士ゼロやキヤノン、リコーなどの御三家はやっぱりリース契約で高い!となってしまう。

数年前、とても仲良くしていただいているブログ読者の方がリコーに販売いたこともあって、とてもつもなく安く見積もっていただいたのだけれども、それでも小さな所帯のうちではとても間尺にあわないなあという金額で、導入を断念した。

そんで、コニカミノルタのカラープリンター複合機をコピー機兼用で導入した。リースではなく普通にヨドバシで買ったので初期導入費は20万円程度。いいじゃんいいじゃん、と思っていたら、保証が切れるあたりで色んなところが壊れてくる。保守サービスに入っておかなかったので、それらを馬鹿正直に払っていたら、リースほどではないにしろ、やっぱり大変な出費になってきた。何よりトラブルが多かったのだ。

そうか、やはり保守サービスつきで導入しないと厳しいんだなということがやっとわかって、どうしようかと思っていたあたりで、ちょうどエプソンのビジネスインクジェットプリンターのサービスが始まったのだった。

image

なんと初期投資ゼロ、月額一万円でインク代込み(枚数はあらかじめ設定する必要あり)というしかけだ。もちろん保守サービス込みである。あらかじめ決めた枚数内であれば、インクが足りなくなったら補充しに来てくれる。

インクジェットでビジネス用途!?と最初は僕もいぶかしく思った。SFC在籍時に学校のレーザープリンターでの出力の美しさに感動した僕としては、レーザー命!だったからだ。しかし、技術の進歩ってすごいな、全然問題ないっていうか、資料を持っていって会議が終わり、話題として「これ、インクジェットなんすよ」と振ると、だいたいの人が「えっこれインク?」と驚く。そんな品質だ。

しかもプリントアウトが早いのだ。正直、前に使っていたコニカミノルタのレーザーより早いのでビックリしてしまった。ユーザごとのプリント管理だとか、両面印刷とか集約印刷とか、そういった機能は当たり前についている。

ま、その分大きいのだが、、、

_DSC8773

奥に見えるのはブラザーのモノクロ複合機。ようやくこれも廃棄できる感じかな。

こんなエプソンの持ち上げ記事を書いても、一切何ももらえないんだけども(笑)、最近仕事で導入したもののなかでもピカイチの買い物なので書きました。ま、問題はこれもリースなので、5年は使い続けないといけないというところ。すぐに古くなっちゃうんだろうね。でも保守サービスつきなので、トラブルの心配はない、と思う、、、

事務所を訪ねてきた人シリーズ 広島のレモン農家 管ひでかず君。

2014年10月29日 Category:食材

国産レモン

先日より続いている、事務所を訪ねてきた人シリーズ。さすがに5~6人で来るグループや、初対面の人に、ブログにアップする前提の写真を撮るわけにもいかないのだけども、意思疎通できてる人は余裕がある限り撮っている。

さて、なんだかへんなラッパーの写真みたいになっちゃったんだけど(笑)

_DSC8764

広島でレモンを生産する管(かん)秀和君。 法人経営の、かなりの規模の有機JAS認定農場を栽培管理してきた実績を持つオトコで、先日の広島ビール立ち飲み新華園ツアーでもなぜかアテンドしてくれた。

その彼がいよいよ独立し、自分の農場を興したので、営業で上京していたのだ。

レモン

レモンはなんといっても完熟した状態のものが旨い。アメリカやイタリアの産地でレモンを搾ると、酸味だけじゃなく深いうま味と香りがほとばしり、揚げ物でもなんでも別物になってしまう。よく輸入レモンの問題として防カビ剤の使用などが挙げられるのだが、僕からすれば圧倒的に「美味しくない」問題のほうがデカイのである。

だから国産レモンの勝機は、可能な限り熟した状態で収穫させ、味の違いを訴求できるかという部分にかかっている、と思う。幸い、塩レモンブームなので、ここ数年は国産レモン市場は活況をみせるだろう。

_DSC8759

それにしても、三流ラッパーのような写真になってしまった、、、(笑)

D800 24-70mm 上からソフトボックス、下から透過アンブレラで二灯たきました。

東京に旨いうどんあり!小平市の川里農園にて、名物小平うどんをいただいた!粉の風味豊かなうどんと野菜天ぷらのマッチングに感動したのである!

2014年10月27日 Category:出張,食材

_DSC8482

東京都も、23区を出てしばしすると畑が拡がる地域がまだ残っている。小平もそうした地域だ。「東京有機クラブ」の生産者である川里さんのところに、旬を迎えつつあるカブの撮影に行っていた。秋冬野菜で賑やかな畑をしばし探索。

→→→この続きを読む

特集:弁当のまっとうな価格はいくらなのか? その2 食のジャーナリストによるメルマガ たべもの最前線 2014年10月27日 第36号

2014年10月27日 Category:メルマガ

たべもの最前線の会員さんがググッと増えた「弁当編」。物価が高くなっている中で、なぜあんなに安いお弁当が売れるのかと不思議に思っている人が多いのでしょう。

「その2」では、先週に続いて弁当業界の「業態」によって事情が変わるというお話し。つまり、激安弁当を出すことができる業態とそうでない業態があり、それを一緒くたにして「安い弁当」と言っていると、見方を誤る可能性があるということを書いています。

弁当編は再来週に「その3」を執筆予定です。

先週の「その1」では、度を超して安すぎる弁当商品が販売されることは、消費者に対して間違ったメッセージになっているということ。格安弁当が実現する背景には格安の原料があるということ。そして弁当の価格がどのような構造になっているかという構成比について話をした。現状では弁当製造はかなり利益率が低い状況であり、激安価格を実現するとなると、すでに無理がある状況だということを述べた。

実をいうと、先週提示したこれらの内容は表の部分であり、激安弁当が「文化的によいものではない」と僕が思う真実の部分は他にある。

■インストアとアウトパックで弁当の位置づけが大きく変わる!

(つづきはメルマガを購読お願いします。一号単位でも購読可能です)

■食べもの最前線
http://ch.nicovideo.jp/tabemono

今日のお供はE-M1に17mmf2.8

2014年10月25日 Category:カメラ

PA250068

ちなみに今日、一日のお供にしたカメラはOLYMPUS E-M1に、ズームレンズを着けたくなかったので、パンケーキタイプの17mmf2.8。これ、ずいぶん前にでたレンズで写りも凡庸といわれているんだけど、久しぶりに使ってみたら悪くないんだな、これ。軽いしね。

今日は久しぶりに都内を遊んだ、、、

dancyu祭り一日目行ってきたゾ!絶対外しちゃいけない一皿、それは50皿限定、デリーのビリヤニ

2014年10月25日 Category:イベント,首都圏

PA250091

いやー旨かった! 先週は週末もフルで動いて休みがなかったので、この土日はフルで休みます、、、で、行ってきましたよdancyu祭り。

PA250070

晴れ渡る空、っていうか暑い!Tシャツで動きまわっちった。日比谷線の築地駅でてすぐ、築地本願寺の駐車場スペースで開催しているこのイベント。午前中に行ったんだけど、すでにかなりの人出。

PA250095

PA250071

会場には色んな友人がいた。もはや都内で識らない人はいない(と思う)フライドポテト専門店、アンド・ザ・フリットの成田君!えー、実はここの国産芋は私が産地を手配してます。

奥に行くと、あったあった、瓢亭ブース。もう長蛇の列です。

PA250072

実は僕が行ったタイミングが一番行列していた時間帯らしくて、少なく見積もって80人くらいが並んでいたと思う(笑)

その瓢亭ブースの隣には、太白胡麻油の竹本油脂がブースを出している。あ、そうか、瓢亭の義弘君が今回の海老芋コロッケで使っているのが、太白胡麻油なんだ!

PA250074

太白胡麻油は非加熱でゴマを絞ったもの、太香(たいこう)胡麻油は軽く炒ったゴマを絞ったもの、そして太香濃口は中華料理などに合うという、深入りの胡麻油。

PA250076

ブースではこの三種をテイスティングさせてもらえる。味わってみると、胡麻油は焙煎で特性が大きく変わるということがよくわかる!

PA250089

並びに並んだ結果、嫁さんが買えた瓢亭セット。

PA250085

エビしんじょ椀、瓢亭の出汁です!

PA250093

コロッケの旨さは言うことなし!

PA250078

dancyu日本酒ブースにいくと、元編集長の里見さんと神吉さんが、ニューフェイスの酒を売りまくっていた!酒米の違うものばかり集めているという。食べ物に合わせるんじゃなくて、酒だけ味わいたいといったら、意外にも山田錦の酒を薦めてもらった。和歌山県の紀土(きっど)、酵母は安心の協会9号。もちろん美味しい!

PA250079

そして僕的に今回の目玉がこれ。有名インド料理店がコラボレーションするLOVE INDIAブースだ。

各種カレーが400円だが、3種セットというのを頼むと1000円で三種買える。僕は、愛するデリーのポークヴィンダル、ヘンドリクスのキーママトン、そしてゴボウの鶏キーマ。それにですね、朝いったおかげで、まだあったあった、デリーのスペシャル・ビリヤニ!

PA250083

デリーの社長さんがいらっしゃったので、写真撮らせていただいた!

PA250087

結論。今回の各出店ブースの中でも、カレー三種&ビリヤニは最強レベルの満足度。これがビリヤニ売り切れだとそうでもないかもしれないが、ビリヤニがとにかくうめえっ!

PA250091

もひとつ、ラ・ベットラのチキン・ディアボラ風がまた素晴らしかった!

PA250096

衣がセモリナ粉だ。そして、しっかり衣に味がついていて、これは確かにプロの味という感じ。

PA250098

ペンネはまあ、こういう場でパスタっつったらショートパスタだよね、という感じ。とにかくチキンがよかった。

日曜日に行く人は、とにかく人手が多いと思うので、早めに行動することを念頭において下さいな。あ、それとお一人様2つ限りの大福はすぐさま売り切れますので、甘党の人は真っ先にブースに向かうこと。

以上、やまけんからのレポートでした。

この週末に開催されるdancyu祭りでは、京都からはるばるやってくる瓢亭・高橋義弘君の海老芋コロッケに注目!

2014年10月24日 Category:イギリス,首都圏

_DSC7303

雑誌dancyuの毎年恒例イベントである「dancyu祭り」が明日・明後日の土日に、築地本願寺の駐車場で開催される。僕も行く予定だが、大注目して欲しいのが、京都のあの瓢亭が出店することだ。

image

実は、大出張ウィークだった今週の月曜日は、京都の瓢亭の本館に行っていた。もちろん仕事です! その際に、義弘君が「これをdancyu祭りで出すんですよ」と食べさせてくれたのが、この日のために創作した海老芋コロッケなのである!

_DSC7269

海老芋は里芋の仲間だが、海老のようにくるっと丸まった形状に仕立てたイモ。写真はかなり大きなサイズのイモで、静岡県磐田市産のものだ。

_DSC7128

これを八方出汁で炊いて煮含め、冷やし混んでいくうちに味が染み渡る。これを裏ごししたのを丸めてコロッケにするわけだ!

_DSC7112

3万人の来場が予想されるというこのイベントのため、もうかなりの人数が動員され、コロッケが丸められていた。みなさん、工場で作ってる分けじゃありません、瓢亭の厨房でひとつひとつ作られています!

_DSC7119

この日の撮影は別のものだったんだけれども、いたずらっぽく笑いながらこれを出してくれた!

_DSC7299

このコロッケ、なんと竹本油脂の太白をたっぷりつかった揚げ油でカリッと上質に揚げられているのだ!だから、身元不明なサラダ油に特有の、あのいや~な匂いがしない!

_DSC7303

そして内部はこのとろ~り絹のような舌触りの裏ごし海老芋、これが実にクリーミー。しかも具材にいろいろ考えていたらしいのだが、結局シンプルにユズが入っている。これが絶妙なバランスで完成されているのだ!文句抜きで旨い!

image

ということなので、ぜひdancyu祭りに行ったらこの海老芋コロッケを食べること!瓢亭の出汁、瓢亭の技術が惜しげ無く注ぎ込まれた逸品、500円は安いぜマジで。

ということで、もし行く人がいたら、会場でお会いしましょう。明日土曜日の午後に行く予定。