「ばんしろう」ことグァバこそ、魅惑のトロピカルフルーツだ!種子島の長野先生より完熟グァバをいただく!

2016年9月23日 Category:食材

16-09-23 11_06_30024092316
SIGMA sd Quattro+50-100mmf1.8

宅配便のお兄さんから荷物を受け取った弊社Kちゃんが「わーーーーすごい香りです!」と声をあげる。なんと種子島からグァバが送られてきた!送ってくれたのは、このブログで種子島の黒糖作りを記事にしたり、種子島紀行を取材した時にお世話になった、種子島の町議でもある長野ひろみさんだ

「この季節になると、いつもグァバの甘い匂いがどこかそこかで風に流されて、やまけんさんを思い出します。今年こそはと、集めました。傷がついて痛みやすいので、食べられるのかどうか、心配しながら送ります。せめて香りだけでもホンモノ。」

とのことだが、ばっちり大丈夫!裂果してるのもあるけど、ぜんぜん美味しく食べられます!

→→→この続きを読む

仙台名物・余目の曲がりネギを愉しむ! 曲がってることは佳いことだ! この地の土質の制約があったからこそできた伝統野菜を大切にして欲しい。

2016年9月21日 Category:お取り寄せ,食材

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS E-M1 12-40mmf2.8

宮城県は仙台名物、といえば牛タンと言われるかも知れないが、野菜でいえばこれから寒くなると出てくるセリに加えて、この曲がりネギだろう。といっても、仙台の人も「見かけるけど買わないよ」という人もいるらしいが、その一方で「やっぱりこれよね」という方もいるという、実に評価の分かれるネギである。

いったいどんなネギかというと、これはもう見ればすぐにわかる。曲がったネギ。だから曲がりネギ。でもいったいなんで曲がってるの!?

→→→この続きを読む

本日発表されました、オリンパスの新しいフラッグシップ機E-M1markⅡ! 正常進化に加えて、素晴らしいレンズ群も発表。マイクロフォーサーズは本当に人に勧められるカメラシステムになりましたね。

2016年9月20日 Category:カメラ

 

E-M1MarkII-BLK_right_M12-100mmf4

さてさて、先日「そろそろ後継機が発表されるかも」と書いていたのが、正式に発表されました。

その名はE-M1markⅡ!

■公式サイト
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2016b/nr160920em1mk2pkj.jsp

ぱっとみあまり変わっていないのは、逆にとても嬉しい(操作系が変わらないからすぐに慣れることができる)。しかし、よくリリースノートを読み込んでみると、ずいぶんと変わった(追加された)点も多い。それらも、どうやらすべて機能とのバランスをちゃんと考えた上でそうなったと言うのが見て取れる。よかった。

と同時に、先日のようにかなり値下がりした現行E-M1も、いまだに買いだとやっぱり言える。正直な話し、現行E-M1で十分といえる部分も多いのだ。だから、繰り返しになるけど、これからカメラを始めようと思っている人には現行E-M1と12-40mmf2.8proの組み合わせを買うのでも、ぜんぜん後悔しないはずだ。

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 12-40mm F2.8 レンズキット ブラック 防塵 防滴 OM-D E-M1 12-40mmF2.8LKIT
OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 12-40mm F2.8 レンズキット ブラック 防塵 防滴 OM-D E-M1 12-40mmF2.8LKIT
オリンパス 2013-10-19
売り上げランキング : 66643


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

僕はおそらく新しいE-M1markⅡと現行E-M1の二台体制に入ることになると思う。

さて、E-M1markⅡのスペックだけど、なんだかしらないうちに超高速連写機になってしまった。というのは、ニコンのフラッグシップ機であるD5の連写が10~12コマ/秒なのに対して、E-M1markⅡはなんとAF/AEを追従させながら最高18コマ/秒をたたき出すというのだ。もちろん、D5はセンサーのサイズがE-M1markⅡの二倍あるので同じ土俵で比べてはいけないのだけれども、E-M1markⅡも画素数がアップして2037万画素になっているのだから、これはスゴい。

→→→この続きを読む

明日のTBS系列「チューボーですよ!」の街の巨匠に、日本橋が誇るピッツェリア・イル・タンブレロ大坪君がまたもや登場とのこと!お題は半熟卵のピッツァ!

2016年9月16日 Category:首都圏

20160324_D804579_1

ということで、またもやチューボーですよ!に登場するそうです、日本橋小舟町かいわい(って、すげー範囲が狭いけど)で一番おいしいピッツェリア「イル・タンブレロ」。オーナーシェフの大坪君は日本橋のエグザイルと呼ばれるかっこよさです。

店で僕もよく頼むビスマルクがお題のようなので、楽しみだ! それより楽しみなのは、未来の巨匠がどんなまかない飯を作るかだったりする、、、(笑)

 

■日本橋エリアきっての旨いピッツァ「イル・タンブレロ」にて、絶品メニューあり。濃厚な●●●●●ペーストとモッツァレッラを使ったピッツァで悶絶間違いない!
http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/2016/03/10604.html

■本日のTBS「新チューボーですよ!」街の巨匠に日本橋ピッツァ界のEXILEこと、イル・タンブレロ大坪君が登場! まかないメシも出るそうだ!
http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/2015/11/10475.html

ただいま練習中! E-M5markⅡにMZD8mm F1.8 Fisheyeを着けて、何を撮るかというと、、、

2016年9月16日 Category:カメラ

16-09-16 14_15_46001091616
SIGMA SD-Quattro 18-35mmf1.8

ただいま標題の組み合わせのカメラが短期滞在中です。MZD8mm F1.8 Fisheyeっていうのは魚眼レンズで、おそらくf1.8という明るさの魚眼レンズはこれだけではないかと思う。

2008年のこの週アスの種子島取材での撮影にガンガン使ってますね。

■「旅三昧」種子島編プレビュー やっぱり種子島はイイ! この島は過小評価されている気がするのだ。http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/2008/03/1408.html

うっわー 久しぶりに過去に撮影した写真をみると、いろいろ感じるものがあるなぁ。

6枚目の森の中の写真や、その二枚後の黒糖工場の内部写真とか、他にも数枚「ぐにゃっ」と円形にゆがみつつとても広い空間を写し込んでいる写真が魚眼レンズだ。

→→→この続きを読む

E-M1と12-40mmf2.8のセットが何でこんなに安く買えるんだ!?価格としてはおかしいけど、お薦めする。

2016年9月15日 Category:カメラ

えーと、普通の食い倒れ日記読者には「またカメラネタかよ」と思われるかもしれないけど、どうやら3割くらいのトラフィックがカメラネタを期待してやってきている(笑)ということがわかってきたので、ちょっと書いときます。

毎年この時期はフォトキナという海外で開催されるカメラの一大イベントがあるので、新しい機種が発表になる。だからカメラ業界でざわつくのだけれども、それとともに現行機種は値下がりする。

なんでそんなことを言うかというと、昨日書いたエントリに使用したカメラはOLYMPUSのフラッグシップ機であるE-M1と、レンズはプログレードの12-40mmf2.8だ。せっかくだからamazonの商品情報にリンクをつけようとして調べてみたら、なんとこのボディとレンズのセットでたったの13万5千円で買えてしまうということに気づいたからだ。すげー安い!

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 12-40mm F2.8 レンズキット ブラック 防塵 防滴 OM-D E-M1 12-40mmF2.8LKIT
OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 12-40mm F2.8 レンズキット ブラック 防塵 防滴 OM-D E-M1 12-40mmF2.8LKIT
オリンパス 2013-10-19
売り上げランキング : 25184

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Kenko 液晶保護フィルム 液晶プロテクター OLYMPUS OM-D E-M10/E-M1用 KLP-OEM10 OLYMPUS ミラーレス一眼用 プロテクトフィルター 62mm PRF-D62PRO OLYMPUS リチウムイオン充電池 OM-D用 BLN-1 オリンパスOMーD EーM1 WORLD―テクノロジーが融合したフラッグシップ機 (日本カメラMOOK) 今すぐ使えるかんたんmini オリンパス OM-D E-M1基本&応用 撮影ガイド OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1用 パワーバッテリーホルダー HLD-7 OLYMPUS ZUIKO DIGITAL プロテクトフィルター 62mm ZEROコーティング PRF-ZD62 PRO OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1用 大型アイカップ EP-13 OLYMPUS 望遠ズームレンズ ED 40-150mm F2.8 1.4X テレコンバーターキット 防塵 防滴 マイクロフォーサーズ用 M.ZUIKO ED40-150mm F2.8PROTC Kenko 液晶保護ガラス PRO1D OLYMPUS OM-D E-M1用 KPG-OEM1

カメラを買ったことがないか、エントリ機しか買ってない人は「えー高いじゃん」というかもしれないけど、いえいえ、これはとんでもない安さですよ!

おそらくフォトキナでE-M1後継機種が発表されることは確実。だからと言うこともあるとは思うけれども、この後継機はセンサーを供給する工場が熊本震災で被災したため、確実に来春までは出てこないだろうとみられている。だから、製品の息もまだまだ長い。

それなのに13万5千円。何で驚くかというと、セットになっている12-40mmf2.8というレンズを単体で買えば、実売価格は約8万円なんですよ。それを差し引きしたらE-M1ボディは55000円で買えちゃうってことでしょ。ニコンやキヤノンの入門機のボディでももっと高くないか?

カメラメーカーからしたらこうした超安値はまったくもって歓迎できないものであって、持続性もクソもないのだけれども、実際に買えてしまうというのだから仕方がない。カメラ入門者はこのセット、いいと思うな。なんでかというと、プロも使っているE-M1というボディはもちろん満足度が高いし、もうひとつ、セットについてくるレンズはボディを換えたとしてもズーッと資産として残る。

この12-40mmf2.8というレンズは多くのプロカメラマンが使っている信頼性の高いレンズだ。また、35mm版の焦点距離になおせば24-80mmとなり、広角から中望遠までこれ一本あればだいたいなんでも撮れてしまうという便利な焦点距離なのだ。APS-Cやフルサイズだとこのほかにマクロレンズを買わないといけないけど、OLYMPUSやパナソニックが進めるマイクロフォーサーズ規格は、センサーが小さい分、被写体にグググッと寄れる!このレンズのおかげで本当にマクロレンズを使わなくなってしまったのですよ。

僕も2005年にキヤノンのデジタル一眼レフを買う時、「レンズとボディで10万円以上するなんて高い!」と思ったけど、手にして撮ってみたら、コンパクト機とのあまりの違いに納得したものだ。そして、ボディやレンズを買えるたびに、価格には意味があるということを思い知ってきた。

カメラ製品は、ある程度の価格のモノを買わないと、逆に損をする。どうせいいものが欲しくなったら買わねばならないからだ。カメラ入門者で、15万円くらいの予算でボディとレンズ(それに64GBくらいのちゃんとしたSDXCカードをプラス)を手に入れたいなら、このセットをお薦めしたい。ちなみにOLYMPUSの現行機としてはE-M5markⅡという機種のほうが新しくて、センサーなどの機能も本機種より高いのだが、全体的なバランスからすると僕はE-M1をお薦めする。下記のセットがamazonで出てくるが、ついてくるレンズは12-40mmf2.8に遠く及ばない性能である。

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkII 14-150mm IIレンズキットシルバー E-M5 MarkII 14-150mm IILK SLV E-M5MarkII1415IILKSL
OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkII 14-150mm IIレンズキットシルバー E-M5 MarkII 14-150mm IILK SLV E-M5MarkII1415IILKSL
オリンパス 2015-02-20
売り上げランキング : 64885


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

僕は、E-M1を使い続けながら、いずれ発表されるE-M1の後継機種をじーっと待ってます。はやくでないかな、、、

庶民派ステーキ名店! 東向島「レストランカタヤマ」にて、いわて牛五ツ星フェア開催中!

2016年9月14日 Category:イベント,首都圏

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
E-M1+12-40mmf2.8

築地の鉄板焼Kurosawaに引き続き、いわて牛五ツ星フェアを、東向島のレストランカタヤマが開催中との連絡あり。入荷状況にもよるので、開始してからの告知になりました。なので俺もまだ食べてない!みなさん一緒に食べに行きますか!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レストランカタヤマは浅草少しだけアクセスが悪くて、電車で言うと東武東向島駅あたりから来ることになるのだけど(詳しくはココをご参照)、もし営団地下鉄から来るならいい方法がある。日比谷線の南千住駅または三ノ輪駅で下車、そこから都バスの「里22」系列、亀戸駅前行きに乗るのだ。10分ほど乗ると白鬚(しらひげ)橋東という停留所があるので、そこで降りれば、15秒でカタヤマにつくのだ。詳しくはGoogleマップなどでご確認を。

行けばぜったいに満足できる、こんな洋食のオンパレードである!

→→→この続きを読む