sdQuattroHに超広角12-24mmf4を着けると、換算16mmの遙かなる世界が拡がる!

2017年3月22日 Category:カメラ

2017-03-22 15_07(0022)a

ということで、まだまだカメラマニアの人しか買っていないであろうが、かなり面白い選択肢ですよというSIGMAのsdQuattroHについて。

レンズ交換式カメラを初めて買うんです、という人に薦めるかどうかは別として(といいつつエバンジェリストのshioさんはお薦めしているようだけど、俺にはその度胸がまだ無い)、中級者以上ならこのカメラはかなり楽しい。ただ、現像処理に早いPCと、データがデカいから大きなストレージは必要です。あとは、レンズを買う予算は潤沢に用意をどうぞ。

さて、晴れてSIGMAで超広角を撮れるようになりました12-24mmf4。

→→→この続きを読む

僕は春が来たことを短角和牛の出産で知ります。岩手県二戸市に預けてある僕の母牛「いなほ」ちゃんが、待望の男の子を産みました!名前を考えなきゃな。

2017年3月22日 Category:日本の畜産を考える

DSCN1014a

二戸市役所の杉澤君から連絡がさきほどありました。僕の短角牛「いなほ」ちゃんが、男の子を産みました!

わーーーーーーい やったやった!

ここのところ4連続でメスばかり生まれていたので、肉にするにはしのびなく、繁殖用メスとして売っていたのでした。男の子は問答無用でお肉にします。

「こんな可愛い子牛を肉にするなんて、、、」

と思う人もいるでしょうが、一片も余すことなく美味しくいただきましょう。3年後ですけどね。

DSCN1018b

生まれた子牛には名前をつけて登記するのですが、オスは漢字、メスは平仮名で表記します。ちなみに、僕の牛ちゃんの名前は歴代でこうなってます。

ひつじぐも(母牛)

さち
国産丸
草太郎
いなほ(→母牛の後継にしました。ゆめ以降、この子の子供)
さくら
ゆめ
くるみ
すみれ
わかば
こすず

これだけではなくて、北海道の足寄・北十勝ファームには、ぺっぴんから連なる益荒男、大地クンたちがいます。

さてこの子はなんて名前をつけようかな。ちょっと悩むことにします。

ブラジル産鶏肉事件の余波は、鶏肉だけではなく牛・豚含めた食肉価格をいっそう押し上げるのだろう。そして消費者には、価格が上がることを理解して受け止めて欲しい。

2017年3月22日 Category:日本の畜産を考える

P2156150d

本日の朝に放送されたはずのあるテレビ番組で、17日にブラジルの捜査当局が発表したブラジル産食肉の不正摘発事件に関するコメント出演を求められたのだけれども、前日にいわれてもなあってことと、情報があまりに不足しているなかでヘタなことを言いたくないので、お断りした。どんな感じで放送したかな。

ニュースになっているので知っている人も多いと思うけど、ブラジル全土の食肉加工会社70社以上を、衛生管理基準違反として捜査開始したとのこと。ブラジル政府は輸出先国の大使を集めて事態の説明をするという、かなりのおおごとになっている。

まあおそらく安全性問題についてワイワイというテレビ番組が多くなるだろうが、食肉関係者にはかなり心配な出来事である。で、日本の厚労省も今週になって対応の検討が始まったり、鶏肉業界内でもまだ情報が十分でないということなので、ブラジル産鶏肉にどんなことがありうるのか、それはまだ分かりませんよと言っておきます。

ただ、日本のこれまでの小売業者や外食業者はこういうことがあると、ほぼ必ず「消費者が不安になるので」ということで当該国の物品の提供をしなくなる。ただ、そうすることで日本で食べられている鶏肉の価格に影響が出ると思われる。

その影響についてここですこし展望をみておきたい。

平成27年度の国産鶏肉の生産量は1,530,785t(農水省食鳥流通統計)。平成20年あたりからどんどん増産ベースなので、前年比は確実に毎年伸びている。

→→→この続きを読む

折笠農場の無肥料栽培さやあかねをふかし、焼いた。 SIGMA sdQuattroHに着ける決定版便利ズーム 超広角12-24mmf4と標準24-105mmf4 SAマウント版を着けて撮ってみた! 結論としてDNG形式での撮影は、ストレージ容量が保たないのと、現像が大変!!

2017年3月21日 Category:お取り寄せ,カメラ

_DQH0789b

先日にひきつづき、今日は事務所で三人揃ったので、昼は折笠農場のジャガイモを蒸かしてからコンパクトオーブンで焼いた。

_DQH0800h

表面にあすなろ乳業のバターを塗ったので、ご覧のようにジュワジュワジュワワといい感じに泡が立つ。事務所内がバターの甘い香りに包まれたのであった。

で、これ、sdQuattroHに新たにレンズをつけてます。それは、、、

→→→この続きを読む

今日は休憩 sdQuattroHで春を探しに行ってみた。じつはAPS-C用のレンズである18-35mmf1.8をHに装着しても意外と使えます。DNG形式での保存ができるようになって、画質がどうだかテストしてみたけど、これでもいいんじゃないかと思ってしまう!

2017年3月19日 Category:カメラ,日常つれづれ

17-03-19 16_00_04(0141)_1

三連休の人が多いだろうけど、明日は仕事しないといけないので今日は全休します。近所の公園にsdQuattroHをもってぶらり。レンズは18-35mmf1.8。

あれ?ってことは、APS-C用だよね?sdQuattroの「H」はAPS-Hサイズのセンサーなので、APS-C用のレンズだとケラレが発生する(写る範囲の方がレンズの内径より大きくなってしまうこと)はず。

でもね、広角端にした時にケラレが見えるくらいで、感覚的にはフルサイズ換算26mmくらいの画角で写ってる気がする。下の写真が広角端(APS-Cだと換算28mm)。

→→→この続きを読む

関西二日目は京都大学にて秋津先生に研究のアドバイスをいただき、食と農の今後は「つながり」が握っているということを再認識す。そして大石助教とカレーランチの後、大阪へ廻ってインデアンカレー阪急三番街店を詣でる。

2017年3月18日 Category:出張

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お茶屋あそびを楽しんだ夜をなつかしみつつ、京都大学農学部へ。僕がいま取り組んでいる、エシカルな消費社会をどのように日本に定着させていくのかということにアドバイスをいただくために、秋津元輝先生を訪ねた。

→→→この続きを読む

京都の日本料理店の若旦那が集う芽生会で牛肉の美味しさとはなにかを講演し、6種の食べ比べを行う。その後、待望のお茶屋さんデビューを果たし、祇園ってなんて愉しいんだと開眼するの巻!

2017年3月16日 Category:出張

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

というわけで、京都芽生会(めばえかい)から依頼を受け、日本料理人が牛肉をどうやって理解すればいいのかというお話しをしに京都へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

→→→この続きを読む