やっぱりこの時期の京都もいいなあ

2017年6月27日 Category:出張

2017-06-16-11-28-50
Nikon D810+Tamron90mmf2.8Macro

四条の裏道を三条に向けて歩くと、いい感じの光景が多くて、せっかく梱包済みのカメラをトローリーバッグから出して構えてしまう。

→→→この続きを読む

事務所引越につき、ダイニングテーブルと椅子一式差し上げます(引き取りに来てくれる方のみ)。

2017年6月26日 Category:

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ひゃーいそがしい。熟成肉ムック本の編纂と併行して、会社の引越があるので、ヤバイ状況です。

さて、ながらく弊社の会議テーブルとなっていた、IKEAのテーブルと椅子のセット、残念なことに新事務所ではスペースの関係で廃棄することになります。もし欲しいという方がいらっしゃったら、差し上げます。

→→→この続きを読む

拙著「日本で一番まっとうな学食」をベースにしたコミックが5年越しにようやく完成!なんとあの早川書房より「ようこそ自由の森の学食へ」 出版です!

2017年6月26日 Category:食べ物の本

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いやー 長かった!ようやくここまで来たか、、、

 

ようこそ、自由の森の学食へ
ようこそ、自由の森の学食へ 岩田 ユキ 山本 謙治

早川書房 2017-06-22
売り上げランキング : 4536


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

僕の母校である、埼玉県飯能市にある自由の森学園。その学生食堂が、中高生に対してとても佳い食を提供しているということはこのブログでもズッと紹介してきたし、また本にも書かせてもらった。

■日本最高峰の学食は、僕の母校にある。 埼玉県飯能市・自由の森学園の素晴らしい食への取り組みをみていただきたい。
http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/2006/08/post_867.html

日本で一番まっとうな学食
日本で一番まっとうな学食 山本 謙治

家の光協会 2010-06-26
売り上げランキング : 440737


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そうしたらなんと! この「日本で一番まっとうな学食」を読んでくれた出版社から、コミカライズしたいという申し出があったのだ。それがなんとあの早川書房! SF小説が大好きで、ロバートAハインラインの「夏の扉」やフィリップ・K・ディックの諸作品、そして料理好きなハードボイルド探偵であるスペンサーシリーズ(ロバート・B・パーカー)などをヘビーに読んできたあの早川書房である。マジで嬉しい!

コミカライズといっても、そのままじゃ漫画にならないので凄腕のライターSさんがネームをバッチリ執筆。そして漫画は映画監督でもある岩田ユキさんが担当してくださった。

先日、事務所で刷り上がったばかりの現物をもってきていただく。この方が早川書房の美人担当者・OSちゃんである。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すみません意味のない連続コマで(笑)

ご覧の通り帯は浜野謙太君。彼も自森の卒業生なんですよね。あと、星野源クンも卒業生。かなり音楽家方面には卒業生が多いんですよ、ホント。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コミックなので、ストーリーがあります!じつは登場人物やエピソードは、実際にモデルとなった人がたくさん居て、半分フィクション、半分は本当の話ばかり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

じつはこの男の子↓が僕がモデルになったキャラ、、、実物とはぜんぜん違ってゴメン(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このシーンは、僕が農業関連の仕事を志すきっかけになったエピソードそのものです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

全国の、中学・高校進学を控えたお子さんがいるお父さんお母さん、そして学校給食関係者さんにも読んでいただきたいなと思います。

ちなみにamazonで買ってくれても嬉しいですけど、書店で買うと、POPに料理研究家の栗原友ちゃんがコメントを寄せてくれています。

image

友ちゃん、つい先日、NHKの「うまいっ!」でご一緒したんですね。そのあとに編集者から「栗原友ちゃんにお願いしている」といわれて「まじ!?」となって、僕から連絡入れさせてもらいました。

そしたら彼女、なんと「責任があるから、学校に食べに行く」といって、わざわざ飯能の自森学食まで足を運んでくれたのです。本当にありがとう!

ということで、ぜひ手にとってお読みいただければ幸いです。関係者のみなさん、お疲れ様でした!

ようこそ、自由の森の学食へ
ようこそ、自由の森の学食へ 岩田 ユキ 山本 謙治

早川書房 2017-06-22
売り上げランキング : 4536


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

博多の奥深さにヤラレちまった夜。「酒飲めフレンチ bisとろタカギ」でフレンチ出身の確かな高木シェフの腕をオープンキッチンで堪能する!あまりに上質なのに下世話という絶妙バランスの「タカギ風お好み焼き」と九大卒業生が泣いて喜ぶ焼きスパゲッティにヤラレタ!

2017年6月25日 Category:

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、福岡は博多の酒呑めbisとろタカギの夜である。この日は眞貝シェフの宮崎フェアの料理もいただいたので、ステーキを食べたらもうそれほど入らない、という感じだったのだが、メニューを見ていてちょっと気になるものが。

それが「熟成肉とキャベツの蒸し焼き、アメリケーヌソース(bisとろタカギ風お好み焼)」というメニューだ!

→→→この続きを読む

本日21:50~ AbemaPrime アベマプライムにて「納豆の価格」問題特集にゲストとして出演します。

2017年6月23日 Category:日常つれづれ

※ニュース延長のため、時間が21:30ではなく21:50に変更になりました。

image

ということで、アベマプライムみることができる方はぜひご覧下さい。

アベマプライムはテレビ朝日とサイバーエージェントがやっているインターネットTV。アプリをインストールすると、スマホやiPhone、PCなどでみることができます。

AbemaTV 使い方まとめ
http://abematv.blog.jp/archives/3169735.html

俺はまだみたことがありませんが、、、(汗)

今日は、先月の豆腐に引き続き、納豆の価格問題について迫ります。しかもそのコーナーの後、珍肉マニアで本も出されている白石あずささんと一緒に、珍肉をいただくコーナーにも出てくれとのこと。いったいどうなることやら(笑)

※珍肉マニアコーナー、延期となったようです。

博多の奥深さにヤラレちまった夜。「酒飲めフレンチ bisとろタカギ」で独自の技法にもとづく120日熟成のグラスフェッドオージーを味わい、フレンチ出身の確かな高木シェフの腕をオープンキッチンで堪能する!

2017年6月23日 Category:ドライエージングビーフ,出張

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここ数年、博多のキャナルシティ内にできたホールスクエア福岡という物販&レストラン店舗でイベントをしている。何回もやっていると常連さんが来ていただけるようになって、遠い福岡でも親しい顔がみられるのはとても嬉しい!

その常連さんの中に、森さんという、とてつもなく面白い男性が居る。自分も飲食をやっていて、フレンチ上がりの素晴らしい女性シェフが独自の熟成肉をやっているので、そのうち食べに来てくださいといいながら、カパカパとよいワインを開けていく。うーんこれいいワインだ、この店こんな値段でだしちゃってバーゲンだなとつぶやきながら周りの人(知らない人、だと思う)にもついで飲ませて、むちゃくちゃフレンドリーな人。

その森さんが経営する店にいずれ行ってみなければならないなあと思っていたのが、先日ようやく実現した。ホールスクエアでの宮崎美味しいもんフェアの後(大成功!)、眞貝シェフを連れて22時を越えた時間にお邪魔した。タクシーでキャナルシティからほんのすぐ、いやー、もう店を締める時間だろうし、申し訳なかったなぁと思っていたら、店内はまだまだ大盛況!

その店の名は「酒飲めフレンチ bisとろタカギ」という。つっこみどころの多い店名だが(笑)この店が実に怪物級にスゴかった!

→→→この続きを読む

本日は日帰りで群馬県、昭和村の鳥山牧場から渋川の鳥山畜産まで横断!するとそこにはカスタードのように甘い香りに満ちた熟成肉パラダイスが拡がっていた!

2017年6月19日 Category:ドライエージングビーフ,出張

2017-06-19-14-02-43-00JPEG

いやー もう死にそう。 出張とかセミナーとかテレビ出演とか原稿〆切って、なんで集中するんでしょうか。でもなんとかやりぬくしかない。

2017-06-19-10-10-33-02JPEG

本日は「旬熟成」との力強いタッグで識られる鳥山畜産の鳥山真さんに朝からご対応いただいた。

→→→この続きを読む