浜松に来ています。あの素晴らしいお弁当屋「知久屋」がなんと恵比寿アトレに出店していた!有機農法で栽培されたルッコラがこれでもかと入ったサラダを買えますぞ。近隣のかたのランチに間に合いますように。

2018年1月17日 Category:首都圏

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨日から浜松に来て、お弁当・惣菜屋さんの知久屋の研修に講師として参加している。知久屋のことは、過去ログに、、、と思ったら、なんと有料メルマガには書いていたけど、ブログにはしっかりとは書いていないのかあ~。しまった。

当時、百貨店の丸井で食品バイヤーをしていた溝口さんから「素晴らしいお弁当屋さんがあるよ」と紹介していただいた知久屋。地元・浜松を中心に弁当・惣菜の路面店、商業施設のテナント等に展開している。

この会社が本当にスゴい。タレやドレッシング類のほぼすべてを内製でつくり、マヨネーズも割卵機を導入してたまごから作ってしまう。アミノ酸やたんぱく加水分解物は使わない。

「だって、まずいでしょ、あれ。うちが一から作った方がぜったいに旨いんです」

と知久社長がこともなげにいう。

そればかりか、数年前に自社農場を設立。なんちゃってで農業参入してるふりをする企業が多いなか、なんと出荷最盛期には使用する農産物の4割程度を自社農園からのものでまかなうという。しかも、その農園の圃場はすべてではないものの、JAS有機の認証を取得している!なんともすごいことだ。

本日は研修二日目で、昨日きていない社員さん70名に話をするので、昼ご飯はホテルから歩いて行ける距離の知久屋へ。名物「のり弁当」を買う。そして知久農園のルッコラサラダ、そして大きなイワシの煮付けを購入して、イートインコーナーでいただいた。

→→→この続きを読む

明日朝のテレビ東京「なないろ日和」にて、中高年が元気になるための呼吸法を、僕がずっと通っていたヨガの先生であるまさみさんが紹介するそうです。

2018年1月17日 Category:

僕が学生時代から通っていたヨガスクールが紹介されるそうだ。関心のある方はぜひご覧下さいませ。テーマは、中高年が元気になるための呼吸法や基本的なヨガのことを紹介するとのこと。

大学に入り、キャンパスに畑を開墾し、翌年にサークルを創ったのだけれども(もう27年も前か!)、その際に顧問になってくれた藤幡正樹先生が「こんどうちのヨガの先生が家に来るから遊びに来いよ」と誘ってくれた。

ヨガの先生って、きっと陶芸家みたいな作務衣を着て髭ぼうぼうの行者みたいなオッサンだろ?(←間違いに満ちた偏見)と思って行ったら全然違って、小柄な身体からパワーを発散させているような美貌のまさみさんと出会った。

みんなで遊んで藤幡家に泊まり、翌朝起きたらまさみさんがバルコニーでハタヨガをしていた。美しいなあ、と思い自分もその横でポーズの真似をしてみた。

「見よう見まねなのになかなかできてるじゃない」と言われ、へへん、と思った20分後、お腹が下り、鼻がスースーして鼻水がとまらなくなり、数時間したら視界がさっときれいに開けたような心地よさを感じた。しかし、身体の曲げ方とかを見よう見まねでやったせいか、腰が痛くなってしまった。ヨガってリラックスするためのストレッチみたいなものだろ、と思ってたが、まったく違って、とても大きなインパクトを身体に与えるものなのだと衝撃を受けた。

そして10年以上、代々木のまさみさんのレッスンに、つかずはなれず通うようになった。いまは時間がどうしてもとれないので、自宅で週に数回、ハタヨガのまねごとをしているだけだけど、体調管理には欠かせない習慣となっている。

→→→この続きを読む

あ~、これは確実に買ってしまう!2018年版のThinkPad X1 carbonはAdobeRGB100%カバーのモニタを選択可能だってさ!

2018年1月14日 Category:日常つれづれ

image

まだ発表されたばかりで発売日も詳細もよくわからないけれども、、、
これはもう買うしかないね!

クラムシェル型ノートPCの世界で根強い人気を持ち続けるThinkPad。その個性といえば質実剛健であること、キーボードの質がトップクラスによいこと、そしてトラックポイントというポインティングデバイス(あのキーボードの真ん中にある赤いポッチね)があることといえるだろう。

それ以外にも本体の造りがよいことなどいろいろあるのだけれども、まあとにかく私もファンなわけです。これまで数えてみたら10台使ってきたのであります。自己所有したものもあれば、サラリーマン時代に会社から貸与されたものもあり、買ったものの気に入らずほんの一瞬で売り飛ばしたものもある。学生時代に使っていたMacに出戻りした時期もありました。でもやっぱりThinkPadに戻ってきてしまう。

その中で、ここしばらくはX200番台のマシンを使ってきていた。X1カーボンシリーズは数年前に購入したものの、クリックボタンとタッチパッドが一体型のものになっており、これがもう黒歴史としかいいようのないひどい出来だった。あれはThinkPad歴史に汚点として残る悲惨なプロダクトだったな。期待して全てをフルスペックにして買ってそれだったから、安く売るのももったいなくて、いまは部下のマシンとなっています。

そんなことがあってX1シリーズはちょっと避けてたんだよね。けど、今回のCESでのLenovoの発表をみて、これはもうX1に帰るしかないなと思った次第。

 

【イベントレポート】Lenovo、世界初Dolby Vision HDR対応モバイルノート「ThinkPad X1 Carbon」 ~重量1.13kg、Amazon Alexa対応。X1 YogaとTabletも - PC Watch

だって、Dolby Vision対応のWQHD液晶を搭載できるのだもの。しかもそれはAdobeRGB100%対応なのだもの!

これはつまり、出張中の環境でもちゃんとした色で現像処理をできるということ。というのは、いまわたしはカメラの撮影設定をAdobeRGBにしているのですね。通常のモニタで表示されることの多いsRGBよりも広い範囲の色を表現できる。その代わりに、sRGBの液晶だとAdobeRGBの写真を表示すると色がおかしくなる。

いま、出張時はsRGBの液晶でむりやり現像をしているのだけど、事務所に戻ってEIZOのカラーマネジメントできる液晶モニタで観ると、やはり色がちがってしまっているのですよ。

あ、関係ないけど、僕いちおうEIZOアンバサダーだったりします(笑)

 

写真家100名、唯一の選択 | EIZO株式会社

だけど、今回の新しいX1カーボンでは、持ち運び環境でちゃんとした色を観ることができるかも知れない!

かも、だけどね、、、AdobeRGB対応っていっても、いろんな幅があるみたいだから、、、まあでもThinkPadですからね、そこは期待します。

ということで、Lenovoさん早く発売してください。喜んで人柱になるよーん!

OLYMPUS渾身のf1.2レンズラインが素晴らしい!こんな絵が出てくるなんて!特に45mmf1.2は圧巻です。 その2 このレンズはもともとポートレートにバッチリ!

2018年1月14日 Category:

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
E-M1markⅡ+45mmf1.2 f1.2地灯りのみで撮影

はい、つづきです。もともとm4/3における45mm(90mm見当)というのはポートレート用に向く焦点距離なので、人物を写さないと意味がありませんねぇ。ということで、このレンズで人を写すといいヨ!というのを。ちょうど我が家に、妻の親友一家が天使ちゃん達を連れてやってきていたのでちょうどよい。

2008年に、やはりOLYMPUSの、その頃はまだ一眼レフ用の50mmf2.0で撮影したのがこちら。

→→→この続きを読む

OLYMPUS渾身のf1.2レンズラインが素晴らしい!こんな絵が出てくるなんて!特に45mmf1.2は圧巻です。 その1

2018年1月12日 Category:カメラ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

年末に到着したときに軽く書いたとおり、OLYMPUSの現時点での最高峰となる、f1.2レンズシリーズを試用させてもらった。年末年始に使ってみて、これはスゴい、E-M1markⅡが12-100mmf4が登場したときの衝撃とおなじくらいのインパクトと言えるものを感じてしまった。

なお、個人的に35mm(M4/3では17mm)の画角をほとんど使わないので、17mmについてはあまり使っていません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
E-M1markⅡでf4.5

まずは45mmf1.2。35mm版換算で90mmとなるこのレンズ、かなり期待をしていたのだけれども、期待以上の画質が出てきたのである! ちなみに一つ前の、飯尾醸造のアチェートのブログ(後編)の料理写真はすべてE-M1markⅡに45mmf1.2を装着して撮影したものだ。前編はD810。おそらく多くの人は気づかなかったと思う。

→→→この続きを読む

後編!丹後半島を日本のサン・セバスチャンにするという情熱と行動を興した飯尾醸造のレストラン「アチェート」は静かに、しかし着実に進化を続けていた!お待たせしました、あの伝説のペスカトーレの復活です。

2018年1月11日 Category:出張

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

というわけでオープンしたアチェートは、「宮津でこんな本格イタリアンをしても、お客なんか来ないんじゃないの?」という心配の声を軽くはねのけながら、毎日満席!というわけではないけれども、ちゃんとそこそこの集客をしながら営業を続けている。

なぜこのタイミングで行けたかというと、翌日に福知山市に視察の仕事が入っているので、前泊を宮津にしたというわけだ。頑張れば21時くらいの終電で福知山にも行けるみたいだ。

じゃ、お待たせしました! あのペスカトーレを含む、1月のアチェートの模様をお届けしましょう!

→→→この続きを読む

「丹後半島を日本のサン・セバスチャンに!」という情熱と行動を興した飯尾醸造のレストラン「アチェート」は静かに、しかし着実に進化を続けていた!重シェフのあの最高なパスタをまた食べることができる日が来た!

2018年1月11日 Category:出張

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そういえば以前この店を前に紹介したとき、忙しくて画像だけババッと掲載してそのままになっていたのであった。このムーブメントについてすこし語ろう。

→→→この続きを読む