報告とお詫び

2015年8月31日 from 日常つれづれ

いきなりのオフ会延期と説明不足で、ご心配をおかけしました。 実は先先週末に父が亡くなりました。癌だったのですが、原発点が分からず、治療しようがないということで自宅療養していました。あと2ヶ月くらいはもつだろうか、と家族は思っていたのですが、訪問のお医者さんと母、妹がいるところでスーッと息を吐いたあ...

→→→この続きを読む

食い倒れオフ会順延のお知らせ

2015年8月24日 from オフ会

先日告知しましたオフ会ですが、申し訳ありません、順延とさせていただきます。 すでにお申し込みの方々には連絡を差し上げましたが、身内に不幸があり、しばらく準備ができない状況です。差し迫った日程でご迷惑をおかけしますが、なにとぞご容赦いただきますよう、お願い申し上げます。...

→→→この続きを読む

東海大学阿蘇キャンパスのくまもとあか牛放牧光景をSIGMA dp0Quattroで!

2015年8月20日 from 出張,日本の畜産を考える

いやもう夢のようなあか牛の世界。 ぜんぜん人を怖がらない! 学生さんがいつもふれあっているからだろう。 服部先生、いい牧野でした!ありがとうございました!...

→→→この続きを読む

やっぱりこの人は天才だよね、シュングルマン小池俊一郎によるドライエイジドビーフを核としたコースに胸打たれ胃袋満杯にして、行き果てる。

2015年8月18日 from ドライエージングビーフ,首都圏

さて、このブログでは久々に登場! もうかれこれ11年のつきあいになるんだよなぁ、、、小池俊一郎、来月はあのトップシェフの読む雑誌に登場するという。この街場の小さな店が、、、素晴らしいことである! で、愛媛の山本牧場からきた若き生産者を彼の店に連れてきたのは、これを食べさせるためである。 ...

→→→この続きを読む

首都圏のドライエイジドビーフの一極・小川畜産興業の熟成庫を訪ねる!知らないうちにあなたもここのDABを食べているかもしれない!

2015年8月17日 from ドライエージングビーフ,首都圏

OLYMPUS E-M5 MarkⅡ 7-14mmf2.8  14mm f4.5 低照度での手持ち撮影 いま飲食店で「熟成肉」とか「ドライエージング」と書いている店で、じぶんのところで熟成をしているというケースはおそらく1/10以下だろう。正直言って危なっかしいし、信頼できるとこ...

→→→この続きを読む

本日は大井町なのでハピネスの鉄板ナポリタン。そんでこれからドライエイジドビーフの熟成庫に入ります。

2015年8月17日 from 首都圏

今日は、はるばる愛媛から来た青年をドライエイジドビーフの熟成業者さんに引き合わせます。というのは、愛媛県の山奥で観光牧場をいとなみ、ほぼ粗放放牧で牛を育てている牧場なのだけれども、熟成にチャレンジしたいという。しかも前回会うまでいちどもドライエイジドビーフを食べたことがなかった(こういう人、多い...

→→→この続きを読む

揃いました、これがOLYMPUSの新・大三元! マイクロフォーサーズで何でも写せるPROレンズ三本、超広角7-14mmに標準12-40mm、超望遠40-150mmがすべてf2.8で、描写も素晴らしい!そしてなんといっても小さくて軽いのです。ロープロ

2015年8月14日 from カメラ

OLYMPUS E-M1 45mmf1.8 ということで、阿蘇にいるくまもとあか牛の放牧風景を撮影するために、OLYMPUSの大三元レンズがそろい踏み。 大三元っていっても麻雀?と思うかもしれないけど、つまり、カメラメーカーやレンズメーカーが出しているフラッグシップモデルのズームレンズ...

→→→この続きを読む

続報:ドライエージングビーフのJAS規格化の動きはこれからどうなっていくのか!? ということをこれから報じていこうと思っていたのだけれども、事態は思わぬ展開に、、、NYスタイルのドライエイジドビーフと名乗るためには何が必要なのか?思うところをこれから書いていきます。

2015年8月13日 from メルマガ

  前回のこの話題はどうもかなりみなさんの耳目を集めたようで、いろいろ声をかけてもらった。また、とある大新聞から取材も受けたので、近日中にこの関連の記事で話が出るかもしれない。で、前号にも書いたとおり、このJAS規格化の動きをできうる限り報じていこうと思っていたのだけれども、残念...

→→→この続きを読む

北の大地よりフルーツトマトとバジルきたる。農産物の生産は本当に安定せず難しい!生産者は苦闘している。楽に儲かる農業もあるけれども、そんなのはごく一部なんだ。

2015年8月12日 from 食材

RICOH GXR  A16ユニット 75mm f5.5 1/160 北海道の下川町にあるアテネファームから、嬉しいトマトとバジルが届いた。下川町はこの夏の時期も昼夜の寒暖差が大きいため、夏でも糖度の高いフルーツトマト栽培ができる数少ない産地だ。ここに中田豪之助さん・麻子さんご...

→→→この続きを読む

OLYMPUS渾身の超広角ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 きたる! 笑っちゃうくらい高画質!

2015年8月11日 from カメラ

きました、、、全OLYMPUSユーザーが待っていたレンズ。 フルサイズ換算で14-28mmをカバーするレンズ。この焦点距離のレンズはOLYMPUSの一眼レフデジカメの時代からあって、僕もそれを持っていた。 前玉がぐわんと出っ張っているスタイリングはそっくりなのだけれども、この一眼レフ...

→→→この続きを読む

笑っちゃうなあ! イオンが水産物で「持続可能な調達原則」をするというけど、それならばクロマグロとニホンウナギを売るのをやめた方がいいんでないかい? ワールドビジネスサテライトの映像も、ただの提灯持ちで笑ってしまう。

2015年8月11日 from 食材

昨日、自宅でワールドビジネスサテライトをつけたままお茶を飲んでいたら、「持続可能な水産資源を、、、」というくだりがあったのでピンと来て、テレビの方を向いた。 そうしたら、、、イオンの店頭で、水産資源の適正な管理がなされているという認証であるASCの認証取得済みのノルウェー産アトランティックサーモン...

→→→この続きを読む

人形町カレー戦争勃発! 大阪インデアン風のルーにガツ盛りトッピングの「日乃屋」と、アメリカ式バーベキューのせ上質カレーの「カレーMaster」がなぜか隣り合わせに。どっちが勝ちか!? RICOH GXR 28mmf2.5 にて

2015年8月11日 from 首都圏

リコー GXR A12 28mmf2.5 僕の事務所のある日本橋小舟町は、地下鉄銀座線の三越前駅と日比谷線の小伝馬町駅、そして人形町駅の真ん中くらいにある。交通は至極便利な場所なのだが、意外にランチスポットに乏しい。場所柄か高級店か、雑な大衆店しかなくて、気の利いた店が少ないのだ。 とく...

→→→この続きを読む

ブツ撮りセッティングのテストはノリス・パッカード仕様のグフカスタム(シュングルマン小池俊一郎作)

2015年8月10日 from カメラ,日常つれづれ

OLYMPUS E-M1 45mmf1.8 f3.2 1/250 会社での商品撮影のセッティングを変えたので、テスト撮影。いやぁいいわ、グフカスタム。シュングルマンの小池君が作ってくれたキットだけど、遠近感があるダイナミックな被写体だからテスト撮影に最適。ありがとね、小池君。 そう、弊社...

→→→この続きを読む

ブッラータの真実を識った! ジュって染み出てくるのがブッラータなんじゃなかったのであった! それにしてもなんて日本人向きの、旨い食べ物なんだろう!

2015年8月 7日 from 食材

さて先日紹介した、事務所の近くにある変態的イタリア食材の輸入商社である登馬商事の続編。横澤君がもってきてくれた、イタリアのモッツァレッラをさらにまた加工したブッラータというたべものだ。 ブッラータの説明をいろいろ検索してみると、 イタリア国内でモッツァレッラが余った時期が合って、その頃...

→→→この続きを読む

山梨県産の「さやあかね」新いも。

2015年8月 5日 from 食材

OLYMPUS E-M1 45mmf1.8 f3.2 1/250 ジャガイモ品種「さやあかね」は、特に北海道で粗放栽培を行う場合に適性の高い、いってみれば「強い」品種だ。以前のエントリで十勝の幕別町で、輪作体型のなかで無肥料栽培を実現している折笠さんを採り上げたが、本州でもかなり作付けが拡...

→→→この続きを読む

四万十の有機農業家・畑俊八さんのオモシロ旨いパプリカピーマン! でかっ! 味も濃いっ!

2015年8月 4日 from 食材

ということで、でっかいパプリカ! 畑さんについては、以前チーマ・ディ・ラーパのエントリで書いたとおり。20年前に出会ったときは高知県の職員だったけれども、いつのまにか農家になり、いまやらでぃっしゅぼーやなどの有機食品宅配ネットワークの生産者会の中でも重要な役割をしているひとだ。 その畑さん、...

→→→この続きを読む

イタリア高級食材の続報。登馬商事の横澤君、イチオシのチーズである「ブッラータ」と共に登場!

2015年8月 4日 from 食材

先日、すんばらしいアンチョビとケイパーの紹介をしたが、早速あれをみて数件注文が入ったらしく連絡があった。で、あのエントリに書いてあった、ピッツェリア「イル・タンブレロ」で大坪君に焼いてもらった特別版リコッタチーズ&ピスタチオペーストのピッツァ。あれ最高だったのだけど、あの時じつは登馬商事としては...

→→→この続きを読む